カメラ コラム フォトエッセイ 写真エッセイ 思いつき 本の紹介 雑記

電子書籍写真集。いいね、撮ったらやっぱり本だよね。

投稿日:

3冊目の電子書籍写真集
「そら 空 宇宙」
(感じる心を育むために)
がアマゾンで販売された。

電子書籍も本なので、グーグルの検索窓に僕の名前「 久保雅督」を打ち込むと、booklog.com

というところで、紙の本や写真集も含めて、8冊が紹介されている。

Googleの検索窓口に自分の名前を打ち込むと、自分の本が出てくる、いいね。

この他、キャノンのフォトプレッソ
(ブックスタイルのアルバム)
も出しているが、こちらは本とはならないらしい。
(グーグルで検索するとフォトアルバムとしては出てくるけれど)

ちなみに、フォトアルバムでつくった、僕の故郷
岡山県都窪郡吉備町庭瀬(現 岡山市北区庭瀬)
のフォトエッセイ
「ノスタルジックジャーニー」
は、累計で、4000回、閲覧されている。

ただ、このアルバムは、単行本と同じスタイルで作れ、一冊からでも印刷できるので好きなのだが、一冊の単価が高くなるし、
やっぱり、一回刷ってみないと出来上がりが分からないので、満足できるまでには、ちょっとお金がかかるのが難点なんだけれどね。
それでも、この位の本を出そうとすると、100万円以上はかかるので、それを考えれば、一冊数千円は安いとおもわなければね。

電子書籍 中々いいよね。写真はキレイに見えるし。

数年前に
「セルフパブリッシングの時代」
という本を読んで以来、電子書籍を意識していた。が、
自分ではなかなか出来ず、人の手を借りての出版なのだが、
紙の本も版元をつけなければ流通できないのだから、理屈は一緒。

しかも電子書籍は、世界に向けて発信するので、考えただけで楽しくなってくる。
慣れてくると、英語版も出さなければね。

本っていいよね、本当に…
年内に後、数冊出す予定だが、
その中には1つ、凄い企画があって、本当はそれを急がなければならないのだが、集中する時間がなかなか取れなくて…

5月の連休あたりにはとは考えていたのだが…

 

本作りほど楽しい遊びはない

これまで、いろんな遊びをしてきたけれど、
僕にとって、本作りほど、素敵な遊びはない。と、心の中では思っているのだ。
だって、自分が、ウンと思ったものが、形となり、しかもそれが、商品となって売りだされるんだものね。
「そら 空 宇宙」
「写真集般若心経」
「お米の花の神秘」
よかったら見て下さい。
それにしても、凄い時代になったよね。
写真集はなかなか売れないし、印刷にお金をかけなければいい本にならないから、凄くハードルが高かったんだけれど、今は、サッと撮ってサッとだせる。いいよねぇ。

-カメラ, コラム, フォトエッセイ, 写真エッセイ, 思いつき, 本の紹介, 雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

緋ねむは、いわゆる日本のねむ(ねぶ)ではない…

目次ネムと緋ネム芭蕉が詠んだねぶの花西施は中国古代の四美人の一人ネム、漢字で書くとなぜ合歓 合歓(ネム)に似ているが、緋ネムはネムではないらしい。 ネムと緋ネム 見た瞬間、「アッ ネムか」 そう思って …

東寺(京都)で見た堂本印象の描いた襖絵、凄い。芸術とはを教えられたそんな気がした

目次「写真を撮る上において、考えなければいけない三要素、それは、なぜ撮る、何を撮る、いかに撮るということ」昔の絵師は、襖絵を軽視していた襖絵で記憶に残っているのは、京都、東寺の堂本印象が描いた部屋の襖 …

カメの飼い方を調べている人が多い、人なつこくて、学習能力があって可愛いと

目次カメさん とても臆病ですぐに甲羅の中に閉じこもってしまうけどカメといってすぐ脳裏に浮ぶのは、童話「うさぎとカメ」の物語視点が違えば結果も変わる 昨日は久しぶりのインタビュー取材。 カメさん とても …

冬の花 山茶花 お菓子を見ているみたい

目次冬の花 さざんか、美しいね、まるでお菓子をみているみたいこの花を見ると、つい思いだすのが、「さざんかの宿」という歌。小学校1.2年の孫が、どうしてこんな言葉を写真のこの花は、住まいの近くの小さな公 …

地湧金蓮、チユウキンレン バショウ科の花らしい

目次チユウキンレン 漢字で書くと、地湧金蓮 なんとなく、厳な花に見えるのだけれど…DNAって、先祖の思想も受け継ぐのかしら…すごいねGoogleの情報、爺さん、死んでから100年以上も昔の人なのに、出 …

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます