コラム 写真エッセイ 思いつき 花ものがたり 雑記

クリオネが流氷の天使なら、この花は森の妖精だ。

投稿日:2020年4月7日 更新日:

クリオネが流氷の天使なら、
この蘭は、森の妖精…
この花を見た瞬間、そう思ったので、そういう雰囲気を狙って撮ったのだが、どうだろうか…

透きとおった羽に、ちょっと肩をすぼめたポーズがなんとも可愛い。

いつの間にか、こんな会話をして楽しんでいた

なんという名前の花なのかわ分からないが、
「オレ 君のこと気に入った」
「エッ私に言ってんの…」
「そう」
「マァ 嬉しい」
そういって、ちょこっとハニカミながら肩をすぼめた、その瞬間の写真。

花もやっぱり、人の感想を気にするのだろうか…

「この写真を見た人、可愛いと言ってくれるかなぁ」
「きっと言ってくれるよ」
「…」
「じゃあね、また会えるといいね」
「バーイ」

アルストロメリア
この花も可愛い

アルストロメリア・ミディピンク
アンデス山脈の寒冷地に自生するらしい。

この花も、なんとなく可愛い。
可愛い花を見ると、つい撮っちゃうよね。
            

日銭稼ぎの仕事も、契約更改というのがあって、それができてないと、働けないのだ

昨日は、契約更改日。
これがキチンとされてないと働くことはできないので、印鑑を持って鷺ノ宮の会社に。

そうしたら、
ボールペン(ちょっとお洒落な)と、金一封を。

高齢になっても働けるところがあるというの、本当に有難い

70歳を超えて働けるところがあるということと、
80歳を超えても、健康で働く気があれば、どうぞということになったので、気持がとても楽になっているのに、
その上で、
「コロナに対して栄養でバリケードを」ということでの寸志、有り難いよね…感謝!

お茶とアン、そして、豚汁とお赤飯の定食が素敵なお店

帰り、バスで阿佐ヶ谷に出て、素敵なカフェで、
お赤飯と豚汁のご飯をいただき、
食後、手製の桜餅を香りのいい煎茶で頂いてから
バスで笹塚に出て、お風呂に入って帰った。のだが、

東京に居ると、同郷の人というだけで、親しみを感じる

この喫茶店のママさん、
岡山出身で、同郷の人。
スッカリ意気投合して、お気に入りのお店に…

チェーン店の無機質なお店が多くなっている昨今
心のふれあいが感じられるこういう店(お魅せ)って、いいよね…

だって、乗り物を乗り継いでも、そのお店に行こうという気になるのだから…

おもてなしは言葉ではない。心だよ

心、
そう、心だよね持て成しは…
心のない、
「言葉だけのオモテナシ」程つまらないものはない。
歳をとると、特にそれを感じるのである。

-コラム, 写真エッセイ, 思いつき, 花ものがたり, 雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

八重咲ピカケ

目次綺麗な花だねえ、まさに美形。神秘的で美しい白いこの花、八重咲ピカケというのだそう。しかし植物って、本当に不思議だよね、四季折々、時期がくれば、キッチリと花を咲かせてくる。嬉しい時、悲しい時、おめで …

プルメリア

目次愛を伝える花プリメリアいろんな思いでが一気に蘇ってきたいろんな思いでがあるけれど…頑丈そうに見えたけどねぇ 愛を伝える花プリメリア プリメリア ハワイでは、満月の夜明けに集めたこの花でレイを作り、 …

スイレン、この花を見ると、今まさに宇宙と交信しているところ、そんな風に見えるのは僕だけ

目次これ程、整ったスイレンは、珍しいと思う。 スイレンと言えば、モネだけど、あの絵、そんなにいいのかねぇ… 睡蓮、これまでに随分撮ってきたからもういいよ… そう思いながらも、 見事に咲いて、しかも姿、 …

ダリアまるで太陽の化身…

目次あまりにもシンプルであまりにも美しいから、画面にどう収めるのか、処理の仕方に困ってしまったその姿は沙漠でみた太陽の姿だったワッ宝石が浮かんでいる自著の沙漠の木「一粒の砂の中に一つの世界を、そして一 …

そうか、もうポインセチアの季節なんだ

目次ところで、クリスマスというと、なぜポンセチアなのところで、なんで日本でクリスマス…という疑問があったので、それもついでに一般にクリスマスを広めたのは明治屋クリスマスにケーキの習慣をつくったのは不二 …

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます