コラム フォトエッセイ 写真エッセイ 雑記

シマサンゴアナナス 観賞用につくられたパイナップル科の花らしい

投稿日:

シマサンゴアナナス

観賞用のパイナップル科の植物らしい。
観た瞬間、「太陽の子」と、思ってしまった。
情熱的
そう書いて「情熱」と「情熱的」どう違うんだと、気になって調べてみた。

情熱とは
あるものごとについて、燃え上がるような、熱い気持ちになること。

情熱的とは
感情を激しく燃え上がらせる様子

なる程…
見るからに、南国の花という感じえだよね…

ワッ パワーもらえそう

今時の若い女性たちの表現でいえば
「パワー感じるよね」あるいは「見るだけで、パワーもらえるよね」そんな感じ。

そういえば、昔、ウエルネス
(健康を統合的にという意味らしいが、特に内面、心にウエイトをおいた健康志向と、僕はとらえている)
というのが流行った時、元気の出る色の代表に、ピンク、桃色があって、
「カーテンの色はピンクがいい」とかと言われ、ナースの白い服をピンクに変えた病院も随分あった。

ピンクという色の効果

で、ついでに、そのイメージについて調べてみると、
「ピンクは美しくなるために必要な色」なのだそうで、
「ピンクは、幸せな気分を作る」のだそう。
どうやら、ピンク色には、女性ホルモンの分泌を助け、血行をよくし、肌の潤いを保つ」効果があるらしい。
なる程、この花を見ていると、なんとなく、そんな感じがしてきた。

 

イメージというのは、やっぱりあるよね…

先日、あるスナックで歌っていたら
「失恋したり、人生に疲れたりすると、なんでみんな北へ行くんだろうね」と、問いかけてきたので、
「失恋と南国、合わないでしょう」
「私、失恋したの、だから沖縄へ行くのっていっても合わないでしょう…」
そういうと
「なる程、言われればそうだねハハハ」
「言葉にはやっぱりイメージがあるからね」
なる程、そういうのを考えると、ピンクの元気説、よく分る。そんな気がする。
だって、この写真を、大型のモニターに映して見ていると、多少のイヤなことは、はねのけてくれるから…
こんなことを書くとと
「お前にも、落ち込むことがあるのか」と、突っ込まれそうだけど、一応、僕も人間だから…ね

 

-コラム, フォトエッセイ, 写真エッセイ, 雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

咲き残りたる花にこそ、魅力を感じる。

目次これは、僕の独断と偏見での感覚だが、人生をかいくぐってきて、生活感を感じさせない美しさに魅力を感じるなんて、口じゃ言えないよね「何それ、ただお前の感じている(思っていること)を言ってるの」「独断と …

友人から、ラインメールで再び仕事の世界へ

目次写真を褒められるより文章を褒められる方が数倍嬉しい足が痛くて治療に通っている整体院からも撮影オファーが女性ライターと打ち合わせ。歳を感じさせないのは、現役だから仕事となると、コンデジ(コンパクトデ …

ノスタルジックジャーニー 青春時代を過ごしたわが郷愁の町

目次アルバムもいいが、やっぱり電子書籍だねデータづくりで二日間、それも楽し 人間って、本当に勝手だよね、懐かしい友達の顔が、昔のまんまの姿で思いさされる これは、数年前にキャノンのフォトプレッソのテン …

雑文 日記について

目次記憶が撮らせる白いバラアドセンス資格取得は すごいビジネスチャンスを得たということらしい。やっぱりうまい昭和の書き手「日記とは、ペンを手にした瞑想である」串田孫一さんの思いで 記憶が撮らせる白いバ …

セリバオーレン 小さな花なので、撮るのに結構、手こずった。

目次セリバオーレン本当は葉っぱも一緒に出したかったんだけどね咄嗟の閃きが遅いのは歳のせい575をちょっと意識してこの花、今、とても人気なの   セリバオーレン 葉っぱがセリに似ているということで、そう …

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます