discover essei phone photo

スマホカメラを愉しむ アイディアだね 藍染めの反物に花瓶をつけて うまいもんだね なんとなくなんとなく

投稿日:

見せ方だね

90歳の俳句の美人先生の日本間の壁にかけられていたの
すすきにアケビに…
枯れ物ばかり…
本来ならば捨てられるべきものが…

アートになっているものねぇ…

マー
イタリアでは画家としても登録されており、
日本のノスタルジックな風景
炬燵で寛ぐ団欒の様子を描いた絵がなんだけど
バチカンのパーマネントコレクションになっているようだし、
その絵の複製だあってね、
A4位の大きさの小さな作品なんだけど、
活き活きとした人の表情がうまくとらえららいぇいて素晴らしいと思った

才能ある人はどこにいてもだな……

立食 
あるいはワインの飲み会は洋間でするのだけれど、
食事はいつも日本間でするの…
写真の花はその日本間の壁に飾られていたの…

見た瞬間に
ホーと何かを感じてスマホで撮ったのだけど
何かあるよね…
サムシンエルス…
スマホは本当に便利がいい…
いつでもどこでも、
サッと出してパッと撮れるんんだもの

ビジュアルをメモするのにいいよねぇ…

でもせっかくだから、
どうせ撮るならコレクションになるようにしておかなければね…
本作りの一つの秘訣は写真を大切にすること
本来ならばエッセイというのは本になりづらいの、
だって売れないもの…
でもね、
コンピュータが発達してくれたおかげで、
電子書籍というのが出来るようになって、
しかもペーパーバックだけど
紙の本になって、
Kindleのコード(ISBN)を使えば、
ただで出版できるの
(自分でやればの話だけれど)
僕の場合は 自分ではできないから
「豆しば書房」さんにお願いして編集レイアウト装幀の一色をやってもらってアマゾンで販売しているのだけれど、
結構これが人気になったりしてね、
それが生き甲斐になって、
こうして写真のコレクションをしているのだけれど、
写真さえあれば文章はどうでもなるし、
見開きの片方にパーンと写真を載せて
片方のページに
なんとなく…
そう
なんとなく心惹かれる
そんな一文をのっければ
お洒落なページができるじゃんねぇ…

本作り
はまると本当に楽しいんだから…

今はそういう時代だから
ちょっと素敵な趣味として…(笑い)
私のコーヒーブレイクとかね…
僕にはとても好きな本があってね、
それは
森本哲郎の
「僕の旅の手帳 またはコーヒーのある風景」
とってもお洒落でね
3,11の時に部屋の中がグチャグチャになって、
随分捨てたのだけど、
その中に入ってしまったらしい…
でも、
幾つかの文章は今も頭のなかに入っているの
時間があれば、
1フレーズだけでも調べて書きたいのだけれど
今朝は1時から4時まで変圧器の工事があって停電で
いつもは3時に起きるのに起きても何もできないし、
エアコンも動かないから、
布団の中で固まってたの(笑い)
だから今日は、
時間がないから…なのである(笑い)
楽しみを見つけるの本当に楽しい
時間が許せば
ちょっとだけでも、
写真セミナーではこんな話もしてみたいよね…(笑い)

-discover, essei, phone, photo

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

03-4485-3717は知らない電話 切って検索すると迷惑電話度66パーセント

やっぱり知らない電話には出ない方がいい
出てはいけない電話は
「ダメ電話」
という名前で登録して次回に備えているのだが…
以前は
そういう電話ブロックするようにしていたのだけれど、
いつの間にかそれが出来なくなってしまったの。
やり方
調べておかなければね…

スマホカメラを愉しむ 水と光と紅いスイレンのつくり出したデザイン コンポジション

スマホカメラって本当に愉しい
遊びはいろいろあるけれど、
いくらやっても飽きない愉しい遊び…
これこそまさに究極の遊び…
遊びせんとや生まれけむ
戯れせんとや生まれけむ
このフレーズ、大好きなのである

「福寿草」 幸福の「福」と長寿の「寿」からつけられた名前らしい 

高齢になると、やっぱり考えるよ、美学として
70歳を超えると、身の周りのものは整理して身軽になっておかなければ━と、考えるのだけれど、本なんか、一旦捨てたのにまた増えてきている、困ったもんだ…
覚悟、悟り、やっぱり難しい…
今日はちょっと寝すぎてしまった上に、コンピュータの動きが悪くて時間ばかりが過ぎていくので、このへんにしとこう、
しかししかししかし…
どこかでやっぱり自分と折り合いをつけて、無駄なものは極力削いでおかなければならないのは確かである

美しいとキレイの違い、美しい睡蓮の花

「美しい」とか「きれい」というのは、何を基準に言うのかと、つい思ってしまうが、僕の考えでは、そこに理屈はいらない。
「美しいものは、誰がみても美しい」し、「キレイなものは、誰が見てもキレイ」なのである━と思っているのだが、どうだろうか…
そういう意味で、写真に撮ったこのスイレン、
花びらのどこにも乱れがなく、パリとしたその姿が、僕の心を捉えたのだった。
ならば、それに応えなければいけないよねということで、ポジションを決め、ズームレンズでちょっと引っ張って調整し、露出は、アンダーのギリギリの所まで落とし、背後の黒がうまく出るように調整して、フォトショップで、コントラスト、彩度、明度のバランスを整えて仕上げたのが、この写真。

芽蓮根 珍しいのだそうだ 昨日板橋区のお米屋さんで売ってたの

さてどうかな━と恐々口にいれると、
OH美味しいと…
オイスターソースと甘さがうまく絡まったんだね…
つくりながら
常に
大丈夫かなという不安はあったのだが、
「蓮根のキンピラもあるしね」
そんなことを思いながらやったのだが、
とてもうまくいった…

お米屋のお姉さんがいった通りの色白で
柔らかいんだけどシャキシャキ感があって見た目もいいし
すっかりお気に入りに…
多めに買おう(笑い)

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます