コラム 写真エッセイ 思いつき 雑記

写真は心のビジュアル化 心に感じたことを形にする素晴らしさ

投稿日:

ただ写真を撮るのではなく、心で感じたことを形にすると、また別の愉しみが

散歩しながら毎日のように写真を撮っていると、今までは気づかなかったものが、見えるようになってきたりする。

例えばこの写真

来るなら来い

なんてことのない、植物の写真なのだが、私の心は、
「来るならこい」と、ファイテイングポーズをとっているように捉えたのである。

この写真に対して

「 来るなら来い」と、
ファイティングポーズをとっているよに見えるのだが…

そうか、心の中はそのように捉えていたのか

もしかしたらそれは 、
私の心の中の
隠しきれない感情…
 
確かに昔は喧嘩早かったけどね、
今は穏やかそのものだと思うけどねぇ。
 
でも、 なんとなく可愛いよねこのキャラ…
 
ポーズはとっているがこれじゃあ喧嘩勝てそうもないよねぇ。
 
こういう写真がたくさん集まるとまた面白いのができるんだけどね…
 
まあこうして遊んでれば何かできるよそのうちに、気楽に行こうよ…
 
ハハ、いいね。
あいつ、
色んな事やってたけど結局何もできないまま終わったねって言われそうだね…
こんなコメントをつけてフェイスブックに掲載しているのである。
 

面白いねこの写真、撮ってて、自分でもそう思った

この写真には、葉っぱの喧嘩

初めて見た。
すげー噛みついてる。
強烈
オー 痛そう。
 
これは絶対、黄色い葉っぱの勝ちだな。
 
だってもう顔が真っ赤で泣きそうだもの…
 
これ喧嘩の発端は何なんだろう。
 
綺麗なのはどっち? 
 
なんだそんなことか…
 
なんだとは何だ、
それが大切なのよ…
 
長い時間かけて化粧してきたんだから当たり前でしょ…
 
で あなたはどっちが綺麗と思うの。
 
エー 僕に聞いてんの、
そんなの言えねえよ…
 
自然って、本当に面白い。
 
発見そう 発見…

この写真から、写真絵本というヒントをもらった

 写真集絵本 
なんだか面白そう。
文書はそうだな、
パステルメルヘンがいいな。
 
子供ぽいのではなくて、大人のメルヘン
 
エッ どんなの、まだ分からない。
これから研究。課題がまたひとつ増えてしまった。
この写真はピエロ

私はピエロ、老いたピエロ

「 鳩が飛びたつ公園の 銀杏は手品師 老いたピエロ…」
なんとなくそんな歌が聞こえてきそうな雰囲気。
でもこの花は銀杏ではなくて、オンシジューム。
 そんな歌を連想するせいか、どことなく寂しさが漂っている。
ピエロ
「道化師」
王様が雇っていた「宮廷道化師」のこと。
clown「クラウン」というのだそうだが
王冠のクラウンとは発音が違うらしい。
一番格下のクラウンで、
馬鹿にされる役を受け持つのが、「ピエロ」なのだそう。
私にも、どうもそういうところがあって、余分なことを喋っては、ヒンシュクを買うことが。
「君は喋りすぎるんだよ」
娘に、そういって、説教されたことがある。
まさに、ピエロだな…
そう、老いたピエロ…

植物の中には、いろんな神や仏の姿が

なんの花だか、分からないけれど、
形の面白さに惹かれて。
 
私には、この絵
「不動明王」
の姿に見える。
 
物の見え方なんて、心の持ちようで、 いかようにも変化する。
 
この花を見てそう思ったということは
心の中にそういう仏心があったのかもしれない…
 
もしかして悟り…
 
そう、
 
悟りとは、
 
うーん
 
「 諦めましたよ どう諦めた 諦めきれぬと 諦めた」
という有名な都々逸がある。
悟りとは、そういうことではないだろうか…
このように、心で感じたことを記録していくと、面白いものが見えてくる。
写真って、本当に素晴らしい。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

-コラム, 写真エッセイ, 思いつき, 雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

トリコグロッチス 蘭 「私のことエンゼルランちゃんと呼んで」

目次この花勝手に「エンゼルランちゃん」と呼ぶことにしたのトリコグロッッチス一応調べてみた今、僕の興味は、花の中のサムシンエルスを見つけること この花勝手に「エンゼルランちゃん」と呼ぶことにしたの 「ウ …

面白いかたち、この花からまたいろんな思いでが…

目次まるで怪獣 でもなんとなく愛嬌があって人気ものロックンローラーニューオリンズ懐かしいねぇバーボンストリートミシシッピーリバーの恋人たち写真はまさにタオムマシーン 写真は欄 ドラクラ・ポリフェムス …

誘惑する薔薇

目次誘惑というタイトルはどうだろうか?妖しの雰囲気をもつ女性大人になると分かる、もう一つの世界の存在もしかして、こういうのを「恍惚の人」というのだろうか。 誘惑というタイトルはどうだろうか? なんとな …

熱帯の女王 ヘリコニア・ロストラータ 花言葉は「風変りな人」

部品の寄せ集めのカメラが僕のお気に入りなの
僕が散歩の時に使っているオリンパスのデジカメなんか、基本はオリンパスだけど、レンズの先っちょには、ジャンクショップで買ったヤシカの1,5倍のコンバータや、壊れたレンズから取り出した凸レンズをつけて撮っているの。

等々力渓谷で自然を満喫

目次ウッソー ここは大都会東京のど真ん中やで…不動明王 これこれ、これを撮りに来たのだ なんとお洒落、まるで京都の嵐山辺りにいる感じ。天然の渓谷そんな場所を求めて 今日は,久保雅督です。 「撮って書い …

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます