discover essei phone photo

スマホカメラを愉しむ 友達が届けてくれた旬の梨

投稿日:

友達って本当にいいね

先日は友達が巨砲を
そして昨日は
また別の友達が届けてくれた千葉、鎌ケ谷の梨
冷蔵庫で冷やして食べると、
甘くてとっても美味しいの
「あいつ、わざわざ買ってまで旬を味わうような奴ではないし…」
多分、
そう思って届けてくれるのだと思うけど、嬉しいねぇ…
こういうの、届けてくれるのは男友達…

男の友達には僕、結構ぶっきらぼうなんだけど…

本当に優しいのは、女性よりも、男の友達なのかもね…
つい思ってしまった。
そう言えば、
一人ではなかなか解決できない問題に直面した時、
相談するのは
女性ではなくて男の友達…
なぜだろう…
不思議だね…
女性の友達は一緒にいれば楽しいけれど、
スワという時に電話するのは、なぜか男の友達なんだよねぇ…
そういう時代で育ったからかも知れないけれど、
僕の場合は、そうなのである…

しまった…
話がいきなりあらぬ方向に走ってしまった、

これは引き返すのが難しい…
ウーンj困った、
ここは、写真を入れて、話題を変えよう

梨かぁ…

岡山生まれの岡山育ち、

だから、
梨と言えば20世紀で、
それは本当に美味しい梨だった。
そう、
砂丘で作った梨…
ちょっと緑かかって、ツルとした皮で透き通っていて、
千葉の梨に比べると、
女性的な梨で、
たまに見つけると、
つい買うのだけれど、本当に美味しい。
そう思っていたから、
東京ではあまり梨は食べないのだけれど、
今回、
言われた通り、
冷蔵庫で冷やして食べると、
甘さが増すのか、
千葉の梨って、こんなに美味しいんだと思わず…
で、

やっぱり、決めつけるのはよくないと悟ったの…

何事も概念
(思い込みでつくり上げた感覚)
で捉えちゃアいけないと、
最近は思い始めたの…
そう、最近
そうしたら楽しみの幅がグンと広がって…
今日も愉し
明日も愉し
旬を味わうって、本当に楽しいよね
友達って、本当にいいもんだね…
梨を食べながらつくづく、そう思ったのだった…

-discover, essei, phone, photo

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

写真を愉しむ 明るい陽射しを避けるようにして、木陰で風に揺れるこの花は。まるで蝶々の舞

写真を撮っていると、いろんなことがあって、それがまた楽しい。
そう言えば昔
身延山で滝ごりをしている写真を撮ってくれと頼まれて、夜中に車を走らせて…
しかし 
待てどくらせどで、誰もいない
時計を見れば午後3時
「今日はダメだな」
諦めかけていたところに、女性が現れて
「滝に打たれる人を待っているのですか」と
「はい」と答えると
「私でよければやりますよ 朝からずっと見ていたのです」
嬉しかったでも女性である
「水に濡れると服が透けて…」
そう言うと、
「声をかけるまで、向こうをむいといてください。声をかけたら撮ってください」と
東京に帰るというので、八王子まで送った
そんなことを思い出していた。

スマホカメラを愉しむ ラッキョウを噛み締めて知る 深き味 

梅干しとかラッキョウを見ると
つい年寄りの食べ物と思っていたのが、
最近では、
ああ、
ついに、
こういうのを美味しいと感じる年齢になったんだなぁとつい…
季節の変わり目で…
そんな歌があったけれど、
食べ物の変化、
嗜好の変化に気づいて年齢を知るというのもあるよね…

一点の光りもの、お洒落の基本を教えてくれているような … 

昨日はとってもとっても嬉しい手紙が来たの
達筆で 
ペンで和紙の便箋にブルーのインクで
バランスのいい文字列は心に響くね…
大学教授(故人)の奥さんなんだけどね
「写真集般若心経」
(ペーパーバック 編集まめしば書房 kindleで出版アマゾンで販売)
を送ったことに対してのお礼の手紙なんだけれど
「蓮の花が深い緑色に映え、
手に取っただけで心が落ち着いて参ります
以前から、
病床の友にと、
写真入りの本を探しておりました
大きさ内容共に届けできる一冊だと思いました…」
嬉しいねぇ…
今の時代
封書で和紙の便箋にペンとブルーのインクで書かれた手紙
いいねぇ…
大事にしたいよね
こういう文化
そう思いながらしばらく眺めていたのだった

なんとなく初夏 晴れるとやっぱり気持ちがいい スズメさん可愛いね

麻雀
楽しいね…
たまには
そういう形での精神の集中もいいね…
麻雀をしながらの会話も楽しいし…
かつては
それを元に書いた短編で
人にはちょっと言えないジャンルの小説で
銅賞だけどもらったこともあるし…

レンチン、簡単料理オムレツ

思いついたらなんでもやって見るの。
だって、料理は「かくあるべき」というものはないものね…
「もしかして、こうすれば」という閃きがきて、それが美味しかったら、その作り方をメモしておけば、それがレシピだものネ…
だから、僕は料理をつくるのが好きなのである。

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます