コラム フォトエッセイ 写真エッセイ 雑記

ザ・ミュージカル そんな感じ

投稿日:

歌って踊って楽しそう

ハハ、なんとも楽しそうだね、歌って踊って…
「スティノグロティス・ロンギフォリオ」という名の蘭
「僕らはみんな生きている 生きているから歌うんだ…」
いつ覚えたのか、記憶にないのだけれど、つい、口ずさんでしまった…
歌っていいよね、踊りっていいよね、リズムっていいよね…
写真にも絵にも、文章にも、リズムというのがあって、それが大切というのを気づかせてくれたのは、「パピエコレ」(紙を切る)という切り絵作家の小林由美子さんだった。

小林由美子さんという人

小林由美子さんは、友禅の染型を切るアルバイトをしていて、
「切った染型を少しずらして重ねれば、立体的な切り絵が作れる」というのを発見して、
「パピエコレ」という切り絵(普通、切り絵というと影絵なのだけれど、小林さんの切り絵は、紙を重ね合わせるから立体的で陽画なのである)切り開いた女性

その方法で作った切り絵がなんと、フランスのサロンデボザール展でグランプリに。
その彼女に対して美術評論家の植村鷹千代氏がいった
「スターは、高い階段から姿を現す」というのが、忘れ得ぬ言葉として脳裏に焼き付いているのだ。

リズムは見る人の心を惹きつけるのである

彼女の創る絵は、どれも、リズム感が溢れている。
それもそのはず、小林さんは、子供の頃から
バイオリニストの小野アンナ氏について、バイオリニストを目指していたのだから。
しかし、芸大の受験に失敗して、その道を諦めて出会ったのが、自分で開発した陽画の切り絵だったのだから…
その小林さんと知り合ったおかげで、作品づくりには“リズム”が重要なんだということを教えられたのだった。
この花を見ていたら、なぜか、小林さんとの思いでがよみがえってきたのだった。
そう、小林さんが、フランス(サンターンヌギャラリー)で個展した時、なぜか、マネージャーということで、僕がついていったりしたからね…
しかし、残念ながら、小林さんはもういないのである。

★  ★  ★
今日は久しぶりの休日
(連続で休んでないだけで木曜日に一回休んでいるのだけれど、5日間働くと、一週間が実に長い(笑い)
だけど、9日に消防署の立ち入り検査があるので、今日は部屋を掃除してキレイにしなければならないのだ。
洗濯、掃除…いろいろやっかいだね、独り身は…
しかしまあ、考えれば、それもまた楽しだよね…ゆっくりやろう、休日なのだから…

-コラム, フォトエッセイ, 写真エッセイ, 雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

何をどう撮る 肉眼では見えない世界を創りだす魅力 

目次今そこに人がいたんだよ、そういう気配が感じられる雰囲気、アトモスフィアが大事なんだインスタグラムにアップした記事に寄せられたコメントに感激「フォトジャーナリストへの道」を読み返して人物を入れないで …

蝶々

目次蝶々のこの脚の逞しさ脚、大事だよね…空手の達人から習った脚のトレーニング法ポンと出してグイと引く、トレーニング(リハビリ)やっぱり大事だよね、 蝶々のこの脚の逞しさ 飛んでいる蝶々、ヒラヒラと舞う …

壊れたバックをリメイクして楽しむ

目次ケチから生まれたバックのリメイクという愉しみメモ帳 本のカバー いい革があればなんでも作れる女性の眼をひいたオリジナルバックさすが職人素人では及ばない技バック屋の主人も仰天した素人発想「腐っても鯛 …

常盤御前と勝手に命名、だって、そういう印象なんだもの、この花

目次常盤御前は時代を代表する美女だった皮肉なことに、後に平家は、これによって滅ぼされるのである祇園精舎の鐘の声、平家物語、なんかいいよね沙羅双樹の花は、やっぱり、白い一重の夏椿の方が相応しい。そんな気 …

櫻という字を分析すれば二階(貝)の女が気(木)にかかる

目次さくら、サクラ、桜、櫻…さくらは、天女が大勢集まって春を楽しんでいる情景… 「 諦めましたよ どう諦めた 諦めきれぬと 諦めた」 さくら、サクラ、桜、櫻… 旧字体の「櫻」に貝の字がついているのは、 …

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます