discover essei phone photo

スマホカメラを愉しむ ショクオオダイコンニャクの花 残念撮れなかった

投稿日:

タイミングだねぇ

すでに花は終わっているのに撮りに行くこの執念…
ショクオオダイコンニャク
(燭台大蒟蒻)の花
世界で最大級の花
「今日か明日か」
という情報を得て行ったのが開花前日
そして休日を待って行ったのが昨日
すでに花は萎んでいた

前夜とその後の写真を並べて見ると面白いね

前夜の写真は
サー行くぞと元気な青春真っ只中
そんな雰囲気
そして後の写真にはなんとなく
「ああ終わったのね」
という感じが漂っている

一番大事な開化の写真が欠けているのは
僕の人生と同じだね
そう「華がない」の…

「初恋の涙に萎むハナビラを…」
「明日から二度と泣くまい恋すまい…」
「いくら泣いても笑うても 恋の痛手はなおりゃせぬ…」
思わず、そんな歌を口ずさんでいた…
でも僕は
心情的には終わった写真の雰囲気
好きなんだよね…
なんとなく
どことなく
虚しさ
切なさ
寂しさ…
「…」
そんな心の思いが内包されている
そんなイメージ
僕にはそのように思えるのである…

もしかしたら
僕にはこういうムードがよく似合うのかも知ればい…

そう
夢に破れ
失恋して
北へ北へと流れていく男の姿が…
「夢はむなしく消えて今日も闇をさすらう…」
そんな情緒に憧れているから、
そんな人生になったんだね…(笑い)
そんなことを言うと
「ノーテンキでお喋りなお前のどこに
そんなムードが…」
笑わせるなよ
なんて言われそうだが…(笑い)
でも、
僕の本質にはそういうものがあって、
僕はそれをよく知っているから
一生懸命にピエロしてんだよ…(笑い)
それにしても
終った写真を撮ってアップする
この根性…
自分でも驚いているよ…(笑い)

ちょっと今日は気取ったパーティーへ

今日は夕方から
90歳の美人女性の家に集まって
シャンペーンを飲んでの立食のパーティ…
こういう時はやっぱりスーツだよね…

アルマーニー
長いこと着てないからズボンにアイロンかけなければ…
よしワイシャツはピンクで
ネクタイはドミニクフランスのお気に入りのネクタイで…
ははは僕の一張羅(笑い)
捨ててなくて良かった…

-discover, essei, phone, photo

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

うつ病と森の関係、人間が健康な生活を営む上で森は極めて重要

森林浴、ドンドンやらなければ
僕も、「地球の緑を育てる会」のメンバーとして、中国の沙漠の緑化活動、さらにはアマゾン(ブラジルベレンの宮脇の森」ボルネオの森などいろんな所の森を見て歩き、森づくりをするボランティアの人たちの写真を撮った。
地球の肺と言われるアマゾンの森の減少、ボルネオの森も縮小され、中国では砂漠化がドンドン進んでいる。
調査報告を見るまでもなく、森、緑の大切さは知っていたが、人間の精神にこれほど影響しているとがと、改めて驚かずにはいられない報告。
森林欲、やっぱり意識しているという報告は、驚かずにはいられなかった。
近年のこうした研究により、
自然の中で過ごすことは脳卒中での生存率が上がったり糖尿病のリスクが下がったりといった健康面でのメリットや、幸福度を向上させる効果があると判明しているらしい。

和カフェ、つゆくさ 懐かしいねぇ…

コーヒー、理屈をこねる人は大勢いるけれど、本当においしいコーヒが淹れられる人というのは少ないんだよね…
「コーヒーを淹れるのにはねぇ、愛情がいるんだよ」(なんちゃってね)それと、器と雰囲気、コーヒーはこの3点が揃わなければ、美味しく感じないのだ(僕の数少ない拘り)
彼女の淹れるコーヒーは本当においしかった。
だから、美味しいコーヒーをより美味しく飲むために、ビーガンの定食を食べるの。僕は本当は、野菜、好きではないんだけれど、少しでも長くいるためにはねぇ(笑い)
でも、豆腐ステーキとか、おいしかったよ…

ユリの木に花がいっぱい。この花を見るとアラジンの魔法のランプとつい思ってしまう

この花なぜかアラジン魔法ランプを想像するのだけれど
この木(花)を知ったのは何年か前なのだが、
特に夕方3時頃に西日を受けて咲いている花の姿を見ると
「アラジンの魔法のランプ」と思ってしまうのである。
面白いね
一度
そういうイメージができると
ついそのイメージを狙って撮ろうとするのだから…
黄金のなんて言うのかなこれ
さかづきではないよね…
やっぱりランプか
(ランプとサカヅキではまったく違うど…笑い)
この花見ると
なんとなく なんとなく つい
「チチンプイプイ」と声をかけて擦ってみたくなるよね…
この物語

スマホカメラを楽しむ 今日のモチーフはチューリップ

ロジックでは語れなないものを語り合うことの面白さ
興味があるのは
「宇宙の中の自分」
「心と宇宙の関係」
そういうことなんだけれど…
これだけで分かり合える人達がいて
最近はそういう人たちとの会話をたのしんでいるの…
エッ分らない 
そりゃそうだよね…
言葉は発しているけれど
実際にはフィーリングというかね
感じる部分で
「そう そうなのよ」ってやっているのだから(笑い)
変でしょう
でもね、
そうやって会話(セッション)を楽しんでいると
だんだんと感覚が研ぎ澄まされてきて
いろんな不思議と遭遇して
それがまた楽しいの…
そんな話をしていたら
ある若者が
「オープンダイアログ」という会話の手法が最近盛り上がってきているのだけれど 
もしかしたらそれに近いのかもと…
ヘーそうなんだ
もしかしたら僕たち
時代の先端を行っているのかねぇ…

スマホカメラを楽しむ、今日のタイトルはハンモックでくつろぐ少女

スマホに望遠レンズ
実験として、一応撮ってみたけれど、
これはちょっと、使えないね…
正直な感想
公園に行って、鳥などを見る時の望遠鏡として使えばいいかもね…
でもでもでも
それでも使ってみたいという人がいるかも知れないので、参考までに書くけれど、
望遠鏡をつけると、揺れ幅が大きくなるので、シャッターは高速にしなければならない
(フイルム時代には、レンズの焦点距離、200㎜なら250分の一秒、300㎜なら300分の一秒で撮れと言われていた)ので、
明るい所でないと、手持ちでは撮れない、
三脚とか使って、ジックリ撮れば大丈夫だが、
手軽さ、便利が取りえのスマホに三脚は?…と僕は思うので、
スマホにそこまでを求めるのはやめにした(笑い)

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます