discover phone photo

スマホカメラを愉しむ 桔梗花 凛として艶やかに

投稿日:

夏の夕暮れ 

風呂上りの火照った顔をすり抜けていく風が心地いい
ここでタバコ吸えたら美味しんだろうな━と思いながら
ぼんやりと風景を眺めていたら、
庭先にきれいな花壇のある家が…

その中でひと際目立ったのがこの花

なんとなく気だたくて、
それでいて艶やかで…
時々いるんだよね…
声かけたいんだけど近寄りがたい女性…
いいじゃんねぇ
袖すり合うも多少の縁なんて言葉もあるんだし
でもどうしても
近寄りがたい…
そういう女性が…
そういう時は遠くからそっと眺めて…
そうまるで花を愛でるように…
それがまた楽しいんだよねぇ…
心の中で思う分には自由だしねぇ…
浴衣姿いいねぇ…
団扇を持って…
なんとなくそんな女性を連想したの…
スマホカメラって本当に楽しいよね…
パシャンと撮っておけば、
いろんな物語がそこから創れるんだもの…

桔梗花
凛として
艶やかに
この花を見た時に感じたことを 
そのままメモにしていたの…

今日は夕方からカンツォーネ

青木純氏のライブ
肩書を外した会のメンバーと、
青木さんともそのパーティーで知り合ったの
そして26日は、
有楽町の交通会館の書道展に出品している
知合いの作品の観賞に…
僕は書道見るの結構好きなの…
榊莫山さんの“土と”か“母“という字の解説など読むと
ウーンと思わずだよね…
漢詩結構好きで
風蕭蕭易水寒
壮士一去兮不復還

なんていうのを
絵のような達筆で書かれたのを見たりすると、
もう胸がゾクとして…
アートの世界 本当に楽しいね…
ああいうのを見ていると
ウーンと思うんだけ…
見るだけ…
今日もまたわけの分らない戯言に…

昨日夢の中で
7月に待ち人来たるという卦辞が…
これも何かの予兆…
そんなことを考えるのがまた楽しい…

-discover, phone, photo

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

料理を美味しく見せるためにはお皿が重要だよね で、姉のところに貰いに…

そう言えば昔、
ある団体から頼まれて
(50人位の集まりだったかな)
講演した時
付録で
「玉ねぎを横に半分に切って
酒と醤油と塩胡椒を適量ふり
ラップして5分程チンするととっても美味しいの」
そう言ってから
「これ覚えておくと急にお客さん来ても便利がいいよ」
「その時は添えものに豚の細切れでも炒めてお皿に盛っておけば一品できるでしょう」
と話したところ
それを聴いた人みんなやったみたいで
後日
僕を呼んでくれた人から
「あれ大変なブームになっていますよ」
という連絡をもらったことがあったりして
それでスッカリ調子づいちゃたんだけどね…(笑い)
料理はコミニケーションツールとして最高だよね…

スマホカメラで撮影、春の風を楽しむクリスマスローズの花の印象

なぜ春は他の季節に比べて強風が吹きやすいのか?

その理由は
「南北の温度差が大きい」かららしい。
説明では
「春になるにつれ、季節の進行とともに南では暖かくなる」
ところが、北にはまだ寒気が残っている。
その寒気に向けて、
南の暖かい暖気が北上するためで、
日本付近で、
暖気と寒気がぶつかり合い
南北の温度差が生まれ
低気圧が発達するためで、
その発達した低気圧が強風を吹かせるらしい。

スマホカメラを愉しむ 妖し白 牡丹の花に引き込まれ

先日シャンソンパブに一緒に行った女性からメールで
「昨日はお付き合いありがとうございました」と
その最後に
「横で眠ってましたけど…」
という一言が添えられていた
それに対して
「それがいいんじゃん
君の横で眠れることの幸せ」
とメールを返したら
「ハハハ」だって
いいね
「君好きだよ ラブはないけどね…」
そんな会話ができる人もまた大切だね…(笑い)

写真を愉しむ 紺碧の空 トゥッカーノ は国鳥ではないがブラジの象徴

真夜中んじ起きて、こうしてコンピュータと遊ぶのも、
今では楽しい習慣になってしまった(笑い)

スマホカメラを愉しむ 雑草の中で赤色が一際 目立ったから…

面白いね人間って…
散歩は言うならば、そのきっかけづくりを楽しんでいるのかも知れない
僕の場合は、それが
オヤ
マー
ヘー
なのである

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます