コラム フォトエッセイ 人物紹介 写真エッセイ 思いつき 本の紹介 雑記

ツンベルギア・マイソレンシス

投稿日:

なんとなくメルヘン

この花、つる系で、上から下に幾つもの花が連なって咲いているんだけれど、
その花の姿(形)、色、から、インドの僧侶の姿を連想していたのだけれど、
昨日見たこの花は、これまでのイメージと違って、
鳥が巣立っていく寸前、
そのように思えたので、そんな雰囲気を狙って撮ってみた。
なんとなくメルヘンで、結構、気に入っている。

そろそろ覚悟を決めなっければね

「エッツこんなところから、飛べないよ」
「飛ばなきゃ、あなたは生きていけないの」
「そんなこと言ったって」
「…」
「そうだ、目を瞑って飛べばいいんだ」
「ヨーシ、じゃぁ行くよ」
なんのかんのとブツブツ言ってたけど、覚悟ができたのか、
「エイ」といきなり。

覚悟とは

何か事態が悪化すると、来るなら来い、と最悪の場合を想定し、川を瀬にして構える。精神に小出しの消耗を避けるには適した戦法である。『家常茶飯』尾崎一雄著より

覚悟とは、危険な状態や好ましくない結果を予想し、それに対応できるよう心構えをすること。(大辞林 第二版より)

腹を据える(腹をくくる)も同義語か。

覚悟を決めること、観念することで、気持ちは楽になり、心が決まる。
 
この言葉で思いつくのが隆慶一郎の
『死ぬことと見つけたり』(新潮文庫)である。

江戸・元禄時代の鍋島藩藩士、山本常朝が語った、武士道「葉隠」を元にした小説で、覚悟を決めた人間の強さを描いている。
「金もいらぬ、名誉もいらぬ、命もいらぬ人は、始末に困るが、そのような人でなければ、天下の偉業は成し遂げられない」と西郷隆盛は、山岡鉄舟を賞賛している。

覚悟を決めると、不思議なパワーが湧いてくる

「ウーン しょうがない、最悪の場合は…」
事業をやっていると、そうやって腹を決める。覚悟しなければならない場面が何度かあった。
不思議と、腹を決め、覚悟を決めると勇気が出てきて、パワーも。
で、まるで映画で言うような台詞(セリフ)を吐いて、その場を凌いだことも何度かある。
そんなことを思い出した。

-コラム, フォトエッセイ, 人物紹介, 写真エッセイ, 思いつき, 本の紹介, 雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ルドベキア まるで子供が描く太陽だね、この写真

目次この花、まるで太陽みたい休んでいてお金がもらえる有給休暇、嬉しいねぇ夏休みの一日は孫守り この花、まるで太陽みたい ハハハ、まるで、子供の描く太陽だね。 ゴッホのヒマワリも強烈だけど、この花にも、 …

ぼくのアロマセラピーハッカが喉を刺激する感触と香りの清涼感で最高のリフレッシュを味わう

目次香り アロマセラピー そんなの気持ちの問題よ。そう思っていたのだが、気持ち、とっても大事だった年をとると、思考も似合うものも変わってくるんだね自分のスタイルというのができると、それが自信につばがっ …

どこか神秘な森の妖精、御嶽山のレンゲショウマと丹三郎そばこそ夏のトレンド

丹三郎蕎麦は、古里駅から10分程歩いたところ。

藁葺き屋根の古民家(写真参照)
三間流れの座敷で、冷たい水で絞られた御絞りが、なんとも気持ちがいい。
上がり框を上がって、黒光りのする板の間をちょっと歩くと、そこがお座敷。

11時開店なのに、すでに満席、なくなると売り切れ御免
注文するのは、蕎麦がきと、稚鮎の天ぷら、舞茸の天ぷら、時に鮎の塩焼き、澤乃井の「超辛口」セイロ蕎麦、デザートに冷たいおしるこ。
おしるこは別にして後の品書きは、すべて一人前を二人で食べて丁度いいくらい。
やっぱりいいねぇ、天然のクーラーで、座敷に座って食べる、蕎麦屋の雰囲気。

いいね日本の文化 とっても落ち着く

目次こういう店、好きだなぁ三味線、いい音だねぇライブ、ウン、楽しかったよ。なんか、やる気が出てきたな   こういう店、好きだなぁ 昨日、カントリーのライブ、楽しかったんだけど、帰り、 友達が …

電車の写真、鉄道の写真、テツではないのに、気が付くと撮っている

目次電車の写真か、いったい何を書けばいいのだ(笑い)汽車通(汽車通学)懐かしいねぇ 7分30秒のデートもしかしたら、そんな記憶が、心の隅にあって、それでシャッターを切るのかも知れないね…今回の写真の線 …

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます