discover essei phone photo

写真を愉しむ サンバサンバブラジル 写真撮ってたら腕を掴まれて引っ張り込まれて、とっても楽しかった

投稿日:


凄く情熱的な踊り

この写真は、サンパウロであった歯科医師会のイベント会場で撮った一駒

凄く情熱的な踊りで、僕もリズムに合わせて踊りながら撮っていたら、

腕を掴まれて、引っ張り込まれて、一緒に無茶苦茶踊りを、
とっても楽しかった…

それにしても日本の真裏のブラジルに2回も行くなんてねぇ…

一回目は、審美歯科医の先生が、サンパウロ、ニューオリンズで講演をするのに誘われて(この写真はその時に撮ったもの)
2回目は、
世界一木を植えた男と言われる横浜国大名誉教授の宮脇昭先生に誘われてベレンへ
そこで、宮脇の森を取材した後、
セレベスという街まで飛行機で飛んで、
そこで、永代ブラジルのモーターボートを借りて3日間、アマゾンを走り廻り、
船で一旦、ベレンに帰り、
そこからブラジリアに出て、マットグロッソ州の飛行場へ、
そこで1泊して、
翌日、車で600キロ走って、パンタナールへ
雨季で動物はあまり撮れなかったけれど、風景はそれなりに
サンパウロの裏千家センターには学生時代からの友人(女性)がいて、
その人がガイドなど紹作品集介してくれたからできた写真集…
友達は大切だよね…
自主的な僕の思いの作品集はないのだけれど、
こうしたチャンスを活かして…
これはラッキーとしかいいようがないよね…(笑い)

 

 

-discover, essei, phone, photo

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

写真を楽しむ beautiful この言葉は君のためにある たとえ鋭く尖った棘があっても、僕は君を愛さずにはいられない

それにしても、美しいねこのバラ…
八重にはない魅惑の美しさがある
飾りを捨ててシンプルに輝く…
そういう人に
本当はなりたかったのだけど残念…

スマホカメラを愉しむ 美しいそして妖艶 これ椿…

椿
茶席には用いないそうだけど、
僕からすればそれはいいがかり…
花は花として楽しめばいいじゃんねぇ…
しかし しかし しかし…
日本の花って、
色っぽいよねぇ…
椿は縄文時代から愛されていたらしい…

秋の月 なんとなくロマンチック これは上弦の月

「ネェネェ ママ、お月さんに兎がいるって、本当…」
そんなこと聞かれたら、
「ウン、ホラ、お月さま、キレイだねぇ満月、よく見てごらん、兎が見えるでしょう」
「どこに、あそこ、お月さまの真ん中あたりを見ててごらん、見えてくるから」
「アッいた。ウサチャン可愛い」
「見えた、よかったねぇ」

「でも」なんで、お月さんに兎がいるんだろうね…」
「そうだよねぇ、なんでだろうねぇ…」
ついでだから、それも調べて見た。

スマホカメラを楽しむ、簡易スタジオ、作りなおしたのでスマホでちょっと

部屋が明るいと気持ちがいいね、LEDも全部写真用の照明に
夜でも昼と変わらないんだもの。
色は昼光色、写真を撮るから、全部それ(昼光色)にしてもらったの。
で、その工事の時に、スタジオ(机の上に作った簡単なもの)邪魔になるから、片づけていたので、ホリゾントをキレイな紙に取り換えて、トレぺも交換したので、ちょっと、本箱にあった観音様を持ってきて撮ってみたの。
そう、スマホで、手持ちで。

スマホカメラを愉しむ 春は色 梅と蝋梅が溶けあって

写真にはかくあるべきというものは何もない
その時々の情感で、
感じたものを感じたように表現できれば、
それが楽しいと思うのだけど、
いつの間にか
出来上がった概念というのが邪魔をして、
ついありかあいたりの写真になってしまう…

時には勇気をもって、その概念を打破していく…
それも大切なことだよね…

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます