コラム フォトエッセイ 写真エッセイ 思いつき 雑記

ネット社会は、自分のメディアを気軽に持てるから楽しい。写真や文章、作品を発表していれば、そこから何かが起きてくる

投稿日:

実ものを見ると、なぜだか写真を撮りたくなってくる

 

グミ、ユスラウメ サクランボ…

こういう実ものを見ると、つい写真、撮りたくなってしまう。

私の育った母の実家(岡山)。

うちを中心にして三軒の家がひとつの塀の中にあって、
中庭の木戸で行き来できるようになっている。

うちが本家で、門に向って右側がおおもとや(どういう字が的確なのか、わからない)、左側を新家と言っていた。

三軒合わせると、1500坪位になると思う。

その、おおもとやと本家(ウチ)の間には、小さな川が流れている。

そこにはアメリカ帰りの、おばあさんと、モトさんという老夫婦がいたのだが、庭づくり、花づくりがとてもうまい夫婦で、中庭の木戸を開けると
「ここは別天地か」
という程に美しい庭で、四季折々、いつも見事な花を咲かせていた。

 

隣の家の庭の片隅にあった。ユスラウメの木

今頃の季節になると、たわわに実をつけていた。

酸っぱい実だったけれど、学校から帰ると、毎日、その実を食べていた。

子供の頃のそんな風景を思い浮かべた。

エッセイというのは、いいよね、そういうことを思いながら、
ポツリポツリと書いていれば楽しいから…

随筆、エッセイいいよね。でも単体では売れないから、やっぱり電子書籍だな

そうだ、NOTEというのにまず書いて、挿絵として写真を使い、発表しながら記事を増やし、ある程度溜まったら、電子書籍にして売り出す。

いいね、考えていると、
ドンドン夢が膨らんでワクワクしてきた。

そう言えば、ある印刷会社から、
「ホームページをつくり変えようと思っているのですが、例えば砂漠の写真など、使わしてもらうことできるんですかねえ」という打診が。

だから、電子書籍の4冊を見てもらうように言っておいたが、どうなるのかね…

発表していれば何がおきるか分からない。それが楽しいのである。

-コラム, フォトエッセイ, 写真エッセイ, 思いつき, 雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

システム手帳ファイロファックス

目次古いメモ帳からでてきた、ちょっといい話し友人がくれた古いが憧れのファイロファックスファイロファックス、 この名前には、忘れられない思い出がある手帳に3万円 ところが姉の旦那は、すぐにそれを購入した …

ネムの木の葉っぱ、これを撮れば、ネムが合歓というのが分かると思ったのだけど…

目次ネムを漢字で書くと「合歓」しかし、それにしても、そんなことを調べるために、わざわざ写真を撮る。ホント、ヒマ人だよね。昔からそうだった。目的を持っている時には、あれ撮ってと言われても、余分なシャッタ …

イチゴ ミルクに砂糖をかけてスプーンで潰して食べたら、笑われてしまった

目次イチゴには砂糖とミルク、それが僕ら(団塊世代)の常識だった。イチゴ見ると、思いだすよね、「いちご白書をもう一度」確か、畳一畳が1000円の時代だった。青春、いいよね、何にも怖いものがなかった。本当 …

月の砂漠

目次いいね、夏休み。探しものには、時間が必要なのだセレンディピティーは探し物をしている時に現れる「おお、これ書こう」 いいね、夏休み。 一人で暮らしていると、いつ起きていつ寝てもいいのだから、これはい …

サルの会議に潜入 テーマはコロナ 長い沈黙 出した結論はマンボー

目次たまには こうして仕事したふりをしなければねなんだか知らないけれど、いやな世の中になったねぇ…「大きな鼻が男前? なぜテングザルの鼻は長いのか – 京大が解明」野生のテングザルはハーレ …

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます