コラム 写真エッセイ 雑記

ライカ 素晴らしいね 見るとつい引き寄せられる

投稿日:

今日は 久保雅督です。

「撮って書いてワヤで笑える人生日記」

にお越しいただきありがとうございます。

ライカがなかったら…

ある、日曜日。

ちょっと遅い昼食をとりに、ファミリーレストランに。

案内された隣の席の青年のテーブルの上に、クラッシックなライカが…
で、座りながら、

「ライカですか、いいの持ってますねぇ」

そう声をかけると、

「えっ わかるんですか」

ニコリと笑って、そういうので、

「ウン ちょっと写真やってたから」

そう言って、

「フイルムはトライX」

さらに言うと

「そこまでわかるの、スゲー」と。

「いや、これは感」
「そういうカメラを持つ人は、恐らく、そうじゃないかと。そう思って、ついでに言うと、撮っているものは、街中のスナップ」

「エー それもわかるの…」

「いや、ぼくだったら、そうだろうなぁ」というのを喋っただけ。

「かなりやってたんですね、写真」

そう聞かれたので、

「あっ イヤ、若い頃ちょっとね、ただの写真好きの高齢者です」

そう言うと

「俺30歳だけど、俺よりハツラツとしているし、格好いい」と、

そう言われると、嬉しくなって

「こっちにおいでよ、もっと、写真の話しをしようよ」

「…」

この兄ちゃん、最近、写真を始めたのだそうだが、森山大道の写真集を古本屋で見て、ハマったのだとか。

コンテンポラリーフォトグラフィーの魅力

「森山大道(写真家)いいよね」
「若い頃、私も彼に傾倒して…」
「コンテンポラリfォトグラフィー いいねぇ」

スッカリ意気投合 

嬉しくなって、ランチをご馳走してしまった。

兄ちゃん 私のブログを見て、

「やっぱり エー 嬉しいなぁ」
そう言ってから
「そういう人と今、話しをしているの。ライカがなかったら、こういう出会いって、絶対ないですよね…」

時計を見ると、次の用事があったので、
「行かなければ」
そう言って別れた。

別れ際 メールしていいですかというので、どうぞ と。

兄ちゃん 再び

「カメラが無かったら会えなかった」 

そういって、出会いの不思議さに、えらく感心していた。

写真って、本当に楽しね。

昨日は夕方電話で誘われ、食事した後 歌える店に。

若い頃に覚えた歌、やっぱりいいね

「昴」「学生街の喫茶店」「夢一夜」「坊がつる賛歌」そんな歌を歌ってきた。

久し振りに大声 気持ちがいい。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

-コラム, 写真エッセイ, 雑記

執筆者:


  1. ファミレス より:

    こんにちは。
    ファミレス出会ったものです。
    あの時はご馳走さまでした。
    写真の話とても面白かったです。
    写真のお話とてもおもしろくてとても勉強になりました。
    ありがとうございました。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

美味しい蕎麦と美味しい酒、そしてレンゲショウマ

目次毎年の楽しみなのに今年は断念(残念) 新宿から約2時間(?)山間の茅葺屋根の古民家の座敷でいただく、酒と蕎麦ウーン、座敷いいねぇ古里から御嶽へ。数歩歩いては立ち止まり…日頃の運動不足が悔やまれる …

行くべきか 行かざるべきか、それが問題だと考えるリス

目次キタリスというのだそう。漢字で書くと「北栗鼠」その位 蓄えていれば、食べること心配しなくてもいいもんねぇ… これは深刻な問題だ。 キタリスというのだそう。漢字で書くと「北栗鼠」 夏は小枝で丸い巣を …

自分の媒体を持つ。そういう世界の中で生きてきたものにとって、それは、何ものにも代えがたいものなのである

目次僕がSNSを始めた目的、 媒体に広告代理店がついて初めて━という意識が頭の片隅にあるから、それにこだわってみたメディアミックスの効果を上げるには、記事を発表する順番も大切なのだ 僕がSNSを始めた …

生きることは食べること。本物の食品を食べてこそ、健康は保たれる

目次食べるとは、自然の恵みをいただくということうまいことできているよね、人間の身体 科学の発達は、生態系のメカニズムを狂わしてしまった コロナ騒動の原因の根本は、化学食品? 人が活動を控えると、自然は …

春の印象 張りつめていた空気がほんわか緩んで、ああ いいね

目次ああ 春だと思わず何気ないない日常の中の何気ない非日常、それがいいのだスマホ忘れて、再びの小旅行全てを紐でつないでポケットに、ポケットは物を入れるところではないのだ ああ 春だと思わず 五日市の小 …

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます