コラム 写真エッセイ 思いつき 花ものがたり 雑記

スイレン、この花を見ると、今まさに宇宙と交信しているところ、そんな風に見えるのは僕だけ

投稿日:2020年4月5日 更新日:

睡蓮、これまでに随分撮ってきたからもういいよ…

そう思いながらも、
見事に咲いて、しかも姿、形がいいと、やっぱり撮っちゃうよね。

これ程、整ったスイレンは、珍しいと思う。

スイレン 漢字で書くと
睡る蓮(睡蓮)

なぜ睡る
そう思って調べてみると

日中
花を咲かせ、夜になると閉じるという行動を、約3日間繰り返すのだそうなのだが、
昼に咲いて夜になると睡る花
(睡っているように見える花で葉っぱが蓮ににている)
ということで睡蓮となったのだそう。

ついでに言うと、この花は「羊草」とも呼ばれている、

命名したのは、植物学者の牧野富太郎博士。
午後2時 羊の刻に花をさかせるということで、羊草と名付けたのだそう。

スイレンと言えば、モネだけど、あの絵、そんなにいいのかねぇ…

僕には、その良さがわからないのだけれど、やっぱり、絵を見る目がないのかね…

ただ、この花、見る度に思うのは
「宇宙と交信している真っ最中」というイメージ。

なぜと言われても困るけど、僕には、そのように見えるのである。

僕たちは地球外生物のことを、宇宙人と「人」をつけて呼ぶから、つい「人の形」

を想像する。が、
地球外生物は実際には、花や木や自然の中に溶け込んでいて、地球、特に人間に関する情報
「言語や生活、文化を収集している」
と考えれば、花が宇宙人ということもあり得る。

青いパラボーラアンテナをパット開いて、真ん中の花芯が黄色く光り輝いているこの花を見ると、
「今、宇宙と交信している最中なんだな」とつい思ってしまうのである。
別の言い方をすれば、それ程、神秘的ということなんだけどね…

美しいとか、綺麗というだけではなくて、そういう花の見方があってもいいと思うんhだけど、どうだろうか。

でも、こんなことを書くと
「あいつ、とうとういかれてしまった」と思われるかもしれないね(笑い)

 

-コラム, 写真エッセイ, 思いつき, 花ものがたり, 雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

生きることは食べること。本物の食品を食べてこそ、健康は保たれる

目次食べるとは、自然の恵みをいただくということうまいことできているよね、人間の身体 科学の発達は、生態系のメカニズムを狂わしてしまった コロナ騒動の原因の根本は、化学食品? 人が活動を控えると、自然は …

背中が超かゆい!クリームを塗りたいけど届かない時の対処法!

目次汗ビッショリ、背中が痒い、ひとり暮らし、痒み止のローションをいかにして塗るかいくら知り会いでも、背中にローション塗ってと、頼むわけにはいかない今回は、なんとかなったが、毎回だと大変関節が硬くなって …

西施(古代中国の四大美女の一人)をイメージして撮ったんだけど…

目次想像の元は、芭蕉の 象潟や雨に西施がねぶの花ところでネムはなぜ合歓?「合歓」が用いられた、その理由は 想像の元は、芭蕉の 象潟や雨に西施がねぶの花 西施は中国四大美女のひとり。 持病のため眉をひそ …

自然は偉大なアーチスト

目次酔狂、まさにそんな感じ。実はこれ、木の肌なの。意識をすると、その瞬間にすべてが崩れる 酔狂、まさにそんな感じ。 正月はいいねぇ、朝からこうして飲んでられるんだから… やっぱり酒 ハハハ、いいねぇ… …

四十雀と書いてシジュウガラ 知らなきゃ読めないよね

目次シジュウガラ僕の現役の頃は、すべて単焦点、マニュアルフォーカスの撮影だった軟式テニスは、前衛のネット際のプレイを狙う。なぜなら、それが、絵になるから…小鳥の撮影は、葉っぱの落ちた今がねらい目。シジ …

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます