コラム 写真エッセイ 思いつき 雑記

サッカー少年 実を言うとこれ、2年程前にとった孫の写真なの

投稿日:

実を言うとこの写真、2年程前に撮った孫の写真なの

今回、動きの中で捉まえた写真が欲しかったので、データボックスから探し出したの。

実はね、今回、カメラマンとして、ある所の出店サービスに応募したら、どうぞということになってね、で、出店にあたってサポートしてくれてりる人が、こういう写真があるといいかも知れないというので、そうだ━と思って引っ張りだしてきたのである。

この写真を撮った時、こういう時代がくることは、予兆として捉まえていたのである

思えば、この写真を撮ったのも、家族写真とかを撮るサービスが、いづれ本格的になってくるだろうということで、それを意識して撮ったものだが、
その頃は、あまりにもギャラが…ということで、止めた。のだが、日銭稼ぎをするようになると、それでもいい方なので応募したのだった。

一旦一線を引いた身なのだから、ギャラに拘らなくてもいいというのが、決断の理由だった

やっぱりね、シャッターを切って、それで稼げるのなら、ネェ…
昨日だったか、同じようなことを書いたが、やっぱりやっぱり、川喜田二郎博士(KJ法)がが本の中で言っているように、予兆というのはあるんだね。

数年前からのこうした思い(トラックレコード)を見て、そう思ったのだった。
高齢になるとね、少なくとも、収入というのはとても大切だから真剣に考える必要(お金のない僕にはね)があるのだが、
働く(働きたい)と言ったってねぇ、若い時とは違うから、そういう意味では、日銭稼ぎの仕事、とても有難いので、担保として大事にしなければね。だから、週に3日位は、その仕事をやり、依頼がくれば、写真の仕事もやってと、ちょっと欲張りな考え方をしているのである。

ところが、こうして動き始めると、面白いことに、ネットで知り合った人が、
「僕がマッチングしますから出張カメラマンやってくれませんか」という誘いが被さって来たりして、
「やっぱり、そういう時代が来たんだな」と思っているのである。

道具に慣れる、それが僕の今の日常なのである

年をとっても、そういう誘いがくるということは、まだまだ捨てたものじゃない…
昔から、「芸は身を助ける」という諺があるが、まさにまさにと、実感しながら、仕事で使っていた一眼レフ(デジタル)の埃をはらい、慣れるために、コンデジはやめて、もっぱら、重いカメラを持ち歩ているこの頃なのである。
そう、道具はやっぱり、体に馴染ませておかなければ、いい仕事はできないと思っているのである

-コラム, 写真エッセイ, 思いつき, 雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

咲き残りたる花にこそ、魅力を感じる。

目次これは、僕の独断と偏見での感覚だが、人生をかいくぐってきて、生活感を感じさせない美しさに魅力を感じるなんて、口じゃ言えないよね「何それ、ただお前の感じている(思っていること)を言ってるの」「独断と …

高齢者が願う心の充実、その妙薬は

目次心 内なる世界の充実について 思わぬところから原稿の束が、これは、形にしろというサインか?よし、電子書籍にしようなんたって、今は電子書籍。高齢になると、見えなかったものが見えきた(そんなような気が …

OHきまってるねぇ 

目次オンシジューム君との会話働くって、何人間の世界って、難しいんだ働くって楽しいのオンシジューム君と、長々と立ち話をしてしまった オンシジューム君との会話 「OHサングラス 似合ってるぜ」 「ウン こ …

面白いね葉っぱ なんか、秘密結社のマークみたい

目次このマークの向こうに何かある紋章とは何紋章の起源紋章を最初に用いたのは、王侯人の考えることは、概ね同じ、日本の家紋も、そんな感じだったのではないだろうか   このマークの向こうに何かある なんとな …

白藤 シロフジ 、花言葉は、決して離れられない。それって良いことなの? 

目次藤は春の花の代表花藤の名所で有名なのは、紫色の藤は、確かに美しいが、 この花(写真の白藤)を見て以来、藤は白がいいと、僕は思い込んでしまっているのだ(笑い) 今も時々歌う「女学生」という歌 &nb …

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます