discover essei flower phone

オレンジのバラ 花と話し花を撮る僕の楽しみ

投稿日:

オレンジという色がいいのかなんとなく魅力的

たくさんある花の中で
なんでこれを写真にしているのか…
そうなんだよねぇ…
やっぱり色とか形とか見て、
美しいと感じたからだよねぇ
では僕はこのバラのに対して
どこにその美を感じたんだろうか

この花の魅力はどこ

この写真に関していえば、
色と形
グラデーションもいいよねぇ…
そしてこのバラ、
なんとなくなんとなくセクシーというか…
その雰囲気が誘ったんだねきっと…
そういえばネームに
「プレイガール」と書かれていたような記憶がちょっぴり
もしかしたら
それで撮ったのかも知れない…(笑い)
現実的にはね、
そんな女性と出会ってもお茶も飲めないんだけれど
花を相手に想像を膨らませるのは自由だから…
アッ 分かった
イヤ
発見した

花の写真を撮っているのは花とする会話が楽しいから

そうか僕が花の写真を撮っているのは
花が好きで撮っているのではなくて
花を見て
「美しいね」「可愛いね」「そのドレスよく似合ってるよ」
そんな言葉を投げかけて
カメラを向けると面白いことに
サッと風が吹いたりして
いろんなポーズを見せてくれるの
それを見ながら
「オッ それ」
「それ それそれ…」
「よっしゃ いただき」
そしてモニターをみて
「うん いいのが撮れたよホラ…」
そうやって花と遊ぶのを楽しみにしているのかも知れないね…
でもね 

ただ美しいだけでは僕はシャッターはきらないんだよ

こうして会話しながら
どこかにセクシーを感じないとね…
だから僕の写真を見る女性たちから
「あなたの写真は なにかエロスなのよね…」
なんていわれるんだけど
僕はそれ褒め言葉と受け取って笑ってるの…
つい先日
「たまには飲みましょうよ」と
ある女性から誘われて、
軽く食事をしてから歌える店で久し振りに歌ったのだけれど
酔って、声を出して歌うと、
本当に気持ちがいい
その時横にいた人から
「あんたもてるでしょう」と…
嬉しかったねぇ…
嘘でもそう言って貰えると嬉しいよね…(笑い)
齢は撮っても…
現実はどうだか知らないけれど、
プレイボーイ
プレイガールの雰囲気嫌いではないし…
そう、
チョイワルスタイル好きだしねぇ…
高齢者のチョイワルスタイル
憧れなの…(笑い)

 

-discover, essei, flower, phone

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

鰹土佐造りとニラのおしたし やっぱり5月は鰹だね

魚やっぱり薬味重用だね…
鰹はポン酢で食べたのだけど、
生姜の味と玉ねぎのシャキシャキ感と鰹の味がポン酢と調和してとてもおいしかった。
誰がこういう食べ方考えたんだろうね…
特に土佐造り、
肉で言えばミディアム
そこまではいってないけれど、
どうしてこうなったんだろうねぇ…
気になったので調べてみた

スマホカメラを愉しむ 今日はヤマボウシ なんか蝶々みたい 

スマホカメラ?…
そういってバカにしていたのに
最近はすっかりそれにハマちゃって、
人の拘りなんてそんなもの…
やっぱり理屈より実践…
なんでもやってみるもんだね…
やってみると想像を超えるものがそこにあったりしてね…
文明とは凄いものだと感心させられるこの頃である…(笑い)

美しいとキレイの違い、美しい睡蓮の花

「美しい」とか「きれい」というのは、何を基準に言うのかと、つい思ってしまうが、僕の考えでは、そこに理屈はいらない。
「美しいものは、誰がみても美しい」し、「キレイなものは、誰が見てもキレイ」なのである━と思っているのだが、どうだろうか…
そういう意味で、写真に撮ったこのスイレン、
花びらのどこにも乱れがなく、パリとしたその姿が、僕の心を捉えたのだった。
ならば、それに応えなければいけないよねということで、ポジションを決め、ズームレンズでちょっと引っ張って調整し、露出は、アンダーのギリギリの所まで落とし、背後の黒がうまく出るように調整して、フォトショップで、コントラスト、彩度、明度のバランスを整えて仕上げたのが、この写真。

ペリステリア・エリタ、パナマの国花らしいのだそうだが、珍しいんだってね、この花

この花、稀にしか見ることができない貴重な花なんだってね。
パナマの国花で、愛称を「鳩の蘭」というのだそう。

貴重とはどういうことかと、調べて見ると
「絶滅の恐れがあるとして、ワシントン条約で、商業目的の取引は禁止されている植物」と。
そして、開花する大きさまで育つのに、10年かかるらしい。
なる程、これは貴重だ。

ところで、愛称をなぜ「鳩の蘭」と呼ばれるのか…
調べてみると、
花芯、花の中央が、鳩のように見えるからと。
言われてみればそうだよね…
確かに確かに、鳩だよねこれ…
説明を読むと、これは(鳩に見えるのは、雄蕊と雌しべが合体した様子)とか、稀にしか見られないらしい。
ウーン、これは貴重だ。
ということは、その写真が撮れた(遭遇した)ということは、ラッキーだったということだね…凄い。

浪曲いいね、それを記事に、ところが写真がなくて困ってしまった

浪曲、これ程、心の中を浮き彫りする手法はないと思う程素晴らしいもので感動してしまったの。
番場の忠太郎 (ばんばのちゅうたろう)はヤクザ
今回は、
その一点に的を絞って、
ヤクザが連想できる写真をコレクションの中から探し出したのだけれど、
やっぱりコレクション大切だよね…
村田英雄の「無法松」もやっぱり、
涙なくしては聞けなかった。
浪曲、
いいねぇ、
すっかりファンになってしまった。

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます