discover essei phone photo

スマホカメラを愉しむ そうか 宇宙人 初めて見たよ 宇宙ってどこ

投稿日:

アリストロキア・サルヴァドレンシスという名の植物とか

ウマのスズクサ科ウマノスズクサ属の植物らしい
でも
どう見てもこれ
宇宙人だよね…
といっても僕
宇宙人に会ったことないから、
宇宙人がどんなものか知らないけれど、
想像(空想)で
イメージしている宇宙人の姿に似ている(思わせる)
ということで…(笑い)

僕はSF(サイエンス・フィクション)あまり見てないんだけど、
なんとなく、アニメに出てきそうな恰好であり雰囲気だよね…

ETという映画を見たことがあるけれど、
あれは感動したね…
人間との間に芽生えた友情(愛)…
最後の別れのシーンなんてねぇ
胸がキューンとなって涙が溢れた
そんな記憶がある
ハハ
ET
古いよねぇ…(笑い)
「…」
それは置いといて

この写真から連想するのは、
宇宙人はこうして植物に姿を変えて 情報を収集してるということ

だって、
植物園などで、
こうしていれば、
言語の習得にはもってこいだものね…
言語
やっぱり大事だものねぇ…

言語を知り
その意味を知れば歴史が辿れるし、
文化が理解できるようになるし…ねぇ

男とは
女とは
さらに言えば
生きるとは…
そんなことも全て分るものねぇ…
「ところで君 どこから来たの」
「火星 金星 木星、月…」
「何 分らないの…」
「だって気がつくとここにいたんだもの…」
「そうなんだ…」
「でもね なんだかよく分らないけれど、フィーリングといのかな、
そこに信号みたいなものが来て、
だれかと話をしているような、
そんな感じになることがあるよ…」
「そうかそうなんだ…」
「じゃ、
僕がスマホのカメラで君を撮り、
こうしてお喋りしていることも誰かに聞かれてるかもね…」
「多分 そうだと思うよ…」
「そうか
君の大きな目はもしかしたらカメラかもしれないね…」
こんなことを考えていると本当に楽しい

話変わって

昨日のパーティーなんだけどね
僕は誤嚥肺炎にならないように
喉の筋肉を鍛えるつもりで合唱に行ってるんだけど、
そこに90歳の俳句の先生(今日のパーティの主宰者)がいて、
シニアクラブに俳句を投稿することになり
「あなたもやって」と頼まれて
「575並べるだけなら」
そう言って引き受けたところ
「あなた家(うち)にいらっしゃい
 私24年間俳句を教えているの」
画家で日本舞踊もやりローマに長いこと住んでいた美人先生に
そういって誘われて
それで先生のお宅に出入りするようになったら、
もう一つ、
「ワインを楽しみながら、
肩書を外した交流会というのが月に一回あるから
あなたもそれに来なさい」
と言われて、
昨日が3回目の参加なんだけど、
シャンペーンを飲みながらいろいろ聞いていると
この会は一体何なんだ…
凄い人ばかりじゃないかと驚いてしまったのである

昨日は合気道の先生の話が面白くてねぇ…

中村天風(思想家 武道家…医者…)とも知り合いで、
昨日はその根本の呼吸法の話
「呼吸法を極めれば
量子力学とも融合して思いはもちろん
体を浮かすことだって
思い通りになると…」
「OHこれは僕の最も知りたいところ…」
思いつくままの僕の質問に対して
「ああそれはこう」と見事に…
東京大学でも教えていたらしい…
そうしたら
一緒にいた声楽の先生もウンと頷いて
声を出す時の呼吸法
イメージなどを披露してくれたの
そこでまた
「トレーニングしていて
ああ この感触だなというのは分かるんですか」
と僕がいうと
「練習では分かりません
でも本番になると不思議と無になって…
気がつくとああというのがありますよ…」
「普段の練習はそのために必要ということなんですかね…」
僕も興味深々だったが
横にいた絵本作家のあんま ゆきこさんもランランと目を輝かせてウンウンと…

手品
(僕が参加している合唱の会のリーダーのご主人)
も素晴らしい…
それを見ながら
「ああこれも呼吸法だな」と思ったのだった…
呼吸法か
そうか
呼吸によって宇宙と一体になる…
そして無我になった時に…
よく分らないけれど
なんとな分る…
なんだか
とんでもないところに僕は導かれたな…
そんな思いを持って帰ったのだった…
今日も愉し
明日も愉し…
素晴らしい人たちとの出会い
本当に愉しいし楽しい…

 

 

-discover, essei, phone, photo

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

花月庵 武蔵関(練馬区)で人気の蕎麦屋さん

何んの話をしてたんだっけ、
そうそう、
武蔵関の蕎麦屋さんの気配りだったね…
ウン そう、
そういう文化がだんだんと薄れてきたのが今から4、50年程前頃からか…
その頃、気配りの勧めとか、一期一会とか…
そういう言葉が流行語になっていたもの…
僕の知り合いなんかね
「木を配るのが大切なんだ」とか、
分けのわからんことを、
で、
理由を尋ねると
「きくばりの勧め」という本が話題なの…
あほらしい…
でも、でも、でも…
やっぱりね、
そういう心遣い、
機微というのかねぇ…
大切だと思うのは、
年のせいなのだろうか

スマホで撮影 レンズの汚れがつくった幻想的雰囲気

写真に「かくあるべき」という定石(概念)はいらない
写真というと、
なぜか皆
「かくあるべき」という概念のようなものを持っていて、
その概念に近づけて撮る方法をハウツーとして書いているのだけれど
「プロの写真のように」とか「こうすれば…」ということを書いた指導書が多いのだけれど、
表現の世界に、
そんな概念(いい写真という基準)はないと僕は思っているのである。

これは紅葉?黄葉?キレイだね、まるで光のページェント

「カエデ」と「フウ」 別の種類なのに同じ漢字なぜ
「カエデとフウ、種や実、葉の付き方もまったく異なるのになぜと思うが、
種の葉が似ていて共に美しく紅葉することから、混同されているようです」という説明があった。

それにしても、同じ漢字を使って、全く種族の違う植物の両方につけているって、理解できないよね

スマホゲーム「放置少女」に挑戦 でもこれどうするの さっぱりわからない

新しい文化はすぐには理解できない高齢者
今の人は
物心ついた時からタブレットに触っているから
「スマホゲーム」とはなんていうの、
説明しなくても分かるのだろうが、
高齢者には
やはり理屈が必要なのである。
でも、
こうして遊んでいれば呆け防止にもなるし…
時にこういうセクシーな女の子と遊ぶのも悪くはないよね(笑い)
やっぱりこれは慣れるしかんはさそうだね…(笑い)

トリュフチョコレート、これは美味い、食べた瞬間に慌てて追加を買いに走った

トリュフォーに形がにているということでついたネーミングらしい
トリュフチョコレート
高級食材に似ているということでつけられた名前らしいけど、
チョコレートの表面をココアでコーティングしていて、口に入れると、プツプツと入ったヘーゼルナッツとうまくからまって、より美味しさを強調しているのである。

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます