コラム 写真エッセイ 思いつき 雑記

大人の休日倶楽部を利用して旅行を愉しむ

投稿日:

とってもお得、そして便利な大人の休日倶楽部

「大人の休日倶楽部パス」を利用して、11月30日から12月3日まで、3泊4日で、秋田県、青森県の旅行を楽しんできた。

大人の休日倶楽部とは、

津軽鉄道ストーブ列車

「これからを楽しむ大人たちへ」というコンセプトで、
JR東日本が
「旅とライフスタイルの特別な提案」
として行っているもの。

会員になれば、
会員限定のいろいろなな特典やサービスがあって、

特典のケーススタディー

例えば、今回は、
東京─秋田を新幹線で行って、秋田で観光。

秋田の観光

秋田県立の「藤田鯛治」展と、
木造で、日本一美しい図書館、
秋田インターナショナルユニバーシティの図書館で、ここは、学生には24時間使えるシステムに。

きりたんぽ鍋には地酒「じょんがら」がよく似合う

ここを見学して、秋田駅前のホテルに宿泊。
夕食は、街に出て、飛び込みで居酒屋へ。
この店、人気の店のようで、きりたんぽ鍋、美味しかった。

五能線は日本海の景色が美しい

翌日「リゾート白神」(全席指定)
という特別列車に乗って、日本海の景観を楽みながら、鰺ヶ沢へ。

鰺ヶ沢灯台鰺ケ沢には、30万年前の海底から湧き出す化石温泉がある。
ここでくつろいで、夜は、幻の魚「いとう」のお造、アワビの蒸し焼きなどをいただき、翌朝、早朝に駅にゆき、ローカルの五能線で、小金沢駅の近くにある‘’日本一の大銀杏‘’の紅葉を見学。
早朝の岩木山 鰺ヶ沢駅ホームから
日本一大きい銀杏の木

五所川原駅まで帰り、
そこで津軽鉄道に乗り換え、
金木町の「斜陽館」
(作家 太宰治の生家)
を見て、弘前へ。

斜陽館

 

弘前には、太宰治が旧制弘前高校時代に行っていたという、
「土手の珈琲屋 万茶ン(まんちゃん)」に行き、レトロな雰囲気を味わい、青森駅駅前で宿泊。

青森港の姫りんご

食事は外に出て、駅前のお寿司屋さんで、海鮮丼とお酒を少々。
「じょんがら」という銘柄の超辛口のお酒を熱燗で。
海鮮にこのお酒、とってもいい。
そして最終日、版画の巨匠「棟方志功記念館」を見学。
とっても素晴らしい。
駅に出て、りんごを買い、市場で海鮮物を少し買って、新幹線で東京に。
宿泊代は除いて、これで1万5000円。

これが、「大人の休日倶楽部」のサービスで、ジパングと両方の会員になっていれば、山陽新幹線も含めて30パーセント引き(のぞみは使えない)ので、断然お得なサービスなのだ。

旅はいいねぇ…

 

 

-コラム, 写真エッセイ, 思いつき, 雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

いいね日本の文化 とっても落ち着く

目次こういう店、好きだなぁ三味線、いい音だねぇライブ、ウン、楽しかったよ。なんか、やる気が出てきたな   こういう店、好きだなぁ 昨日、カントリーのライブ、楽しかったんだけど、帰り、 友達が …

読書の秋

目次読書するのにいい空間、写真を見て、そのように思ったから、タイトルを「読書の秋」とこういう処で読む本はどんなのがいいかを考えてみた雰囲気を楽しむためには、小道具もいる。僕はボールペンにも拘っているの …

クロサンドラ つい日本語に置き換えて 黒なのになんで朱なんてとバカなことを考えてしまう私

目次洋花なのに、つい日本語に置き換えて、「黒なのになぜ朱い」と考えてしまうバカな私。クロサンドラとクロッサンドラ吉川英治氏は百科事典を50回読んだらしい「好奇心を満たす」これほど楽しい遊びはない。 ク …

冷気が紅葉をつくり、太陽が美しさを際立たせる、いいね紅葉、秋の風景

目次「山が燃える」美しいものを、美しいと感動して見られることの幸せ…子供の頃、先生の弾くオルガンで歌った懐かしい歌老いを楽しむというのも、なかなかいいことだなと、最近思うようになってきた。 「山が燃え …

自然は最高のアーチスト。欅の木の肌の模様が面白い。そこにはいろんな物語が

目次良寛さんいいね。最近は空手を習う女性が多いのだそう女を見くびったらアカンでよう用事を済ませて帰り道「振られっちまったぜ」ナンチャッテ クリムト濃厚接触とは?お風呂屋さん、入り口だけ、人との距離を2 …

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます