コラム フォトエッセイ 人物紹介 写真エッセイ 思いつき

自然は最高のアーチスト。欅の木の肌の模様が面白い。そこにはいろんな物語が

投稿日:2020年5月8日 更新日:

霞立つ
長き春日を子供らと
手毬つきつつ
今日も暮らしつ

好きだな良寛さん。
欲もなく、怒りもなく、おおらかに、子供らと遊ぶ良寛さん。

良寛さんいいね。

生まれは新潟だが岡山と縁が深い。
できることなら僕も、せめて晩年くらいは良寛さんのように暮らしたい
─と思っているのだが…

いまはまぁ
生きるために日銭稼ぎをしながら、ノンビリやっているけれど、将来のことを考えると、自分なりに考えている計画を少し早めないと─と、コロナの影響で思い始めたのである。
そう、
コロナがいったい、いつ終わるのかは判らないけれど、終息しても、パラダイムの変換が余儀なくされるのは確実。
戦前、戦後という言葉があるが、
コロナ前、コロナ後という言葉が生れるくらい、社会は変わっているかもしれないから、ちょっと急がなければと、ここに来て、急遽、思い始めたのである。
コロナ下で迎えた71歳の誕生日、後、4、5年は、元気で楽しく生きたいから…

 

最近は空手を習う女性が多いのだそう

女を見くびったらアカンでよう

「お嬢さん、この辺は、ひとり歩きじゃ危ないよ、私が送りましょう」 「いえ、ありがとうございます。私は1人で大丈夫ですから」 「そう、それじゃ、気をつけてね」

用事を済ませて帰り道

男が木にうずくまってうなっている。
「どうしたの」と声をかけると
「さっき、いい女が通ったので、チョッカイだしたら、つぇーの何のって、アットいう間に投げられて、バシっと一発。気がつくとこの様よ、人はみかけによらないねぇ」

「そりゃぁ、おメエが悪い。そこで、暫く反省しとくんだな」

ああいう奴は許しちゃイカン、絶対に

最近、女性たちに空手が人気なのだとか。
ダイエットと護身、両方にいいからね。

「振られっちまったぜ」

そんなんで、いらつくなよ。
そのうち、また、いいのが出て来るよ。

いいや、俺が好きなのは彼女なんだよ。

だってオマエ、振られたんだろう。

そうだけどサー

だったら諦めろよ 「…」
なんだよオマエだらしねえなぁ、
だから触られるんだよ…

そんな会話が聞こえてきそう。

天気が良かったので、カメラを持って散歩。
自然って、ほんとうに楽しいね。
だって、こんな絵、なかなか描けないもの…

ナンチャッテ クリムト

連想したのは「接吻」という絵なのだけれど…

イヤ 君とはちょと。

そう、そう、
今は、濃厚接触はお上のお達しで、避けなければいけないから。

そう、時代劇で出てくる
「下」
と書いた封書に書かれたお達し。

エッ 知らないの。
そうだよね、
君たちには関係ないものね。

濃厚接触とは?

最初、「濃厚接触」という言葉を聞いた時には、
「70歳の高齢者に誰がそんなものしてくれるか」
と思った。が、それは大きな勘違いだった。

でも誰がこんな言葉作ったんだろうね。
言葉のイメージからすると、どう見ても、僕の方が正しいよね。
3密も、なんか意味深だよね。
オリンピックがあるから、感染者数は秘密にしよう。
マスクはどこが作ったか、言わないことにしよう。
どうしてマスク2枚、郵送で配ることに拘るのか、その理由は言わないようにしようということかと思ったら、密集しない。密閉しない、もう1つなんだったっけ。おっ、そうそう
密席だった。

 

そう言えば、昨日、オープンと同時にお風呂屋のノレンをくぐろうと思ったら
店主が
「前のお客様との距離は2メートル開けて入場してください。そういう決まりになっているので」
と、入り口で説明していた。

お風呂屋さん、入り口だけ、人との距離を2メートル 何か意味あるの

やっていることが、なんかダサくて今一 ピントこないしスッキリしない。
と言いながら、こちらにいい知恵があるわけじゃないから、黙って従うしかないんだけどね…
鬱陶しいね本当に…

 

 

 

-コラム, フォトエッセイ, 人物紹介, 写真エッセイ, 思いつき

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

イベントに参加、撮った写真を一枚の写真にまとめて見せる

目次久しぶりのカメラマン 緊張してしまったフリマの会場は、国の有形登録文化財 部屋の環境を活かして撮れるスタジオとして、画廊として人気のアトリエなのです今から30年前に、このアトリエの存在を知り、 探 …

辞典なんだけど、随筆でもある、そんな欲張りな本ができたらいいなと、電子書籍って本当に素晴らしい

目次文章を書く時に一番欲しいのが、的確な言葉、表現がすぐに探せがられる辞典現代に生きている宗教用語辞典前書き「よし、これも電子書籍だな」「まめしば書房」 文章を書く時に一番欲しいのが、的確な言葉、表現 …

曼珠沙華

目次「困った時の金赤頼み」なんとなく妖しくて、なんとも不思議な花だよね曼珠沙華と言えば、巾着田なのだがこの花を見ると、「嗚呼今年も」とつい思ってしまう 「困った時の金赤頼み」 確か、そんな言葉があった …

美味しい蕎麦と美味しい酒、そしてレンゲショウマ

目次毎年の楽しみなのに今年は断念(残念) 新宿から約2時間(?)山間の茅葺屋根の古民家の座敷でいただく、酒と蕎麦ウーン、座敷いいねぇ古里から御嶽へ。数歩歩いては立ち止まり…日頃の運動不足が悔やまれる …

いつまで見ていても飽きることがない水の流れ、川のある風景、好きだな

目次ゆく河の流れは絶えずして…「遠くにきたな」と、つくづく感じる。ついに、親父の人生の二倍を生きることになるお父ちゃん、早く死んでてよかったのかもねやっぱり、現実が正解なんだよね ゆく河の流れは絶えず …

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます