コラム フォトエッセイ 写真エッセイ 思いつき 雑記

ネット社会は、自分のメディアを気軽に持てるから楽しい。写真や文章、作品を発表していれば、そこから何かが起きてくる

投稿日:

実ものを見ると、なぜだか写真を撮りたくなってくる

 

グミ、ユスラウメ サクランボ…

こういう実ものを見ると、つい写真、撮りたくなってしまう。

私の育った母の実家(岡山)。

うちを中心にして三軒の家がひとつの塀の中にあって、
中庭の木戸で行き来できるようになっている。

うちが本家で、門に向って右側がおおもとや(どういう字が的確なのか、わからない)、左側を新家と言っていた。

三軒合わせると、1500坪位になると思う。

その、おおもとやと本家(ウチ)の間には、小さな川が流れている。

そこにはアメリカ帰りの、おばあさんと、モトさんという老夫婦がいたのだが、庭づくり、花づくりがとてもうまい夫婦で、中庭の木戸を開けると
「ここは別天地か」
という程に美しい庭で、四季折々、いつも見事な花を咲かせていた。

 

隣の家の庭の片隅にあった。ユスラウメの木

今頃の季節になると、たわわに実をつけていた。

酸っぱい実だったけれど、学校から帰ると、毎日、その実を食べていた。

子供の頃のそんな風景を思い浮かべた。

エッセイというのは、いいよね、そういうことを思いながら、
ポツリポツリと書いていれば楽しいから…

随筆、エッセイいいよね。でも単体では売れないから、やっぱり電子書籍だな

そうだ、NOTEというのにまず書いて、挿絵として写真を使い、発表しながら記事を増やし、ある程度溜まったら、電子書籍にして売り出す。

いいね、考えていると、
ドンドン夢が膨らんでワクワクしてきた。

そう言えば、ある印刷会社から、
「ホームページをつくり変えようと思っているのですが、例えば砂漠の写真など、使わしてもらうことできるんですかねえ」という打診が。

だから、電子書籍の4冊を見てもらうように言っておいたが、どうなるのかね…

発表していれば何がおきるか分からない。それが楽しいのである。

-コラム, フォトエッセイ, 写真エッセイ, 思いつき, 雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

イチゴ ミルクに砂糖をかけてスプーンで潰して食べたら、笑われてしまった

目次イチゴには砂糖とミルク、それが僕ら(団塊世代)の常識だった。イチゴ見ると、思いだすよね、「いちご白書をもう一度」確か、畳一畳が1000円の時代だった。青春、いいよね、何にも怖いものがなかった。本当 …

グミの実 不思議な果実 ちょっと酸っぱくて甘くておいしいのに販売用栽培はないらしい

目次なんとなく郷愁を誘う果実グミ赤い実を見ると思いだす甘くて酸っぱくてちょっと渋い独特のあの味昨日は元スタッフの女性にきてもらって、久々の喧々諤々 なんとなく郷愁を誘う果実グミ 梅雨時に赤い実が目に飛 …

花にもいろんな個性がある。その個性を凝視すれば、表面では見えない何かが見えてくる

目次もしかしてこれ、宇宙人宇宙人とは、地球外生物で知性をもったものの総称宇宙人は自然の中に同化して、地球の情報収集をしているのかもしれない一人で写真を撮っていると、いろんなことが頭の中に浮かんで来て、 …

ポピー ヒナゲシ 虞美人草 物語を知ってしまうと、まさにという感じ 

目次この花を有名にしたのは夏目漱石。虞とは、始皇帝亡き後、覇権を争った「項羽と劉邦」の項羽の妾のこと分らないね、人生は… 「四面楚歌」といいながら、実際には、楚の兵隊はそんなにはいなかったらしい。死ぬ …

シャムの舞姫、グロッパ・ウイニティーショウガ科の花らしい

目次「シャムの舞姫」江戸時代末期、この国で活躍した日本人がいるひとつの花から、思わぬ歴史の話が、面白いね 「シャムの舞姫」 これといって特徴はないのだけれど、なんとなく惹かれると思ったら、そうなんだ、 …

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます