コラム 写真エッセイ 雑記

若い男女が手をつないで歩く姿につい見とれて

投稿日:

今日は、久保雅督です。
「撮って書いてワヤで笑える人生日記」
にお越しいただき、ありがとうございます。

公園で見かけた、若い男女の姿がちょっと良かったので、
手をつなぐということについて書いてみました。

俺も、これ やりたい

手をつないで歩いている後ろ姿をアップで撮って

「俺も、これ やりたい」
と、見出し風に書き、
尤も、私がこれやると、老人介護されてるの図
になってしまうかもね…と。

この話しを、奥さんを亡くした友人にすると、
高齢夫婦が手をつないで散歩している姿を見ると、
「ハラガ立つ」
と言うので、
理由を尋ねると
「俺がやりたかったから…」と。

若さって、本当にいいよね

若さっていいね、
何をやっても、輝いて見えるものね…
こんな文章を添えてインスタグラムに掲載したら
予想外に反響があって、コメントも沢山いただいた。

手を繋ぐ、やっぱりみんな、難しいんだ

外国の方は、とても自然体でなさいますね。
私も全くだめですが、できたらみんなやったほうが良いと思いますす。
どうしたらいいのでしょう。

なかなかできないですよね…ウーンと私

そうですよねぇ
良いのわかってても難しいです

もう一人の女性は

私は夫がいますが、手を繋いだことはありません。

私はいつも待っていたのに

私の手のなかにある思いでは、
子供や孫たちの、小さくて柔らかい感触です。

これから夫と手を繋いだら本当に、
老人介護の絵になってしまうでしょう。

男からはなかなかですよ。
そう返信すると

私はいつも待っていました。

ただ、手をつなぐだけじゃんねぇ

でも、それがなかなか。

そう、男(私)には
「繋ぎたい」
という意識(欲望)はそうとう強くあるんだけど、
なんだかそこだけ、金縛りになったようになって…

公園でみかけた素敵な夫婦

つい先日、ある公園で休んでいたら、
お洒落で格好いい、高齢の男女が仲睦まじく手をつないで。

さりげなく格好よく、美しかったので、

「素敵ですねぇ 二人で散歩…」

そう声をかけると、
奥さん、ニコリと笑って
「この人、私が手をつないであげないと、歩けないんです」
「ヘー そんな風には全然みえませんよ」(私)

奥さん 暮れなずむ空を見ながら何を思っていたのだろうか

奥さんは、ご主人をベンチに座らせると、木で作られたジャングルジムのような四角い大きなモニュメントの階段を一番上まで上がって、暮れなずむ東京の空を楽しんでいた。
遠い空を眺めて、何を思っていたのだろうか…
気になったが、それは聞けなかった。

昔、見た外国(ヨーロッパ)の風景

昔、ある仕事で、
イスタンプールからロンドンまで、オリエント急行を利用して、旅をしたことがある。
途中、ユーゴー ユーゴースラビア、イタリア、スイス フランスなど、゚転々とする、優雅な仕事だった。
もう、何十年も前のことだが、どこの公園に行っても、
高齢男女が、仲良く手をつないで散歩している姿がとても目立った。

事情通に、後から聞いた話しだと、
ヨーロッパは建物も、道路も、石で造られているところが多い上に冬は冷え込みが激しく、
それで足をやられる人が多いので、お互いがサポートしながら歩いているのですということだった。

しかし、その時が初めての外国という私には、
その光景が、とても微笑ましいものとして見えたのだった。

余録

話しが横道にそれるが、バレンタインとチョコレートについてちょっと。
バレンタインデー
そう、女性が男性にチョコレートを贈るイベント。
しかし、それは、なんとも見当ちがいなイベントなのだそうです。

しかし、この話し
ある、東洋医学の先生の講演で聞いた話しで、本当かどうかは調べてないので分かりませんが、
なる程と思ったので、紹介します。
バレンタインにチョコレートを贈る。
でもそれは、お菓子のチョコレートではなく、身体を温めるために飲むホットチョコレートなのだそうです。
ヨーロッパの2月は特に寒く身体が冷えるので、
ホットチョコレートを愛する人に飲ませたというのが真意なのだと。
ホットチョコレートは身体を温めます。
さすが、ドクター、目のつけどころがちがうと、感心して聞いたのを覚えています。

石の文化は、つまり、身体を冷やし、
同時に関節を痛める人が多いのだそうです。
日本でも これから大変な高齢社会がです。
早いうちから、手をつなぎ、
サポートして歩くことに慣れることが必要なのではと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

 

 

 

-コラム, 写真エッセイ, 雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

クビワペッカリー ジャベリナとも呼ばれている イノシシではありません

目次一見 、イノシシかと思ったけど、ペッカリーというの。大切なのは、やっぱり、人とのつながりそれにしてもいろんなところへ行ってるね、アマゾンとパンタナル  一見 、イノシシかと思ったけど、ペッカリーと …

同じ葉っぱでも、枯れ葉と見るか、黄金の葉っぱと見るかによってその価値観は変わってくる

目次「Autumn Leaves」ちょっとセンチで、なんとなく虚しさを感じる、僕の病気…ォー こういう見せ方もあるのか…自分の内なる世界にいる、もう一人の自分の声を聴くというのだろうか… 「Autum …

なんとなく日劇でミュージックショーを見ている感じ

目次かつて、東京、有楽町に「日劇」という名で親しまれた大きな劇場があった。日劇は、収容人員は4000人、大きな劇場だった。友達とランチしながら、思い出を楽しむ最後のオリエント急行、それが僕の初めての外 …

知り合いと雑談していて、「それ企画としていけるんじゃない」と言われたことがヒントで生まれた目的

目次写真を撮りながらしている心の会話心の声、聞こえるんだ…そうか、そういう考え方もあるなぁ狙いはやっぱり広げた羽の美しさだよね翌日も頑張ったが、なかなか難しい 写真を撮りながらしている心の会話 本当の …

なんとなく、そう、なんとなく魅力的な花、クロホウシ

目次黒魔術師というオカルト集団を連想するという、若い男性1960年代から1970年代に流行った女性の流行現象 その時代に僕は、写真を始めたのだが、その頃は、写真と言えば スナップ写真が主流だった雨の日 …

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます