discover essei phone photo

スマホカメラを愉しむ 友達が届けてくれた旬の梨

投稿日:

友達って本当にいいね

先日は友達が巨砲を
そして昨日は
また別の友達が届けてくれた千葉、鎌ケ谷の梨
冷蔵庫で冷やして食べると、
甘くてとっても美味しいの
「あいつ、わざわざ買ってまで旬を味わうような奴ではないし…」
多分、
そう思って届けてくれるのだと思うけど、嬉しいねぇ…
こういうの、届けてくれるのは男友達…

男の友達には僕、結構ぶっきらぼうなんだけど…

本当に優しいのは、女性よりも、男の友達なのかもね…
つい思ってしまった。
そう言えば、
一人ではなかなか解決できない問題に直面した時、
相談するのは
女性ではなくて男の友達…
なぜだろう…
不思議だね…
女性の友達は一緒にいれば楽しいけれど、
スワという時に電話するのは、なぜか男の友達なんだよねぇ…
そういう時代で育ったからかも知れないけれど、
僕の場合は、そうなのである…

しまった…
話がいきなりあらぬ方向に走ってしまった、

これは引き返すのが難しい…
ウーンj困った、
ここは、写真を入れて、話題を変えよう

梨かぁ…

岡山生まれの岡山育ち、

だから、
梨と言えば20世紀で、
それは本当に美味しい梨だった。
そう、
砂丘で作った梨…
ちょっと緑かかって、ツルとした皮で透き通っていて、
千葉の梨に比べると、
女性的な梨で、
たまに見つけると、
つい買うのだけれど、本当に美味しい。
そう思っていたから、
東京ではあまり梨は食べないのだけれど、
今回、
言われた通り、
冷蔵庫で冷やして食べると、
甘さが増すのか、
千葉の梨って、こんなに美味しいんだと思わず…
で、

やっぱり、決めつけるのはよくないと悟ったの…

何事も概念
(思い込みでつくり上げた感覚)
で捉えちゃアいけないと、
最近は思い始めたの…
そう、最近
そうしたら楽しみの幅がグンと広がって…
今日も愉し
明日も愉し
旬を味わうって、本当に楽しいよね
友達って、本当にいいもんだね…
梨を食べながらつくづく、そう思ったのだった…

-discover, essei, phone, photo

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

色いろが重なりあって楽し春 こんなのがカメラの中に残ってたの

僕は思うんだけど
どんな作品であっても、
人に感動を与える作品は美しい…
僕はそう思っているのである…

外気がヒンヤリしてきたと感じたら セミの鳴き声がピタリと止んだ。いったい誰がキューを出したのか

写真(アップしたセミの抜け殻)
なんてことはない自然の風景
しかも過ぎ去った日々を象徴している写真なんだけど
じっと眺めていると
なにかを感じさせてくれるから面白いね…
齢をとり、
いろんな経験をしてこなければ、
そういう思いにはなかなかなれないのかも知れないね…
そういう意味では今こそ(高齢になって何かが感じられるようになった今ということ)

おおいに秋を楽しまなければ…ね

写真を愉しむ 美しいねぇ羽を広げたヒヨドリさん まるで羽衣

人生って、本当に本当に素晴らしい…
仙人になってよかったとつくづく思うこの頃である

写真を愉しむ 善福寺川の櫻堤を愉しむ、本箱の隅で埃を被っていたコンデジカメラの埃を払って

今日は、俳句の会のある日 
13時までに5句
あらいいね 櫻の下で花見酒  雅督
防寒を羽織りて楽し花見酒 雅督
春は色溶け合う色の彩愉し 雅督
盃に櫻の花を浮かせ呑む  雅督
櫻花川面に映る江戸風情  雅督
できた凄い、わずか数分…笑い
こんなんじゃ、おこられちゃうかな…

写真を愉しむ 風薫るハンカチの木青い空

僕にとっては、カメラのシャッターは
タイムマシーンのスイッチなのかも知れないね…
自分の経験してきたことをこうして思いだすのが最近は楽しい
だって、
そういうパーツがいろいろあって、僕なんだもの…
そうか、
高齢になってのゆとりの時間は、もしかしたら、
自分の歩んできた道を、そのパーツを広い集めて
一遍の詩にまとめ上げるための機関なのかも知れないと、思ったりしているのである。

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます