コラム 思いつき料理

しらたき甘辛煮 美味しいね、塩揉みをして熱湯でゆでると臭みは抜ける

投稿日:2021年5月24日 更新日:

しらたきの甘辛煮を電子レンジでつくってみた。

夕方、いつもの安売りにいくと、下仁田秘伝のしらたきが一袋65円
見た瞬間に、
しらたきを甘辛く煮た映像が頭の中に浮かんできて、二袋。
お店から僕のマンションまで歩いて2、3分の距離なのだが、
その間に、
「めんつゆを使えばいいか」というのが、閃きとして来たので、途中のセブンイレブンでめんつゆを買って早速。

コンニャク料理のポイントは、コンニャク特有の臭いを消し去ること

まず、やらなければいけないことは、しらたきの下処理。
コンニャクには独特の臭いがあって、これを抜かなければ、せっかくの料理も台無しになってしまうから…

「男めし」って何 ああ、テレビの番組か

そのやりかたを調べていたら、「男ごはん」とか「男めし」というのがやたら出てくるから、何と思って見ていたら、どうやらテレビでそういう番組があったらしい。
昔は男子厨房に入らずといったけど、今は料理づくりを楽しむ男性が多いらしい。
今は働く女性が増え、稼ぐ女性が増えたから「男性の方が料理を作らせたらうまい。なぜなら、味をよく知っているから」という言葉は通用しなくなったが、ひと昔前までは、そうだったのである。
しかし、この言葉には反論もあって、
「そりゃ、いい材料ばかり買ってくるんだもの」という女性側の言い分も、よく話題になったりしてたのだが…
そんなことを思いだしながら、
電子レンジでお湯を熱くして、
その間にしらたきをボールに入れ、
水洗いしてから塩を一握りいれて、キュッキュッと揉むの。
そして、適当に揉んだら、それをさっき沸かしたお湯に入れて再びチン(適当な分数)で

茹でたらそれを水洗いして、塩分を洗い流せば、臭いは消えて、下味もついて、いつでも食べられる状態に。
その出来上がったしらたきを深い器に移し、そこに冷蔵庫に中にある野菜(玉ねぎ、エリンギ、など余ったもの)を適当な大きさに切って入れ、
少し混ぜてから、ステイイクの本出汁をパラパラとまき、お醤油を少しと、めんつゆを適量入れ、オリーブ油を少しさして(これはテリをつけるため)チンして作ったのが、写真の料理(料理と言えるかどうかは知らないけれど)。

肉を入れなかったその理由は

うん美味しかったよ(笑い)
今回、肉を入れなかったのは、コンニャクは肉を固くするというのを昔、聞いたような記憶があったから。
しかし、僕の料理は、
例えそれが美味しかったとしても、二度と同じ味にならないのが欠点。
つまりレシピがないから、作る度に味が変わるのである。
でも僕は、料理とはそういうもので、その時の気分、体調などによって微妙に味が変わるから楽しいと思っているのである。

料理、はまると結構、楽しい。
無茶苦茶料理だけど、こういうコーナーがあってもいいよね。

-コラム, 思いつき料理
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

辞典なんだけど、随筆でもある、そんな欲張りな本ができたらいいなと、電子書籍って本当に素晴らしい

目次文章を書く時に一番欲しいのが、的確な言葉、表現がすぐに探せがられる辞典現代に生きている宗教用語辞典前書き「よし、これも電子書籍だな」「まめしば書房」 文章を書く時に一番欲しいのが、的確な言葉、表現 …

凄い食欲だね…だって今食べておかなければ食べられなくなるもの

目次食べるは生きること蚕は一生に4回、姿を変えるのだそうこの繭を茹で、糸をとり、布にしたのがシルクという布なのです。こういう写真で絵本、いいね… 食べるは生きること 「OH 凄い食欲だねぇ」 「だって …

止まっているカワセミは 撮り方テクニック気にしなくても簡単に撮れる

目次鳥の写真を撮るようになると、やっぱりカワセミにいっちゃうよね。 だって、キレイだもの。最初は、分からないから、鳥の動きに合わせて行動して大変だったけどしかし、そうは言っても、やっぱりカワセミ魅力を …

プレウロタリス・タランチュラ蘭なんだけど、ちょっと変わってて、葉っぱの裏で生息するの

目次プレウロタリス・タランチュラ 蘭の花ゆるいマスコットキャラクターとはところで、1980年代(昭和55年)とはどんな時代僕はこの頃は30歳位だったが、世の好景気を横目で見ながら、行く末に不安を感じな …

なんとなく生け花 

目次生け花、そんな感じ。「生け花と活け花の違いは何」では、華道と花道は…生け花 華道、これを見るの、僕はとても好きなの。禅とは何か 生け花、そんな感じ。 生け花、活け花… 花道、華道… いろんな呼び方 …

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます