discover essei flower phone photo

スマホで遊ぶ なんとなく宇宙遊泳 操縦しているのは犬なのかな 猫なのかな…空想の世界は本当に楽しい

投稿日:

空想の世界って面白いね

写真を撮って、
撮る時にはね、
〇〇見たいと感じたら、
そのイメージを狙って撮るのだけれど、
仕上げの段階で(コンピュータのモニター)に大きく写してから
この花のどこに僕はそれを感じたのだろうというのを考えるの
エッ ああ…
考えるったって、
なんの根拠もないわけだから写真を見ながら、
そこから感じるものを色々とね…
考えるに
恐らく多分…
アニメか何かで見た宇宙の探索機、
黄色い花が僕にはそのように見えたんだね
そして操縦しているのは、動物
犬か猫か…
花に動きがあって、
いかにも宇宙の空間を飛んでいるように見えるじゃない…
気持ち良さそう…
そう思っていたら
「このマシーンはどうして動いているんだろう」と、
そんな疑問が(笑い)

無重力の世界でマシーンはなぜ動くの 

だってここは宇宙だよ、無重力だから抵抗がないんだよ
抵抗がなければ、
例えばロケットのようにエネルギーを噴射しても、
推進力は生まれないよね…
そう考えると、
答えって、
ありそうでないよねぇ…
宇宙探索機は一体、どうやって動いているんだろうねぇ…
方向だって、
コントロールできないよねぇ…
抵抗がないんだから…
しかししかししかし…
問題を解決するに必用なデータは何も持ってないのだから、
考えても何にもならないのだけれど…
そんなことをして遊ぶのも結構、
楽しいの…(笑い)

でもでもでも…
もしかして

そう思って検索窓に打ち込んでみると、
同じような疑問の投稿は沢山あるのだが
「これ」
という答えは見つけることができなかった。
でも、
多分、恐らく現実的には動いているのだろうから、
いずれその答えも分かると思うけど…

僕の理想としては「思いで動かす」というのが一番いいんだけどね…
(笑い)

でも、そういう風にになったら本当に楽しいよね…
話は変わるが、
「癒しの朗読 山本周五郎 読み手アランさん」を
何本も何本も聴いていて思ったのが
人はまさに

 

「心の置き所」が価値をつくっているということだった。

恋愛、男と女 生き方…
目の前に起きる現象に対して、
どこに心をおいて対処するかによって、
結果はまったく違うものになってくる
そう、
まったく違う運勢になってくるのだ…
心とはそれ程重用なものだということが実にうまく描かれているのである
こういうことが
段々と分ってくると、
ますますはまってしまう…
勝れた文学は
まさに生きた教科書と思い始めている僕だった
こういう勉強、発見は本当に楽しい
今さらながら…
アッ イヤ
今だから分かるのかも…なんてね…(笑い)

-discover, essei, flower, phone, photo

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

スマホで撮影白椿、夏に咲く白い椿は沙羅双樹とも呼ばれるが

花も調べてみると、いろいろあるねぇ…
白椿、凛として襟を正している、そんな花の姿がいいねぇ…
僕は猫背で姿勢が悪いから、よけいにそう感じるのかも知れない…
それにしてもスマホ楽しいね、
「おじさんこの花、キレイだねぇ、写真撮っていい」
そう声をかけるだけで、誰とでも気軽にしゃべれる(笑い)
いつもはただお金のやりとりをするだけの不愛想なおじさんなのに、
そうやって写真を撮っていると、ニコヤカな笑顔で迎えてくれるようになった。
スマホカメラ、コミュニケーションツールとしても重宝している(笑い)

スマホカメラを愉しむ 今日はヤマボウシ なんか蝶々みたい 

スマホカメラ?…
そういってバカにしていたのに
最近はすっかりそれにハマちゃって、
人の拘りなんてそんなもの…
やっぱり理屈より実践…
なんでもやってみるもんだね…
やってみると想像を超えるものがそこにあったりしてね…
文明とは凄いものだと感心させられるこの頃である…(笑い)

ユリの木に花がいっぱい。この花を見るとアラジンの魔法のランプとつい思ってしまう

この花なぜかアラジン魔法ランプを想像するのだけれど
この木(花)を知ったのは何年か前なのだが、
特に夕方3時頃に西日を受けて咲いている花の姿を見ると
「アラジンの魔法のランプ」と思ってしまうのである。
面白いね
一度
そういうイメージができると
ついそのイメージを狙って撮ろうとするのだから…
黄金のなんて言うのかなこれ
さかづきではないよね…
やっぱりランプか
(ランプとサカヅキではまったく違うど…笑い)
この花見ると
なんとなく なんとなく つい
「チチンプイプイ」と声をかけて擦ってみたくなるよね…
この物語

コロナワクチン2回目を昨日。想像した副反応はなく、ホッというところ

二子玉川には叔父の家があって、東京に出てきて暫く、居候してたから、つい懐かしくて。
小さな商店街があって、叔母(僕はおねぇちゃんと呼んでいた)と、夕方買い物に行ったのが記憶にあって、フラっと散歩してみたのだが、風景があまりにも変わっていて見つけることができなかった。

「玉川線、駅巡り」というバスがあるみたいなので、今度、それを利用してみよう。

というのは、「世田谷区の100年」(いき出版本体価格9082円)という本に「変わり続ける風景━都市化の進展」というタイトルで僕がコラムを書いているから、一度写真を撮っておこうと思ってね…

今日はあんずの写真 風流だね でも美味しそう よしジャムを作ろう

あんず(杏)これでジャムつくってみたいね
今の時期は同時に梅の時期で、
僕は時々それでジャムをつくり、
ヨーグルトに入れて(混ぜて)食べるのだけど、
杏のジャムも美味しそう、
手に入ったらやってみようかな、
だって香りがいいもの…
写真
料理
エッセイ
遊びとしてこれ最高だね…

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます