コラム フォトエッセイ 写真エッセイ 思いつき 雑記

ブルーバタフライという花からまたまたいろんな連想が、エッセイ、それが楽しい

投稿日:2020年8月16日 更新日:

ブルーバタフライというのだそう。

なんかいいよね、この花、本当にチョウチョが飛んでるみたい。
最近、人気の花らしい。
正式な名前は、クレロデンドリム・ウガンデンセというらしい。
難しくてなかなか言えない。やっぱり、ブルーバタフライと言った方がピンとくるよね。

小学校・中学校 僕はチョウチョと呼ばれていた

僕の小学校から中学性時代のニックネームは、チョウチョだった。
爺さん(母の父) 
僕は親父が一歳の時に亡くなって、ずっと、爺さんの家で暮らしたの。
爺さんは僕が物心ついた時から町長で、それで皆が、僕のことをチョウチョウと言うようになって、途中からそれが短縮されて「チョウチョ」になったの。

我が青春の町

岡山県都窪郡吉備町というのが、その町。
秀吉の水攻めで有名な備中高松城のすぐ近くで、僕の育った吉備町は、そこから数キロ離れた城下町で、実家のある川入は、「5、15事件」(暗殺された総理大臣 犬養毅)のすぐ近所なのだ。

一昨年だったかな、この町の、街並み保存のお祭りがあって、友達の家を訪ねたところ、何人か同級生がいたのだが、
「久保だよ」と言っても、誰も僕のことがわからないので「チョウチョウだよ」というと、
「ああ、あの久保君ん」
そう言ってから
「全然わからんかった」と。
「…」
「そうだよね、僕はもうすっかり都会の人になっているからね」
そういうと
「その声覚えてる、思い出した、久保君、懐かしいねぇ」
そうなるともう、昔話に花が咲いて、いつの間にか言葉も方言まるだしの地元民になってしまったのである、

実は、この町を紹介したフォトアルバム
(単行本スタイルのキャノンのフォトプレッソ)
で作った「ノスタルジックジャーニー」を見せたところ、みんなとても喜んで、閲覧数が一気に上がって、
今日の閲覧数は「4332」となっていた。

電子書籍にしようと思ったらデーターがない

このアルバムを今度、電子書籍にしようと思い、データボックスを開けたら、欠落した写真が沢山あったので、フォトプレソに事情を説明して、データをくれないかと相談したのだが、
「そういうサービスはやっていません」とつれないの

ところが知り合いの息子さんが、
「フェイスブックとかに投稿していたら、その写真は復活できますよ」と教えてくれ、あの手、この手をつかって、なんとか揃えたのである。

2日間で撮影したものなのに、データーが揃うまでには、随分と時間を費やしてしまった、
それにしても、文明凄いね。

必要はスキルを成長させる

驚くと同時に、
「必要に迫られた人間の信念の凄さ」にも、驚いてしまった。
人から聞いて、こうすればいいというのがあれば、それを実践する。
お陰で、何も知らなかったコンピュータのスキル、こういう時にはこうするというHow to To doが沢山身についた。で、

「ピンチこそ人間を成長させるんだ」と、変なところで感心したのだった。

今日もまた、ブルーバタフライという花の写真から変な方向に行ってしまった。が、これが、雑文、エッセイのいいところと、勝手に思い込んでいるのである。

 

 

 

 

 

-コラム, フォトエッセイ, 写真エッセイ, 思いつき, 雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

白藤 シロフジ 、花言葉は、決して離れられない。それって良いことなの? 

目次藤は春の花の代表花藤の名所で有名なのは、紫色の藤は、確かに美しいが、 この花(写真の白藤)を見て以来、藤は白がいいと、僕は思い込んでしまっているのだ(笑い) 今も時々歌う「女学生」という歌 &nb …

アド街ック天国で紹介された武井商店のドレシング、美味しい

ウンいける、アッサリしていてとてもいい。
「ヘー ドレッシングが、自動販売機で売れる時代になったんだ」
そんなことを思いながら、写真を撮っていて気が付いた。
そう、女性の写真。よこに「鉄道むすめ」と書いてある。
「これは一体なんだろう」
そう思って調べてみた。

ラッキーが続けてきた。シンクロニシティーあるんだね

目次歓喜のシンクロニシティーが…まさに高齢者、暇人の生活だね書くことがない時は、無理することないよね…電子書籍写真集出したよ 見てね つわぶきだと思う。 夕陽の中で、ポッカリ浮んでいるようで、つい、撮 …

「ドローイングとは何か」展、東京都美術館に展示された北原かずこさんの作品

目次知り合いの画家の作品(鉛筆一本で描いたドローイング)今日、友達の画伯に会うので、タブレットにいれてその画伯にドローイングについて、 知り合いの画家の作品(鉛筆一本で描いたドローイング) 会場で係の …

極めてシンプル だが、赤と黒という配色がそう思わせるのか、何かを感じる

目次究極の美しさとは何か…「赤と黒」この言葉にも惹かれるものがある。高齢になって振り返ると、何にもないね人生の意味なんて 究極の美しさとは 美とは、突き詰めれば、無駄なものを排除して、極めてシンプルに …

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます