コラム フォトエッセイ 写真エッセイ 雑記

ドラゴンフルーツ

投稿日:

外見からは想像できない美味しい果実だった

「なんだこれは」
最初見た時は、色からくる衝撃の方が強く、さらに、実についているごま塩をふったような模様が、美味しいものという僕の概念からかけ離れていて、食べる気がしなかったのだけれど、
「味わっておかなければ、美味いともまずいとも言えないから」
そう思って口にしたところ、
「エッ、これ美味しい」と、思わず口に出してしまったのだった。
外見から、中身、その実態は、分からないね。
人も同じで、最初は、「なんだこいつ、気に入らねぇなぁ」と思っていたヤツ程、実は仲がよくなっていて、今も友達として付き合いをしている人が、何人かいる。

話が横道にそれてしまうのは、僕の悪いくせ、元に戻そう。

ドラゴンフルーツ、これ、サボテンなんだってね。で、非常に栄養があって、健康食品という観点からみても、優れてるんだってね、
その実態を知ればしる程驚いて、今では、すっかりファンになってしまっているのである。

まさか、東京でドラゴンフルーツの写真が撮れるとは

そのドラゴンフルーツが生っているところに遭遇した。
残念ながら、花は終わっていたけれど、写真を撮ることができたのはラッキーだった。
そう、僕の場合は、とにかく目について、これはと思ったものは、シャッターをきっておかなければならないのだ。

なぜなら僕は写真コレクターだから…

そうなの、写真は、言わば、一期一会の世界だから、その時、その場で撮っておかなければ、後でなんて言っていると、二度と再び撮れなくなってしまうから…

そう、失われた光景は、二度と再び返ってはこないのである

で、そういう写真に限って、何かを書いたりした時に必要になって、
「あっ、あそこで見たのに、撮ってなかったんだ」と、悔やむのが嫌だから、とにかく、これはと思うものは撮っておくようにしているのである。

話がまたちょっとズレるが…

写真は、必要になって、そのイメージで撮ろうとしても無理だけど、必要なイメージの写真を、コレクションから探すのは案外楽で、その時イメージしていた物以上の写真に出くわすことがままあるのだ。
だから僕は、暇さえあれば、カメラをもってでかけては、写真を撮っているのである。
写真さえあれば、企画はいくらでもできるから…。

ああ、また大脱線だね、なんだったけ、そうそう、ドラゴンフルーツの栄養価だった。
調べてみると、

ドラゴンフルーツ栄養豊富な果物らしい

ビタミンB1・B2、葉酸、ナイアシン、ビタミンC、カロチン等のビタミン類の他に、カリウム、マグネシウム、鉄等のミネラル類が豊富栄養たっぷりのミラクルフルーツで、特に女性には嬉しいスーパーフードなのだとか…
齢をとったら、栄養気をつけなければいけないから、僕もちょっと意識しよう。

男の肌も栄養でツルツルに

そういえば、僕にはお気に入りの「酵素」というのがあって、友人の社長に紹介したところ、スッカリ気に入って、ある時、
「久保ちゃん、あの酵素、あれからずっと飲んでいるのだけれど、肩とか首とか、その辺触ると、女の肌みたいにツルツルしてきた、そんな気がするんだけれど、若返ったのかなぁ…」(笑い)
「実はね、僕もそうなんですよ…」
「やっぱり、あれいいねぇ」
「だって、社長、あれ、90歳を超えた叔母に贈ったところ、行動から行動がスムースになったと言って、喜んだくらいだから…」
「ウン 確かに」
「齢をとると、栄養、大切だよね」と、言っていたのを思い出した。

なんだか行ったり来たりだけれど、、
ドラゴンフルーツというのは別名で、正しくは「ピタヤ」というのだそう。
見た目が、龍のウロコに見えることから、ドラゴンフルーツと呼ばれているらしい・

 

 

-コラム, フォトエッセイ, 写真エッセイ, 雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

孤高を楽しむ  時にこうして自然の中で風を感じるの いいよね

目次孤高、この言葉好きだなうん、そう、やっぱ風だよね、太陽だよね、自然だよね 孤高、この言葉好きだな 人といるのも楽しいが、時に社会ともかけ離れて、一人を楽しむのもいいね そう フラリと旅に出て、自然 …

絶滅危惧種、エンビセンノウ、いつまでも残したいよね、美しい花

目次この花を見て線香花火を連想してしまった忘れえぬ思いで、儚い夏の夜の風物詩 エンビセンノウと言うらしい。 この花を見て線香花火を連想してしまった 線香花火 (ススキにカラ松と言っていた) に似ている …

花と蝶 一枚の写真からいろんなことが思い出される。

目次蝶々で思い出したのが、画家 堀文子さん聞けば堀さんも同じベレン(アマゾンの河口都市)に行っている。 誘ったのはどちらも、植物学者の宮脇昭先生 アマゾンをモーターボートで走った思い出 蝶々で思い出し …

カメの飼い方を調べている人が多い、人なつこくて、学習能力があって可愛いと

目次カメさん とても臆病ですぐに甲羅の中に閉じこもってしまうけどカメといってすぐ脳裏に浮ぶのは、童話「うさぎとカメ」の物語視点が違えば結果も変わる 昨日は久しぶりのインタビュー取材。 カメさん とても …

ダリア ラベンダースカイ 大輪の華やかさが人気らしい。

アッいけないダリアだったね、
そこにオリジナル性が残っているのかどうかは知らないけれど、「美しい花」という意味においては、そういうことはもはやどうでもよくて、それを見た人が「美しい」と感動すれば、それが花(華)なんだよね、と僕は思う。
そして、写真とは、その美しさをどう伝えるかということだと思うけれど、なかなか難しい。だから、何回も何回も、年年歳歳、その季節がくれば、その花を撮っているのだが、
「よっし」というのは、なかなかできない。

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます