discover essei phone photo

スマホカメラを愉しむ そうか 宇宙人 初めて見たよ 宇宙ってどこ

投稿日:

アリストロキア・サルヴァドレンシスという名の植物とか

ウマのスズクサ科ウマノスズクサ属の植物らしい
でも
どう見てもこれ
宇宙人だよね…
といっても僕
宇宙人に会ったことないから、
宇宙人がどんなものか知らないけれど、
想像(空想)で
イメージしている宇宙人の姿に似ている(思わせる)
ということで…(笑い)

僕はSF(サイエンス・フィクション)あまり見てないんだけど、
なんとなく、アニメに出てきそうな恰好であり雰囲気だよね…

ETという映画を見たことがあるけれど、
あれは感動したね…
人間との間に芽生えた友情(愛)…
最後の別れのシーンなんてねぇ
胸がキューンとなって涙が溢れた
そんな記憶がある
ハハ
ET
古いよねぇ…(笑い)
「…」
それは置いといて

この写真から連想するのは、
宇宙人はこうして植物に姿を変えて 情報を収集してるということ

だって、
植物園などで、
こうしていれば、
言語の習得にはもってこいだものね…
言語
やっぱり大事だものねぇ…

言語を知り
その意味を知れば歴史が辿れるし、
文化が理解できるようになるし…ねぇ

男とは
女とは
さらに言えば
生きるとは…
そんなことも全て分るものねぇ…
「ところで君 どこから来たの」
「火星 金星 木星、月…」
「何 分らないの…」
「だって気がつくとここにいたんだもの…」
「そうなんだ…」
「でもね なんだかよく分らないけれど、フィーリングといのかな、
そこに信号みたいなものが来て、
だれかと話をしているような、
そんな感じになることがあるよ…」
「そうかそうなんだ…」
「じゃ、
僕がスマホのカメラで君を撮り、
こうしてお喋りしていることも誰かに聞かれてるかもね…」
「多分 そうだと思うよ…」
「そうか
君の大きな目はもしかしたらカメラかもしれないね…」
こんなことを考えていると本当に楽しい

話変わって

昨日のパーティーなんだけどね
僕は誤嚥肺炎にならないように
喉の筋肉を鍛えるつもりで合唱に行ってるんだけど、
そこに90歳の俳句の先生(今日のパーティの主宰者)がいて、
シニアクラブに俳句を投稿することになり
「あなたもやって」と頼まれて
「575並べるだけなら」
そう言って引き受けたところ
「あなた家(うち)にいらっしゃい
 私24年間俳句を教えているの」
画家で日本舞踊もやりローマに長いこと住んでいた美人先生に
そういって誘われて
それで先生のお宅に出入りするようになったら、
もう一つ、
「ワインを楽しみながら、
肩書を外した交流会というのが月に一回あるから
あなたもそれに来なさい」
と言われて、
昨日が3回目の参加なんだけど、
シャンペーンを飲みながらいろいろ聞いていると
この会は一体何なんだ…
凄い人ばかりじゃないかと驚いてしまったのである

昨日は合気道の先生の話が面白くてねぇ…

中村天風(思想家 武道家…医者…)とも知り合いで、
昨日はその根本の呼吸法の話
「呼吸法を極めれば
量子力学とも融合して思いはもちろん
体を浮かすことだって
思い通りになると…」
「OHこれは僕の最も知りたいところ…」
思いつくままの僕の質問に対して
「ああそれはこう」と見事に…
東京大学でも教えていたらしい…
そうしたら
一緒にいた声楽の先生もウンと頷いて
声を出す時の呼吸法
イメージなどを披露してくれたの
そこでまた
「トレーニングしていて
ああ この感触だなというのは分かるんですか」
と僕がいうと
「練習では分かりません
でも本番になると不思議と無になって…
気がつくとああというのがありますよ…」
「普段の練習はそのために必要ということなんですかね…」
僕も興味深々だったが
横にいた絵本作家のあんま ゆきこさんもランランと目を輝かせてウンウンと…

手品
(僕が参加している合唱の会のリーダーのご主人)
も素晴らしい…
それを見ながら
「ああこれも呼吸法だな」と思ったのだった…
呼吸法か
そうか
呼吸によって宇宙と一体になる…
そして無我になった時に…
よく分らないけれど
なんとな分る…
なんだか
とんでもないところに僕は導かれたな…
そんな思いを持って帰ったのだった…
今日も愉し
明日も愉し…
素晴らしい人たちとの出会い
本当に愉しいし楽しい…

 

 

-discover, essei, phone, photo

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

写真を愉しむ 朴の木の花 神秘的 この花を見るとなぜかそう思うのである

朴は包むという意味を持っており、殺菌作用のある大きな葉っぱは、食べ物を盛ったり包んだりするのにのに使われていたらしい。
家にあれば笥に盛る飯を草枕旅にしあれば椎の葉に盛る
椎は朴ではないが、
大きな葉っぱは、食器として重宝したんだろうね

寄居(埼玉県)のとろとろナス とっても美味しい

駅も最近野菜やら特産物をいろいろ売っているので、
僕にとってはそこも楽しい遊び場…
ハハハ…
人間到る処遊び場ありだね…
今日も楽し明日も愉し…

新素材
茄子もついに
形かえ

これ付け足し…

スマホで遊ぶ 今日は泰山木 この花に僕はなぜか神々しさを感じるのである 

言葉にならない言葉(感じたこと)をタイピングしてみると
例えば
花の写真とか撮っていると
ちょっと気を惹く(気にかかる)ものが現れてね
それに誘われてシャッターを切っているのだけれど、
誰かと話すような言語ではさすがに話さないないけれど
心はそういうものと交信をしていて
その更新(会話)がブログとして表れているんだと思っているんだけれど
これがまた楽しいんだよねぇ…(笑い)

太陽、不思議だよねぇ、写真にすればたったこれだけのもの、それが世界を照らすのだから…

写真にすれば、たったこれだけの大きさの宝石みたいな、太陽…
宇宙の成り立ちとか、そういうことにはあまり興味はないのだけれど、太陽の不思議さには興味がつきない
しかし、しかししかし、科学的な証明などは読んでもわからないし、そこにはロマンが感じられないから、そういう説明には興味がもてない、僕の無茶苦茶さ…

スマホカメラを楽しむ、今日のタイトルはハンモックでくつろぐ少女

スマホに望遠レンズ
実験として、一応撮ってみたけれど、
これはちょっと、使えないね…
正直な感想
公園に行って、鳥などを見る時の望遠鏡として使えばいいかもね…
でもでもでも
それでも使ってみたいという人がいるかも知れないので、参考までに書くけれど、
望遠鏡をつけると、揺れ幅が大きくなるので、シャッターは高速にしなければならない
(フイルム時代には、レンズの焦点距離、200㎜なら250分の一秒、300㎜なら300分の一秒で撮れと言われていた)ので、
明るい所でないと、手持ちでは撮れない、
三脚とか使って、ジックリ撮れば大丈夫だが、
手軽さ、便利が取りえのスマホに三脚は?…と僕は思うので、
スマホにそこまでを求めるのはやめにした(笑い)

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます