discover essei phone photo

スマホカメラで遊ぶ サクランボ おすそ分けのおすそわけ、せっかくだからスマホで…

投稿日:

サクランボ(佐藤錦)はやっぱり女王

昨日は合唱の日(誤嚥肺炎予防のつもりで始めたの)
会場が「茶とあん」のすぐ近所だから、
帰りには自然の流れで…

ここに行けば誰かれと知り合いがいて楽しいの…

おしるこを注文して食べていたら、
知合い(ここで知り合ったのだけれど)がヒョイと現れて
話をしていたら
そこにまた一人
そして後から来た女性がバックからサクランボの入ったケースを取り出して、
ママともう一人の女性に
「はい」と言って
お兄さんが送ってきたらしい。
そのおすそ分けをお皿に入れていただいたので、
「せっかくだから」
そう言ってスマホカメラで…

やっぱり女王 一味違う
撮った後、
口に入れると
甘くて、
気持ちのいい酸っぱさが口の中に広がって
「やっぱり佐藤錦」と思わず
サクランボ
いろいろあるけれど、
やっぱりと思うよね…
で、
「明日のブログはこれだな」
そう言ってしまったので、
なんとか形にしなければならないのである(笑い)
しかししかししかし…

よしサクランボの詩に挑戦だ

大粒の紅の果実
宝石のようなサクランボが可愛い…
そう書いたら、
それが全て
はてはてはてはて…
困ってしまった。

サクランボサクランボサクランボ…
艶やかで紅くて
キラリと光る桜の子
サクランボはまさに宝石を連想させる
口に入れて
ちょっと噛み締めると
実が弾けて
甘くてちょっぴり酸っぱい爽やかな果汁が口の中に広がって
「美味しいねぇ…」と思わず
まさにまさにまさに…季節の味…
外を見ると
晴れた夏の日の日差しが眩しかった…
果物の味をこうして楽しめるようになったのは最近のこと
それまでは
そんなこと考えたこともなかったよ…(笑い)
だから、
ひと齢とった今の方が
ずっとずっとずっと
感受性、
感性、
感覚を楽しむ感度が上がっている…
そう思うと、
ああ
なんともったいないことをしたとつい思ってしまった…
しかし
失われた時間は二度と再び帰ってはこない…
そうか
そうなんだ
もしかしたらこれを成熟というのかも知れないね…

付録の人生、しかし、これからが人生だね…

そういうのを噛み締め、
楽しむ(愉しむ)時間として今があるんだな…
そう考えると、
日々の暮らしがとても楽しくなってくる…
齢を取る、
老いを観察するのも、
結構楽しい…
だって70数年…
生きるを楽しむというのを意識したことすらなかったものねぇ…(笑い)

 

-discover, essei, phone, photo

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

写真を愉しむ 黒いラン なんともセクシー 洗練された大人の女の魅力を感じる

僕の意識では、社会は今や、完全にコンピュータに乗っ取られた、そんな感じがする

しかし、これがないと、今や何もできないのだから、奴隷になって、黙って従うしかないのだが…
人間の尊厳だけは保っていたいよね…

太田黒公園の紅葉のライトアップは超人気のイベント、これをみなくては…

この庭園、見所がいっぱいあって、カメラ、どこに向けても絵になるから、とても楽しい。
杉並、
雰囲気としては、閑静な住宅街なのだが、その中にあってなお素晴らしい日本庭園とその中に建てられた和洋瀬中の音楽の館(どういう表現をしていいのかわからない)
洋風建築のようなんだけど、日本的でもあって、壁はベンガラのように見える。
武蔵の雑木林を透かして見えるこの瀟洒な建物、この雰囲気、そして、池からそこに行く石畳の階段は、未来の希望に繋がる特別の道のようで、なんて言えばいいんだろう、好きだなこの雰囲気
likeではないfavorite,そんな感じ。
こういう雰囲気、アトモスフィア、この空間がつくりだす特有の空気感…、スッカリお気に入りになってしまった。

名前に拘らなければ 料理 何をやっても美味しい お鍋ってやっぱり凄いんだ 

電気圧力鍋も買ってしまった
実は昨日
一昨日に行ったブックオフでみつけて、
3000円だったからつい…
それを買って帰り、
試しに何か作ってみようと思ったのだけれど
冷蔵庫を見たら
中途半端な野菜がいろいろあったし…
これを作ろという明確なイメージがなかったし、
もう7時近かったから
圧力鍋はやめて
ホットプレートの鍋に、
とにかく野菜を放り込んで…
(本当にいいかげん)
そのお陰で
「概念を捨てれば何をやってもいいんだ」
ということを発見したんだから
それはそれで良かったんだけどね…(笑い)

しかししかししかし…
これは凄い発見だった…

スマホカメラを愉しむ 冬ならば そんな印象の風景と

よくもまぁ ドロップアウトしないで生きてきたなと、
自分でも思うよ(笑い)
不思議なのは、
人との出会い
偶然の味方
それによって
軌跡としかいいようのないものが次々に起こって
ちょっと変わった人生をい生きてきたのだけれど、
姉の言う
「野生児の感覚」が、
そういう人生をつくってくれたのだと、
僕は思っているのである(笑い)

写真を愉しむ この花には三十路の女の色香がある こういう雰囲気好きだな

飲んで、いい気持ちになって、歌って…
楽しかったな、遠い昔の話…
やっぱりママは粋だった

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます