つれづれ コラム フォトエッセイ 写真エッセイ 思いつき 雑記

ブルボフィルム・メデューサエ

投稿日:

そういうイメージで生けた花みたい。

そういうイメージって何…
だから「メデユーサ」よ。

メデューサって、ギリシャ神話に出てくる、あのメデユーサ(メドウサ)?
そう、蛇の髪の毛を持ち、覗き込むと、石になるという瞳をもつ女神。
言われてみれば、なんとなく、そんな気がする。

いたんだよね、日本にも、いや、レバノンだったかな、「メドウサ」というコードネームを持つ美人のテロリストが。

世界を震撼させた、いろんな事件を起こしている。
逮捕されてその姿を見るまでは、どんな女性なのか想像するしかなかったのだが、
長い黒髪、パンタロンの似合う女性という情報だけで、
神秘的で寡黙で、その目で魅入られると、たちまち男を虜にしてしまうような妖しい雰囲気を持つ女…
そんなイメージを勝手に作り上げていたのだが、
確か、大阪で逮捕され新幹線で東京に移送され、
東京駅を歩く姿がニュースで流れたのを見たと思うのだが、報道陣に向かって、ピースサインだったかな、なんか、指を立てて「イエー」という感じのポーズを取った映像が、あまりにも軽すぎて、
組み立てていたイメージとは真逆で、
「なんとも軽薄な…」」という印象が、記憶として焼き付いてしまったのである。
で、その時思ったのが、
「この女性のどこがメドウサ、そんな雰囲気みじんもない」だった。

メドウサ(メデユーサエ)という名の、この花を見た時に
ヘーと思って、つい撮ったのだが、

この花には神秘性があるから、そういう絵(写真)になったのだと思う

花の写真、何年にもわたって撮っていると、ただ姿、形だけを撮るのでは、指がななか動かなくなって、そこに物語がある(あるように感じるられるもの)を最近は意識して撮っているのだが、
まさに花は僕にとってのタイムマシーンで、
古い記憶を辿りながら、その時々の記憶の記録や思ったこと感じたことを記録する遊び(ブログ)に遭遇して、
これこそが僕にとって究極の遊びと思いながら、こうして毎日綴っているのである。

かつて、大ヒットした本に「知的生活のすすめ」(確かそんなタイトルだった)があるが、ブログを書くということは、僕にとってはまさに「知的生活」
(雰囲気としてそう思っている)。

なんとなくなんとなく、雰囲気として、ファッションとしてそういうスタイルを求める僕には、
ブログはまさにそれで、究極の遊びとなっているのである。
「従然草」いいよね…
やっぱり、あれこそ、究極の遊びだったんだ…いいね、ハハハ…

-つれづれ, コラム, フォトエッセイ, 写真エッセイ, 思いつき, 雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

冬の印象

目次白い画用紙に、水彩絵の具を筆でピッピとまき散らした感じ。写真屋の親父にボロクソ言われたけれど…あのネガで、こんな写真になるんだ僕には無茶苦茶がいいらしい。得意としたフォトエッセイの所々に無茶を生か …

なんとも情けない顔、大丈夫?と思わず声をかけてしまった

目次なんだよ、その情けない顔…ああ、長い休みが終わって、今日から仕事。 なんだよ、その情けない顔… 「飛ぶならサッと行かなきゃ、みんな見てるよ」 「だって、こんな高いところから飛べないよ」 「しかし、 …

ゆり根

目次正月用品、雰囲気につられて衝動買いえっ ゆり根、どうやって食べるってあれが食べたい、そう言われて、お雑煮、随分作ったな…えっ どんなお雑煮かお餅は焼かないで茹でる。数の子、心惹かれたけどやっぱりや …

日記といいながら、なかなか更新できない。でもフェイスブックに書いているから

目次フェイスブックはブログを書くためのメモ そう思うと気持ちが楽になる睡蓮はキレイだけど、形が整っているのは案外少ない宇宙との交信の図旅行で体験した信じがたいシンクロニシティーラインというアプリ とて …

顔写真に始まり顔写真に終わる。そんなことをいった時代もありました

目次フリマ主催者から、写真家として参加しませんかという誘いが写真は顔写真に始まり顔写真に終わると言われていたコラムちょっといい話し顔写真は被写体(写す人)との真剣勝負いい顔とは顔は履歴書今日のお話しの …

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます