写真エッセイ 思いつき 雑記

同じ葉っぱでも、枯れ葉と見るか、黄金の葉っぱと見るかによってその価値観は変わってくる

投稿日:2020年9月2日 更新日:

「Autumn Leaves」

「枯葉」と言ってすぐ思い出すのは、
キャノンボール・アダレイの「Autumn Leaves」

マイルス デイビスのジャズがいい。
夏の終わり頃、暑さの中に秋の風を感じるようになると、いつ頃からか、

「熱いコーヒーの似合う季節になった。窓から外の見える喫茶店のイスに座って、ボンヤリと外を眺めていたい、そう、小さな音でマイルス・デイビスの枯葉を聞きながら」というフレーズが、頭の中に浮かんできて、毎年、それをノートに書きとめているのである。

ちょっとセンチで、なんとなく虚しさを感じる、僕の病気…

寂しいけど、この雰囲気が、とても好きなのである。
ちょっと移ろった気分というのも、悪くはないよね…

金色に輝く、この、葉っぱの写真を見て、そんなことが頭に浮かんできた。

ォー こういう見せ方もあるのか…

枯葉にも風情があるが、
昔、ヨーロッパのブティックのショウウインドウで見た
黄金の葉っぱ(多分金色のスプレーで色づけしたもの)を見た時は、
「ああ、こういうインテリアもあるんだ」と偉く感心したのを思い出した。
見方、見せ方…
ショウウインドーを見ていると、本当に楽しい。
そういうのを沢山見ることによって、感性というのが磨かれていくんだろうね、きっと…

自分の内なる世界にいる、もう一人の自分の声を聴くというのだろうか…

美術館で絵を見るのも楽しいが、
外の見える喫茶店の窓から、道行く人を眺めたり、ショウウインドーを見たりするのも、僕はとても好きなのである。

心の一部に、女性を持っているのかもしれないね(笑い)…

これからの季節は、そういう雰囲気が楽しめるので好きなのである。
そう、ちょっとだけブルーな気持ちのなかで、そういう楽しみ方をするのが、ここ数年の僕のパターンなのである。

ああ、今日もまた、とりとめのない記事になってしまった。
まあ、心の中をこうして晒すのも悪くはないよね…

 

-写真エッセイ, 思いつき, 雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

クリオネが流氷の天使なら、この花は森の妖精だ。

目次いつの間にか、こんな会話をして楽しんでいた花もやっぱり、人の感想を気にするのだろうか…アルストロメリア・ミディピンク アンデス山脈の寒冷地に自生するらしい。日銭稼ぎの仕事も、契約更改というのがあっ …

ぼくのアロマセラピーハッカが喉を刺激する感触と香りの清涼感で最高のリフレッシュを味わう

目次香り アロマセラピー そんなの気持ちの問題よ。そう思っていたのだが、気持ち、とっても大事だった年をとると、思考も似合うものも変わってくるんだね自分のスタイルというのができると、それが自信につばがっ …

高齢者が願う心の充実、その妙薬は

目次心 内なる世界の充実について 思わぬところから原稿の束が、これは、形にしろというサインか?よし、電子書籍にしようなんたって、今は電子書籍。高齢になると、見えなかったものが見えきた(そんなような気が …

スパティーフィラム 神秘的な花だなと思ったら、名前がやっぱり仏炎苞

目次花の名前を書くのは、正直言って勇気がいる白い部分は花ではなく、花は真ん中のブツブツの棒のようなところらしいこの花を見た瞬間、白が命と感じ、それを撮ったこの花にはやっぱり神秘がよく似合う知的欲求はい …

紫陽花は梅雨時の花 雨がよく似合う 開花時期は6月から7月

目次アジサイ、なぜ紫の陽の花 もともと日本には「あづさヰ」(あづさい)という言葉があって、それが変化して「あじさいになった」という説も。日本で、あじさいを「紫陽花」と表記するようになったのは、平安時代 …

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます