discover essei phone photo

スマホカメラを愉しむ 秋は光が美しい

投稿日:

なんでもない写真なんだけど光の当たり方で…

草むら…
昔はどこにでもあったけれど、
今はこういう風景も、すごく貴重なものになってきた…

面白いね、時代の変化って…

僕が草むらに興味を持ったきっかけは、
堂本印象の描いた襖絵だった。
これまでにいろんな絵を見てきたけれど、
堂本印象の襖絵ほど強烈に僕の心を捉えたものはない。

見たのは東寺(京都)

かつて知り合いがここの文化部長をしていた時期があって、
見ることのできないものをいろいろ見せてもらったの
その中でも特に記憶に残っているのが、
四方を草むらの絵で描いた
堂本印象の襖絵である。

堂本印象の大作が見える特別の部屋

広い部屋だった
襖をあけて中に入ると、そこには特別の宇宙があった。
広い畳の部屋の襖全体に連作で、
墨の濃淡だけで草むらがずっと繋がっているの…
その部屋の真ん中に立って見渡すと、
なんと、
墨絵なのにカラフルな自然の風景が見えてきて、
そよそよと吹く風が感じられ、
虫の声が聞こえてきて、
あたかも草原の中にいる、
そんな感じになってくるくるから凄い…

この部屋、
何度か見ているのだけれど、
いつ見ても、その空気感は変わらい…
僕はスッカリほれ込んじゃって、
「ああ、表現とはこういうことをいうのんだ」と思った(のかなぁ 感じたのかなぁ…)
以来、
こういう風景に出会う度に、そういう思いをもって
シャッターを切っているのだけれど、思う写真にはならなくて…
ところが、
秋の鋭い日差しの中で撮った草むらの写真をコンピュータの大型モニターに映し出して遊んでいたら、
もしかしてと思ったのだった

それから
秋の独特の光線に浮き彫りされた風景を見ると
なんとなくなんとなくと思えるものがあることに気づいて、
コレクションしているのだが、面白い(自分ではそう思っているの)

作家とは自分の表現スタイルを作りあげた人のこと

先日 僕のお気に入りの空間
花屋でギャラリーでワインが飲める自由空間で見た独自の表現
方法の写真展を見た時、
「独自の表現スタイル(方法)をつくることができたら、その人は作家であると、思ったのだが、
例えば、
そこに花があるから撮るのではなくて、
「この花の中に私は何をみたのか」
そういう絵作り(表現ができる)と
より楽しいんだなというのを教えられたのだった。
そして思ったのである(ひとりよがりの思い込みかもしれない)
こうして追及していくと、
シャッターを切るのがまた楽しくなってくると
こういうのも、
こうして毎日ブログを書いているから、ささいなものでも発見できるんだよね…
これも大きな発見だった
今日も愉し
明日も愉し
今日は休日
ノンビリとして
明日は依頼されている本のための撮影
明後日は、元カミに手伝ってもらって荷物の整理
そう思っていたら 
鎌倉の陶芸家から連絡がきて
僕のお気に入りの空間
花園通り(新宿御苑前)のギャラリーで花屋でワインが飲める楽しい空間を紹介してというので、
とりあえず顔繋ぎだけと思っているのである…
暇人なのにいろいろあって…(笑い)
矛盾だらけの僕の生活…
これもまた愉しだね…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

-discover, essei, phone, photo

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

スマホカメラを愉しむ 冬枯れも 光ほのぼのまた魅力

昨日知り合いから
「新年会兼ねて一杯いくか…」
一人じゃつまらないからそう言って誘ってくるの
「その日は僕は自由だから
 いつでも 何処にでも…」
そう言ってメールを返すと
「場所と時間は追って連絡する。
ついでに写真集
“そら空宇宙“3冊持って来て」と
「残念
 今1冊しか持ってない」
そういってメールを返すと
「じゃ取りあえず1冊もってきて2冊は後でいいからと…」
嬉しいね…
今日も愉し
明日も愉し
今日1日頑張ればまた連休…
それもまた楽し…(笑い)なのである

写真を愉しむ 月の明かりで写真を撮ると、神秘な世界が現れる

君は何をしたか…
これと言って誇れるものは何もないけれど、楽しい人生だったとつくづく思う…
そういう僕って、もしかしたら幸せなのかもしれないね…

チョット望遠レンズを愉しんでみた。色合わせ柳の緑寒桜

3月26日(日曜日)

阿佐ヶ谷の「茶とあん」でする写真教室
10人枠が昨日満席となったのだそうだけど、
ありがとうございます
その教室で
レンズの効果を喋るのにいいかなと思って、
それで昨日…(笑い)
先月の終わり頃
写真教室引き受けたのはいいが
果たして集客できるのかなと心配してたのだけれど
満席ほっと胸を…
これ
「一念三千」
だからできたんだね…(笑い)

スマホカメラを愉しむ工業品では出せない純粋な味が楽しい

引っ越しして、ようやく仙人の暮らしに近づける環境になったのだから、そういう生活を楽しまなければね…

スマホカメラを愉しむ TOKYO ビルの谷間にカリンの実 

いつの間にか出来上がっていた撮って書く習慣
意識したわけではないのだけれど、
自然に出来上がった習慣なんだけど、楽しくて(笑い)…
こうして集めた写真で、
例えば「TOKIOの秋」なんて写真集も悪くないね…
気が向けばいつでも出版できる本づくり、
そこには夢と希望があって本当に楽しい…

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます