discover essei phone photo

スマホカメラで遊ぶ サクランボ おすそ分けのおすそわけ、せっかくだからスマホで…

投稿日:

サクランボ(佐藤錦)はやっぱり女王

昨日は合唱の日(誤嚥肺炎予防のつもりで始めたの)
会場が「茶とあん」のすぐ近所だから、
帰りには自然の流れで…

ここに行けば誰かれと知り合いがいて楽しいの…

おしるこを注文して食べていたら、
知合い(ここで知り合ったのだけれど)がヒョイと現れて
話をしていたら
そこにまた一人
そして後から来た女性がバックからサクランボの入ったケースを取り出して、
ママともう一人の女性に
「はい」と言って
お兄さんが送ってきたらしい。
そのおすそ分けをお皿に入れていただいたので、
「せっかくだから」
そう言ってスマホカメラで…

やっぱり女王 一味違う
撮った後、
口に入れると
甘くて、
気持ちのいい酸っぱさが口の中に広がって
「やっぱり佐藤錦」と思わず
サクランボ
いろいろあるけれど、
やっぱりと思うよね…
で、
「明日のブログはこれだな」
そう言ってしまったので、
なんとか形にしなければならないのである(笑い)
しかししかししかし…

よしサクランボの詩に挑戦だ

大粒の紅の果実
宝石のようなサクランボが可愛い…
そう書いたら、
それが全て
はてはてはてはて…
困ってしまった。

サクランボサクランボサクランボ…
艶やかで紅くて
キラリと光る桜の子
サクランボはまさに宝石を連想させる
口に入れて
ちょっと噛み締めると
実が弾けて
甘くてちょっぴり酸っぱい爽やかな果汁が口の中に広がって
「美味しいねぇ…」と思わず
まさにまさにまさに…季節の味…
外を見ると
晴れた夏の日の日差しが眩しかった…
果物の味をこうして楽しめるようになったのは最近のこと
それまでは
そんなこと考えたこともなかったよ…(笑い)
だから、
ひと齢とった今の方が
ずっとずっとずっと
感受性、
感性、
感覚を楽しむ感度が上がっている…
そう思うと、
ああ
なんともったいないことをしたとつい思ってしまった…
しかし
失われた時間は二度と再び帰ってはこない…
そうか
そうなんだ
もしかしたらこれを成熟というのかも知れないね…

付録の人生、しかし、これからが人生だね…

そういうのを噛み締め、
楽しむ(愉しむ)時間として今があるんだな…
そう考えると、
日々の暮らしがとても楽しくなってくる…
齢を取る、
老いを観察するのも、
結構楽しい…
だって70数年…
生きるを楽しむというのを意識したことすらなかったものねぇ…(笑い)

 

-discover, essei, phone, photo

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

電子書籍「私の和菓子帳」(豐田裕子 まめしば書房)が、Kindleで出版され昨日からAmazonで発売されている

著者の豐田裕子さんは、老舗の和菓子作りの家に生まれ、子供の頃から木型を見、和菓子作りの音を聞いて育った、
店はもう閉じたが、木型は残っている。
『わたしの和菓子帖』(まめしば書房)は、その木型に焦点を当てたエッセイ集、
文章、写真、デザイン、構成…
どれをとっても素晴らしい。
早速、買わせていただいた。いいね、最高」

スマホカメラを愉しむ あら私撮らないのと花が呼ぶ 雨上がりの春の夕暮れ

あら撮らないのと花が呼ぶ
雨あがりの春の夕暮れ

ハハハ…
こんなのでも 
写真の横につけるとねぇ…(笑い)

写真を愉しむ 風吹いてコスモスの花楽しそう

思い出のなかを旅するというのも、とてもたのしい…
喫茶店でコーヒーを飲みながら…
いいね秋…
んんとなくセンチなほろ苦き青春の思い出

スマホで楽しむ二瓶龍彦さんと その仲間のライブ劇場 「茶とあん」(阿佐ヶ谷)のもう一つの顔

かつては仕事でも
こういう写真
いろいろ撮ってきたけれど、
やっぱり楽しんで
自分の思いをそこに被せながら
心のなかで
「よっしゃ、いただき」
と叫びながら撮っているの本当に楽しい
だってこの会場で写真を撮るということは、
僕も演者の一人だから、
シャッターというボタンを使ってセッションしなければ…(なんてね)
朗読も良かった
内田百聞なんて普通では読まないけれど
女性の優しい声で
心に響くように読んでくれると、
なるで映画を見ているように
情景が流れていくの
短いエッセイだったけれど、
土手とか川とか…
そんな風景が出てくれば
「ああ これは旭川のあの辺りだな」とかね…
だって内田百聞は岡山のひとだもの…

スマホカメラで楽しむ 静かだな しかし感じる生命(いのち)の鼓動

目次まるで禅の世界気持ちがいいというのは こんな感じをいうんだね昨日はちょっと部屋を片付けたから 今日はお雑煮の準備をと思っているの筑前煮でもつくろうかだって僕は元旦に 新年会2つも誘われてるんだもの …

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます