コラム フォトエッセイ 写真エッセイ 雑記

サボテンの花って可愛いよね、長刺白珠丸という名前なんだけど、名前と花とのイメージが合わない

投稿日:

「長刺白珠丸」と書いて 「ちょうしはくじゅまる」と読むのだそう。

これは、サボテンだよねぇ。でも、多肉植物とも。
「サボテン」「多肉植物」
言い方がちがうということは、やっぱり理由があるんだよねぇ。
そう思ったので、調べてみた。
やっぱり、疑問に思ったことは、その場で解決しなければねえ。
便利だよね、タブレット、オやっと思ったら、打つか、喋るかすればいいんだものねぇ…

「サボテンと多肉植物、何が違うの」

オッ 出てきた
サボテンとは、サボテン科に属している多肉植物の総称で、乾燥地帯に生育しており、乾燥から身を守るために、葉はトゲ状に、茎は多肉質へと変化した」のだそう。

葉がトゲになったのは、極力、表面積を減らし、昼夜の気温差でできる露を、葉に貯めないで、根に直接落とすため。

多肉植物とは、葉、茎、根の部分にある「柔組織」という水を貯める組織が、大きく発達した植物の総称で、サボテンは、多肉植物の一種だが、多肉植物=サボテンではないらしい。
さらに言うと、サボテンは主に南北アメリカの乾燥地に生息し、多肉植物はアフリカに生息しているらしい。
なる程、簡単に言えば、水を貯める組織の違いと、生息地のちがいということだよね…
そういうことから判断すると、「長刺白珠丸」は、サボテンのようである。

この姿、まるで「ヒゲアザラシ」の群れ

このサボテンが寄り添っている姿は、まるで「ヒゲアザラシ」が群れをなしているよう。
うん、可愛いといえば、可愛いよね、ピンクのリボン(花)なんかつけちゃったりしてサー

群れをなすのも生きるため

このように、群れをなす(一か所に固まる)のも、水を貯める手段としては有効だよね、そうか、集団で生きるということは、そういうことなのか。

それにしても、「生きる」ということは、それ程凄いことなんだ。

そうか、やっぱり、のんべんだらり としていたのでは、生きてはいけないよね…
今回は、サボテンさんから、得難い教訓をいただいた。
それにしても、ピンクの小さな花、可愛いね…
そりゃ、花でも咲かさなければ、耐えられないよね、過酷の中で生きているんだもの… 

-コラム, フォトエッセイ, 写真エッセイ, 雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

アラ、ここでもラブシーン 

目次これこそまさに濃厚接触なのでは…街中で、人間がこんなことをしていたら、なんとか警察、怒るのかなぁマスク忘れて、何度とりに帰ったことかなんだか今日は、心の鬱憤を吐き出す、そんな話になってしまった。 …

日記といいながら、なかなか更新できない。でもフェイスブックに書いているから

目次フェイスブックはブログを書くためのメモ そう思うと気持ちが楽になる睡蓮はキレイだけど、形が整っているのは案外少ない宇宙との交信の図旅行で体験した信じがたいシンクロニシティーラインというアプリ とて …

椿の実を見て、連想された思いで

目次ヘー 自然は天才芸術家あるがままにがいいね思い出された子供の頃の行事お袋の祭り寿司最高だった 今日は久保雅督です。 「撮って書いてワヤで笑える人生日記」 にお越しいただきありがとうございます。 今 …

ラクウショウ 呼吸根というけれど、葉っぱじゃなくて、なぜ根なの

目次ラクウショウ(落羽松)という植物の呼吸根なの。写真はその呼吸根。つまり、生きるための工夫らしい。円空仏とは  円空は生涯で12万本以上の仏像を彫ったと言われてといる。 これはねぇ、マニアックな世界 …

なんとも情けない顔、大丈夫?と思わず声をかけてしまった

目次なんだよ、その情けない顔…ああ、長い休みが終わって、今日から仕事。 なんだよ、その情けない顔… 「飛ぶならサッと行かなきゃ、みんな見てるよ」 「だって、こんな高いところから飛べないよ」 「しかし、 …

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます