essei phone photo

スマホカメラを愉しむ現実であって、現実には見えない世界を覗いて見ることの面白さ 

投稿日:

現実であって現実ではない世界を覗き見ることの面白さ

この写真、吉祥寺 井之頭公園の池の中にある噴水なんだけど、
たまたま行った時に、水が放出されていたの、
それが太陽に当たってキラリと光る風景が美しくて撮ったのだが、
スマホ、
カメラまかせの撮影だから、シャッタースピードが幾つなのかは分からないけれど、写真から判断して、かなりの高速
500分の1秒 或いは1000分の1秒
この世界になると、肉眼で見るのとは違う世界になってくるのである。
そう、

現実であって、現実ではない世界が見えてくるのだ
昔、
「不思議な少年」というテレビドラマがあって、
「時間よ止めれ」というと、何秒間かだけ時間が止まるの、
その時に、
少年が、止まっている人の向きを変えたりすると、
例えば、時間がそのまま動いていたら、車と衝突するのに
時間が復活した時には、その事故は回避されているというようなドラマが展開されるのが子供の僕には興味がつきなくて、

「時間と止まれ」なんて、大声で(笑い)
この写真をみて、

そんなドラマを思い出していたの
そして思ったの、
僕たちはなんの不思議もなく、スマホカメラを出して
サッと写真を撮っているが、
例えばマクロにしてクローズアップで花やら虫を撮ると、
そこには肉眼では見えない世界が…
言うなれば、
現実であって、現実では見えない世界が見えているんだよ…
その手法を使って、
僕はアナザーワールドというのを狙って撮っているのだけれど、うまくいった時にはとても楽しい…
だって、
僕が感じた世界がそこに存在するのだもの…
面白いよね…
いい替えれば
僕だけにしか見えない世界を撮っているのだから…
実は僕の知り合いに、
僕らの放つオーラの色が見える人がいて、
その人の話を聞くのが好きなのだけど、
話をしながら、何気なく言われることに、身体がゾクっと反応するんだよね…
で、思ったの
もしかしたらこれって、僕がアナザーワールドをつくり出そうとする時の感覚と一緒なのではと
じゃ、僕ももしかしたら特殊能力…
写真を長いことやってると、そういう感性が育ってきたのかなぁ…(笑い)
そういう人と話をしていると、本当に愉しい…
だって、話してしていると、
もしかしてこうすれば…というのがいろいろ閃いて、感度がますます高まっていくのだもの…
会ってみれば、
人はそれぞれに、いろんな素敵な能力を持っている人が多く、ますますテンションを上げてくれるのである…
出会いはだから楽しい…

-essei, phone, photo

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

スマホカメラを愉しむ なんとなく心惹かれる野生茨

江戸時代初期 俳諧が到来すると、ノイバラの持つ野趣や素朴さが注目されて、晩秋の季題として重用されるようになったのだと。

路たえて香にせまり咲くいばらかな 蕪村

愁ひつつ岡にのぼれば花茨 蕪村

古里は西も東も茨の花 一茶

いい勉強をさせてもらった。

そして僕も

野ばら見てその素朴さに惹かれつい 雅督

写真を愉しむ 集団的パラダイムシフトイベント正月とは

友達が、
「氏神様 阿佐ヶ谷は神明宮か」と言ってきたので、
「抜け道として通るけれど、お参りはしたことありません」
そう返事を返すと、
吉備王国の人にとっては敵だからね、
でも後に帰順しているのだから、頭くらいは下げとけばと…

そうなのか、僕は吉備人なのか、そんなことも知らなかった…

僕には何かに縋ろうという、そんな気持ちがさらさらなである。
自分は自分として愉しめることをするだけ、そう思っているのだ、

スマホカメラを愉しむ 撮った花の写真を見ながら Why did you take a picture of this flowerと問うのが楽しい

僕にとって花は女性なの…
フラフラ歩いていて
なにげなく呼び止められて(惹かれて)
「エッ 何」
「美しいよ」
「そのドレスとってもいい」
と僕
「あら 嬉しいワ…」
「ウン よく似合ってる」
「こんなのどう」
「いいね、そのポーズ…」
「ああ、いい感じ…」
「それそれ それだよ」
風がいろいろと、
ポーズをつくってくれるの…
「どう、いいの撮れた」
「ああ、最高だよ」
「…」
こんな会話しながら撮っているのだけれど、
こんなことを書くと
とうとういかれたな━なんて思われちゃうね…
でも楽しけりゃいいよね…(笑い)

写真を愉しむ 春の風 踊るネモフィラ 可愛くて

「人は人俺は俺…」
自分の人生だもの自分を生きなければ、なんのための人生かなんてね、
そんなことをいいながら何かある度に
「おいどうするのと友達に…」
本当にいい加減な奴(笑い

スマホカメラを愉しむ なんとなく 心静まる初夏の川 草のにおいと頬なでる風の気持ちよさ

誰に聞いたのか
忘れたけれど、
足し算から引き算へ…
そして最後は墨染めの衣一枚
それでいいのだ
そして
雲が行くように
水が流れるように
自然の流れに従って生きるのがいいと…
さすがに
そこまではなれないけれど、
捨てるものは捨て
身軽にならなければならないのは確か…
連休になって
掃除しながら
いつの間にかそんなことを考えていた

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます