コラム フォトエッセイ 写真エッセイ 思いつき 雑記

ブルーバタフライという花からまたまたいろんな連想が、エッセイ、それが楽しい

投稿日:2020年8月16日 更新日:

ブルーバタフライというのだそう。

なんかいいよね、この花、本当にチョウチョが飛んでるみたい。
最近、人気の花らしい。
正式な名前は、クレロデンドリム・ウガンデンセというらしい。
難しくてなかなか言えない。やっぱり、ブルーバタフライと言った方がピンとくるよね。

小学校・中学校 僕はチョウチョと呼ばれていた

僕の小学校から中学性時代のニックネームは、チョウチョだった。
爺さん(母の父) 
僕は親父が一歳の時に亡くなって、ずっと、爺さんの家で暮らしたの。
爺さんは僕が物心ついた時から町長で、それで皆が、僕のことをチョウチョウと言うようになって、途中からそれが短縮されて「チョウチョ」になったの。

我が青春の町

岡山県都窪郡吉備町というのが、その町。
秀吉の水攻めで有名な備中高松城のすぐ近くで、僕の育った吉備町は、そこから数キロ離れた城下町で、実家のある川入は、「5、15事件」(暗殺された総理大臣 犬養毅)のすぐ近所なのだ。

一昨年だったかな、この町の、街並み保存のお祭りがあって、友達の家を訪ねたところ、何人か同級生がいたのだが、
「久保だよ」と言っても、誰も僕のことがわからないので「チョウチョウだよ」というと、
「ああ、あの久保君ん」
そう言ってから
「全然わからんかった」と。
「…」
「そうだよね、僕はもうすっかり都会の人になっているからね」
そういうと
「その声覚えてる、思い出した、久保君、懐かしいねぇ」
そうなるともう、昔話に花が咲いて、いつの間にか言葉も方言まるだしの地元民になってしまったのである、

実は、この町を紹介したフォトアルバム
(単行本スタイルのキャノンのフォトプレッソ)
で作った「ノスタルジックジャーニー」を見せたところ、みんなとても喜んで、閲覧数が一気に上がって、
今日の閲覧数は「4332」となっていた。

電子書籍にしようと思ったらデーターがない

このアルバムを今度、電子書籍にしようと思い、データボックスを開けたら、欠落した写真が沢山あったので、フォトプレソに事情を説明して、データをくれないかと相談したのだが、
「そういうサービスはやっていません」とつれないの

ところが知り合いの息子さんが、
「フェイスブックとかに投稿していたら、その写真は復活できますよ」と教えてくれ、あの手、この手をつかって、なんとか揃えたのである。

2日間で撮影したものなのに、データーが揃うまでには、随分と時間を費やしてしまった、
それにしても、文明凄いね。

必要はスキルを成長させる

驚くと同時に、
「必要に迫られた人間の信念の凄さ」にも、驚いてしまった。
人から聞いて、こうすればいいというのがあれば、それを実践する。
お陰で、何も知らなかったコンピュータのスキル、こういう時にはこうするというHow to To doが沢山身についた。で、

「ピンチこそ人間を成長させるんだ」と、変なところで感心したのだった。

今日もまた、ブルーバタフライという花の写真から変な方向に行ってしまった。が、これが、雑文、エッセイのいいところと、勝手に思い込んでいるのである。

 

 

 

 

 

-コラム, フォトエッセイ, 写真エッセイ, 思いつき, 雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

読書の秋

目次読書するのにいい空間、写真を見て、そのように思ったから、タイトルを「読書の秋」とこういう処で読む本はどんなのがいいかを考えてみた雰囲気を楽しむためには、小道具もいる。僕はボールペンにも拘っているの …

友人から、ラインメールで再び仕事の世界へ

目次写真を褒められるより文章を褒められる方が数倍嬉しい足が痛くて治療に通っている整体院からも撮影オファーが女性ライターと打ち合わせ。歳を感じさせないのは、現役だから仕事となると、コンデジ(コンパクトデ …

プレウロタリス・タランチュラ蘭なんだけど、ちょっと変わってて、葉っぱの裏で生息するの

目次プレウロタリス・タランチュラ 蘭の花ゆるいマスコットキャラクターとはところで、1980年代(昭和55年)とはどんな時代僕はこの頃は30歳位だったが、世の好景気を横目で見ながら、行く末に不安を感じな …

シンニンギアエウモルファ なんとも面白い花 物語がそこに見えると撮りやすい

目次シンニンギアエウモルファという花の中に見た物語般若心経は、声に出して唱えることにこそ意味があるのだ シンニンギアエウモルファという花の中に見た物語 物語りがそこに見えると、写真、とても撮りやすい。 …

バレリーナ エトワールなの フクシアジョイパットモアというチーム   

目次バレリーナには いろいろ階級があって、エトワールになるのは大変なの 苦しくても、それを感じさせないで、いかに優雅に楽しく見せるか、これが勝負なんだフクシアの歴史を調べてみると バレリーナには いろ …

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます