コラム フォトエッセイ 写真エッセイ 思いつき 雑記

トマト キレイだね、まるで宝石 

投稿日:

今日の課題はトマト。

ブログを始めてから、毎朝、コンピュータを立ち上げ、写真を選び、その写真に合わせて、エッセイを書くというのが僕の一日の始まりなのである。

だから、仕事に行く時は、
大体、7時には家を出るので、4時30分に起き、
コンピュータのスイッチを入れ、
夜に階下のセブンイレブンで買っておいた冷めたコーヒーをゴクンと飲んでから、
「さて今日の課題は」
と、画面を見ながら、頭に浮かんできたフレーズをポツリポツリと打ち込んでいくのだ。

課題の前に、僕のルーチンがきてしまった

そう、基本的にはアドセンスの
「撮って書いてワヤで笑える人生日記」にアップし、
それを、「フェイスブック」でシェアし、
さらにそれをコピペして「NOTE」というSNSに貼りつけて、
そこからさらにインスタグラムにアップしてから、髭を剃り、顔を洗って、チンでコーヒーを温め、お気に入りのパンと、ゴルゴンゾーラ、生野菜で朝食を済ませてというパターンが出来上がっていて、休みの日でも、そのリズムは狂わさないようにしているのである。

昔から言えば、真逆の生活サイクルなんだけど、
習慣って凄いね、
慣れると、そういう生活が苦ではなくなってくるのだから…

そして記事も、こうして毎朝続けていると、勝手に手が動いて、なんとなく形をつくってくれるのである。

この記事、一体、誰が書いているんだろうね…

だって僕は、単なるオペレーターで、指を動かしているだけだもの…

そうい言えば、昔、京都の河井寛次郎記念館を取材した時、
「神様が、僕の身体を使って作らせているというのが寛次郎の口癖でした」というのを、孫娘の学芸員から聞いたのを思い出した。

まあ、僕の書くものは、単なる駄文だけど、感じとしてはそうなのである。

なんだ、黙って聞いてたら、いきなり脱線じゃないか、肝心な課題はどうしたんだよ…

オー、そうだった。
ウン、トマトね…

綺麗だね、
スポットライトが当たって、まるで宝石みたい。
頭の中には「マドンナの宝石」(ポール・モーリア)が流れている。
トマットって、野菜だよね、果物じゃないよね…

でも、このトマト、僕には貴重な果物のように見えるんだけど。

やっぱりデパート一味違う

そういえば、この前、デパ地下に行った時、ミニトマトの特売をしていたので、買ったのだが、これが美味しいのなんのって…
やっぱり、デパート、スーパーとは違うよね、
だって、売り方が違うもの
「サーラッシャイ、ヤスイヨ」と言って売ってるのと、例えばアボガド、
「今日のはちょっと若いので、常温で2日ほどおいて食べてください」と、そう言って売るのでは全然ちがうよね…
だから
「今日はトマト、お買い得ですよ、1袋に2倍入って1袋の値段ですから…」
そう言われてつい買ったのだが、冷やして口に入れた瞬間
「なんだこりゃ…」
口の中で広がるその味に、思わず「OH」と。
そのトマトは、もはや野菜ではなくて果物だった。
で、思ったのである。
デパートにはデパートの誇りがあるのだと…

 

 

-コラム, フォトエッセイ, 写真エッセイ, 思いつき, 雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

詠み人知らずという俳句や和歌、短歌があるのだから名前が分からない花があってもいいだろう

目次紫の花に心惹かれて感動したのはいいが、どう表現したらいいのか、それはまだ解決していない。70年の人生で、こんなの初めてあのアクションは一体、何だったんだろう瞬間、心の中突き抜けたイナズマ 紫の花に …

秋に思うと書いてしゅうし(秋思)と読む。やっぱり秋は物思う季節なのだ

目次春愁秋思(しゅんしょうしゅうし)歌に託して思いが言える詩人、いいねみんなの休日には、やっぱり、独特の空気感がある 春愁秋思(しゅんしょうしゅうし) 春の日に感じる憂鬱と、秋に感じる寂しさのこと。 …

カセットレコーダー ラジカセ 歩行者天国 竹の子族 古き良き時代の思いで

目次テープレコーダーといっても今の人には分らないよねテープレコーダーが文化を変えた 懐かしいものには、懐かしいものの良さがある高齢者、には歌がいいやっぱり遊びは楽しい歩行者天国、そこから生まれた潮流今 …

これ楽譜?いろんなことを空想して遊ぶ遊びこそ楽しい

目次天才はどこからでも閃きを感じる音楽ではないけれど、確か、「ビューティフルマインド」という映画だったと思う。を、この写真から連想したのだった見よう見まねでつくった僕の発想法バカで暇人でなけれはできな …

どこか神秘な森の妖精、御嶽山のレンゲショウマと丹三郎そばこそ夏のトレンド

丹三郎蕎麦は、古里駅から10分程歩いたところ。

藁葺き屋根の古民家(写真参照)
三間流れの座敷で、冷たい水で絞られた御絞りが、なんとも気持ちがいい。
上がり框を上がって、黒光りのする板の間をちょっと歩くと、そこがお座敷。

11時開店なのに、すでに満席、なくなると売り切れ御免
注文するのは、蕎麦がきと、稚鮎の天ぷら、舞茸の天ぷら、時に鮎の塩焼き、澤乃井の「超辛口」セイロ蕎麦、デザートに冷たいおしるこ。
おしるこは別にして後の品書きは、すべて一人前を二人で食べて丁度いいくらい。
やっぱりいいねぇ、天然のクーラーで、座敷に座って食べる、蕎麦屋の雰囲気。

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます