コラム フォトエッセイ 人物紹介 写真エッセイ 思いつき 本の紹介 雑記

ツンベルギア・マイソレンシス

投稿日:

なんとなくメルヘン

この花、つる系で、上から下に幾つもの花が連なって咲いているんだけれど、
その花の姿(形)、色、から、インドの僧侶の姿を連想していたのだけれど、
昨日見たこの花は、これまでのイメージと違って、
鳥が巣立っていく寸前、
そのように思えたので、そんな雰囲気を狙って撮ってみた。
なんとなくメルヘンで、結構、気に入っている。

そろそろ覚悟を決めなっければね

「エッツこんなところから、飛べないよ」
「飛ばなきゃ、あなたは生きていけないの」
「そんなこと言ったって」
「…」
「そうだ、目を瞑って飛べばいいんだ」
「ヨーシ、じゃぁ行くよ」
なんのかんのとブツブツ言ってたけど、覚悟ができたのか、
「エイ」といきなり。

覚悟とは

何か事態が悪化すると、来るなら来い、と最悪の場合を想定し、川を瀬にして構える。精神に小出しの消耗を避けるには適した戦法である。『家常茶飯』尾崎一雄著より

覚悟とは、危険な状態や好ましくない結果を予想し、それに対応できるよう心構えをすること。(大辞林 第二版より)

腹を据える(腹をくくる)も同義語か。

覚悟を決めること、観念することで、気持ちは楽になり、心が決まる。
 
この言葉で思いつくのが隆慶一郎の
『死ぬことと見つけたり』(新潮文庫)である。

江戸・元禄時代の鍋島藩藩士、山本常朝が語った、武士道「葉隠」を元にした小説で、覚悟を決めた人間の強さを描いている。
「金もいらぬ、名誉もいらぬ、命もいらぬ人は、始末に困るが、そのような人でなければ、天下の偉業は成し遂げられない」と西郷隆盛は、山岡鉄舟を賞賛している。

覚悟を決めると、不思議なパワーが湧いてくる

「ウーン しょうがない、最悪の場合は…」
事業をやっていると、そうやって腹を決める。覚悟しなければならない場面が何度かあった。
不思議と、腹を決め、覚悟を決めると勇気が出てきて、パワーも。
で、まるで映画で言うような台詞(セリフ)を吐いて、その場を凌いだことも何度かある。
そんなことを思い出した。

-コラム, フォトエッセイ, 人物紹介, 写真エッセイ, 思いつき, 本の紹介, 雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

葉っぱのバトル 昨年も似たような写真撮っているのだけれど、また撮ってしまった

目次「葉っぱの喧嘩」僕にはそのように見える心次第で、物の見え方は変化する「今日はどんな発見があるか」それが楽しくて散歩に出るの人と話すの、だんだんとめんどくさくなってきたので、最近はもっぱらこれ 「葉 …

サイケデリック 随分懐かしい言葉だね、こういうの知っている人も、もう少ないんだろうね

目次サイケデリックこの現象はヒッピーによって起こったものだった「話の特集」という雑誌が当時人気で、サイケをよく取り上げていた。そんな記憶がある。昨日は銀座で知り合いのアーティスト、北原かずこさんの絵を …

日本一個性的なハンバーガー屋さんなのだそう

目次岡山には「岡山で二番目に美味しい寿司」といのがあったけれど、ここのハンバーガーは「日本一個性的」なのだそう。食べようと思ったら、カメラが目に入ったので、とりあえず写真を 岡山には「岡山で二番目に美 …

ブルボフィルム・メデューサエ

目次そういうイメージで生けた花みたい。いたんだよね、日本にも、いや、レバノンだったかな、「メドウサ」というコードネームを持つ美人のテロリストが。この花には神秘性があるから、そういう絵(写真)になったの …

秋に思うと書いてしゅうし(秋思)と読む。やっぱり秋は物思う季節なのだ

目次春愁秋思(しゅんしょうしゅうし)歌に託して思いが言える詩人、いいねみんなの休日には、やっぱり、独特の空気感がある 春愁秋思(しゅんしょうしゅうし) 春の日に感じる憂鬱と、秋に感じる寂しさのこと。 …

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます