discover essei phone photo

スマホカメラを愉しむ 新春に咲く梅の花 鮮やかに

投稿日:

寒紅梅というのだそう

パットみて、
OHと思って撮ったんだけど、
イメージとしては青空だったはずなのに背景が黒い
アレッ そうだったかなぁ… 
翌日確認してみたら
梅の背景にあるのが濃い緑の森で、
そうかと納得…
それでブルーの枠をつけたの(いい加減 笑い)

背景をシンプルにするために、
このアングルを選んで
写真としては成功しているんだけれど、
頭の中には青空を背景に梅というのがあったから、
ちょっと慌てたけれど、
納得すれば…だよね(笑い)
だって、
木(梅の枝ぶり)もいいし…(笑い)
写真としてもまとまっているからいいんだけど、
新春というのが頭にあるから…
やっぱり爽やかなブルー欲しいよねぇ…

SNSに上げるのも大変だよ…(笑い)

でもやっぱり マニュアル撮影ができるアプリ
いいね…
スッカリ気に入った
これで現代版
高級矢立も揃ったのだからご機嫌なんだけど、
面白いね、
僕の場合は俳句ではなくて、
単なる数合わせの575なんだけど、
これを考える時はなぜか
紙に筆ペンがいいの

筆ペンなぜかそんな古風なものが好きなのである

愛用しているのはペンテルの短いキャップを外すと出てくる細字の筆
字が下手なんだからなんでもいいんだけど、
これが一番シックリ来て、
575をつくる時だけはこれ使ってるんだけれど…
やっぱり気分って大事なんだよね…(笑い)

無駄こそ大事なスイッチだったのだ

そう言えば
原稿用紙に鉛筆で描いている時は、
鉛筆を削り、
紙の上で少しガシャガシャとやって、
芯を少し丸くしてから書いてた
気が付けばこの、
鉛筆を削ったり、
芯を丸くするこれが大切だったんだね、
多分 おそらくそれがスイッチになっていたんだねぇ…(笑い)
カメラもそう、
現地に行って、
よし これ(ここ)
そう思ってから
カメラをケースから取り出し
使うべきレンズのキャップを外し
カメラにレンズを取り付け
フイルムを挿入して…と、
こういう手順を踏むことが大切だったんだねきっと、
こうしているうちに気持ちがだんだんとその気になってきて…(笑い)
こんなことを書くと、
何をくだらんことをと思われるかもしれないけれど、
こういう遊びがあって、
それでスイッチが入って
いるというのに気がつけば…
ねぇ…
かつては
その行為の中にタバコも入っていたけれど、
今は僕はタバコは吸わないから…(笑い)

それにしても、
梅の木の背景をわざわざ確認に行くなんて酔狂だねぇ…(笑い)

しかし、
そうやって行けばまた
なにかいいものが見つかるかも知れないから…
無駄
失敗
遊び…
そういうどうでもいいことが、
実は極めて重要なことだったんだというのが分かって、
人生観がまた変わったの…
こういう発見も楽しいよね…(笑い)
今日はコンピュータのご機嫌が悪くて無駄な時間を費やしてしまった
それもまた楽しだね…(笑い)

 

-discover, essei, phone, photo

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

料理つくりを愉しむ フイに来る カレーライスを食べたい衝動 

やっぱり自分で作ったカレー最高(自画自賛)
昨日はそこに
元スタッフの女性が会社帰りに遊びに来たので
一緒に食べたのだが
「美味しい」と

写真を撮るから盛り付けてと頼んだら
もう
 ホンマニいい加減…
少しは恰好つけろよ
そんなことをいいながら
ご飯がスープで汚れたところはスプーンで取り除いてハハハ
カレー
いっぱいつくったので、
後何回か食べなければ…
そう、
火を入れて牛乳でのばして焦げ付かないようにしながら…(笑い)

寄居(埼玉県)のとろとろナス とっても美味しい

駅も最近野菜やら特産物をいろいろ売っているので、
僕にとってはそこも楽しい遊び場…
ハハハ…
人間到る処遊び場ありだね…
今日も楽し明日も愉し…

新素材
茄子もついに
形かえ

これ付け足し…

マツコの知らない世界で紹介された新食感の餅うどん功刀屋新宿御苑店へ行ってみた

テレビの影響が大きいのだと思うが、
店には、次から次にと入ってきて
とても繁盛している
テイクアウトもしているらしい…

「餅うどん」
見た感じでは普通のうどんにちくわの天ぷらと、
卵の天ぷら
それにショウガとネギの薬味が載っているオーソどっくすなもので
おつゆの味は、
関西風で、
あっさりしてとても美味しい

桃太郎伝説の桃太郎は吉備津神社の吉備津彦の尊らしい

鬼ノ城では鉄を精製していた。
鉄を精製するのには水がいる。
熱した鉄を冷やすために使っていた水を(廃液)を近くの川に流していた。

上流で、汚れた水を流せば、下流では作物などができなくなる。

困った村人は、その交渉を吉備津彦の尊にお願いした。
吉備津彦の尊は「よし」と引き受けて交渉に行った。
で、吉備津彦の交渉に、ズラズラとついて行った村人たちが見た光景は、鉄の精製で顔は赤やら青に焼けただれて変色していた。それが、赤鬼、青鬼に見えたという話。

ブリを見て 大根買って 腕まくり 美味しいねぇブリ大根

目次ブリを見て 大根買って 腕まくり何でもアドリブ思いつき… 早速料理にとりかかる煮物には薄口醤油よりも濃い口醤油の方がいいかもねぇアッ銀杏と栗が来る嬉しい ブリを見て 大根買って 腕まくり 575す …

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます