コラム 写真エッセイ 思いつき 雑記

大人の休日倶楽部を利用して旅行を愉しむ

投稿日:

とってもお得、そして便利な大人の休日倶楽部

「大人の休日倶楽部パス」を利用して、11月30日から12月3日まで、3泊4日で、秋田県、青森県の旅行を楽しんできた。

大人の休日倶楽部とは、

津軽鉄道ストーブ列車

「これからを楽しむ大人たちへ」というコンセプトで、
JR東日本が
「旅とライフスタイルの特別な提案」
として行っているもの。

会員になれば、
会員限定のいろいろなな特典やサービスがあって、

特典のケーススタディー

例えば、今回は、
東京─秋田を新幹線で行って、秋田で観光。

秋田の観光

秋田県立の「藤田鯛治」展と、
木造で、日本一美しい図書館、
秋田インターナショナルユニバーシティの図書館で、ここは、学生には24時間使えるシステムに。

きりたんぽ鍋には地酒「じょんがら」がよく似合う

ここを見学して、秋田駅前のホテルに宿泊。
夕食は、街に出て、飛び込みで居酒屋へ。
この店、人気の店のようで、きりたんぽ鍋、美味しかった。

五能線は日本海の景色が美しい

翌日「リゾート白神」(全席指定)
という特別列車に乗って、日本海の景観を楽みながら、鰺ヶ沢へ。

鰺ヶ沢灯台鰺ケ沢には、30万年前の海底から湧き出す化石温泉がある。
ここでくつろいで、夜は、幻の魚「いとう」のお造、アワビの蒸し焼きなどをいただき、翌朝、早朝に駅にゆき、ローカルの五能線で、小金沢駅の近くにある‘’日本一の大銀杏‘’の紅葉を見学。
早朝の岩木山 鰺ヶ沢駅ホームから
日本一大きい銀杏の木

五所川原駅まで帰り、
そこで津軽鉄道に乗り換え、
金木町の「斜陽館」
(作家 太宰治の生家)
を見て、弘前へ。

斜陽館

 

弘前には、太宰治が旧制弘前高校時代に行っていたという、
「土手の珈琲屋 万茶ン(まんちゃん)」に行き、レトロな雰囲気を味わい、青森駅駅前で宿泊。

青森港の姫りんご

食事は外に出て、駅前のお寿司屋さんで、海鮮丼とお酒を少々。
「じょんがら」という銘柄の超辛口のお酒を熱燗で。
海鮮にこのお酒、とってもいい。
そして最終日、版画の巨匠「棟方志功記念館」を見学。
とっても素晴らしい。
駅に出て、りんごを買い、市場で海鮮物を少し買って、新幹線で東京に。
宿泊代は除いて、これで1万5000円。

これが、「大人の休日倶楽部」のサービスで、ジパングと両方の会員になっていれば、山陽新幹線も含めて30パーセント引き(のぞみは使えない)ので、断然お得なサービスなのだ。

旅はいいねぇ…

 

 

-コラム, 写真エッセイ, 思いつき, 雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ヒシガタホウライシダ

目次やっぱり個性だよねそうか、個性か…子供の頃から、ちょっと考え方が変わっていたらしいつい先日も、そういう話で盛り上がったのだったいいも悪いも、そうして70年、今さら何を言ってもである。 やっぱり個性 …

写真は心のビジュアル化 心に感じたことを形にする素晴らしさ

目次ただ写真を撮るのではなく、心で感じたことを形にすると、また別の愉しみが来るなら来いそうか、心の中はそのように捉えていたのか面白いねこの写真、撮ってて、自分でもそう思ったこの写真から、写真絵本という …

ヒヨドリ、羽を広げると、本当に美しい

目次羽を広げた写真が見せたくて、再び登場願ったの それにしても、よく撮れたよね、こんなシーン、自分でも驚いているハハハ…それから連日公園に通って、何度も何度も失敗しながらやっと捉まえたのがこれ。僕は、 …

テーブルの上の片づけ、究極の方法、とにかく一旦、下に下ろして何にもなくするだった

最後はやっぱりエイヤー 時間がある時にゆっくりやろう
そんなこんなで、ちょこちょこやってると、時間ばかり浪費して、最後には大きな箱を持ってきて、そこに全部放り込むということになってしまうのだけど、これで、片づけとか整理とか言えるのかねぇ…
でも、見た目は綺麗だよ…
だめだこりゃ、僕には、片づける才能がない。
やっぱり、掃除屋さん頼むしかないかもね…
でも、細かいところは自分でやるしかないしねぇ、
結論、見た目はキレイなったけど、中身はグチャグチャ、
これってまるで僕の人生そのものだなハハハ…

トリコグロッチス 蘭 「私のことエンゼルランちゃんと呼んで」

目次この花勝手に「エンゼルランちゃん」と呼ぶことにしたのトリコグロッッチス一応調べてみた今、僕の興味は、花の中のサムシンエルスを見つけること この花勝手に「エンゼルランちゃん」と呼ぶことにしたの 「ウ …

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます