コラム 写真エッセイ 思いつき 雑記

黄色い花は洋花なんだけど、花の雰囲気から、日本の着物文化を連想、いいね、着物

投稿日:

花はいろんなことを連想させてくれる

花の名前は分からない。が、日本の花ではない。
この淡い感じと透けた感じは、日本の夏の着物、絽袷(ろあわせ)とか紗袷(しゃあわせ)を連想させる。

これは僕の思いだが、
こういう着物は若い人では着こなせない。

そう、ある程度年齢(人生経験を積んだ)のいった、しかも、着物を着る体になっている人でなければ着こなせない。そんな粋な着物である。

僕の知り合いの女性に、粋に着物を着こなす女性がいる。が、その姿に、なんとなく迫力、そんな雰囲気を感じていた。

凄いね、日本の文化、
四季折々をうまく表現して楽しむ風流は、世界で自慢できる文化だと、僕は思っているのである。

黄色い、この洋花を見て、そんなことをフッと思ったのだった。

夏と言えば浴衣

夏の夕暮れ、涼を求めて表に出る浴衣姿の女性には、とりわけ日本女性の風情、色香がある。

白い木綿に藍染め、
例えば、朝顔や桔梗、撫子などをあしらったものがいい。

そう、木綿の白地に本染め(藍染)で日本の花をあしらった浴衣に、洒落た博多の夏帯をして、素足に下駄履きという姿には、優美と怠惰な雰囲気の入り混じった妖艶な空気感があって、日本女性の魅力を一層漂わせているように、僕は感じるのである。

ところが、最近の若い女性の着る浴衣。

ちょっと、飛びすぎ、そんな気がする。

秘すれば花 ウーンなる程

世阿弥の「風姿花伝」の中に「秘すれば花」という言葉がある。

芯の強さ、性格の良さ、知識を持っていても、それを表に出さないで、秘めて隠す姿こそが花(華)と解釈すると、

「時代が変わっているのだから、洋服の流行のように、ゆかたも変化していい」
というのは、納得できないというか…なのである。

やっぱり、時代は変わっても、日本の伝統とか、文化は守っていきたいよね

黒田清輝や独特のタッチで女性をとらえた竹久夢二、伊藤深水など、浴衣姿の女性を描いている画はたくんまる。が、どの画にも共通しているのは、匂いたつような女性の色香であり、奥ゆかしさである。

女性の浴衣姿には、やはりそういうものを求めたいと、思うのである。

 

-コラム, 写真エッセイ, 思いつき, 雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

つわぶき これを、つわの花と言い換えると、格調が上がって初冬という季語になるのである

目次なんてことはない花なんだけど、色で撮らされたというか…日本語って、本当に奥が深い。一人身は、何をやっても遊びの世界、とっても楽しい。 なんてことはない花なんだけど、色で撮らされたというか… つわぶ …

地湧金蓮、チユウキンレン バショウ科の花らしい

目次チユウキンレン 漢字で書くと、地湧金蓮 なんとなく、厳な花に見えるのだけれど…DNAって、先祖の思想も受け継ぐのかしら…すごいねGoogleの情報、爺さん、死んでから100年以上も昔の人なのに、出 …

ゴーヤとアンチョビ 相性がいい。創作という名のデタラメ料理 美味しければいいんだよね

なんでもないハチャメチャ料理だけど、温かいご飯にはもちろん、酒のつまみとしてもいいよ。

基本は、ゴーヤとアンチョビの簡単料理。
これさえ覚えておけば大丈夫だから、是非やってみてくだい。
お勧めです(笑い)。

写真で絵本を作ってみようと思ってね、絵本、なんとなく楽しいじゃない

目次アクシデントで予定変更、中途半端な時間つぶしの遊びとしてやってみたの今は自分で作った本が世界のマーケットで売れる時代だからやっぱり純正でなければいけないのかねぇ アクシデントで予定変更、中途半端な …

ノックアウトというのだそう。

目次ノックアウトというのだそう。酔った勢いで、フラフラと…ノックアウト熟睡、いいねぇ…習慣って、面白いね…輪廻転生について、思ったこと ノックアウトというのだそう。 なんか、強いカクテルを飲んでいる、 …

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます