コラム 写真エッセイ 思いつき 雑記

サッカー少年 実を言うとこれ、2年程前にとった孫の写真なの

投稿日:

実を言うとこの写真、2年程前に撮った孫の写真なの

今回、動きの中で捉まえた写真が欲しかったので、データボックスから探し出したの。

実はね、今回、カメラマンとして、ある所の出店サービスに応募したら、どうぞということになってね、で、出店にあたってサポートしてくれてりる人が、こういう写真があるといいかも知れないというので、そうだ━と思って引っ張りだしてきたのである。

この写真を撮った時、こういう時代がくることは、予兆として捉まえていたのである

思えば、この写真を撮ったのも、家族写真とかを撮るサービスが、いづれ本格的になってくるだろうということで、それを意識して撮ったものだが、
その頃は、あまりにもギャラが…ということで、止めた。のだが、日銭稼ぎをするようになると、それでもいい方なので応募したのだった。

一旦一線を引いた身なのだから、ギャラに拘らなくてもいいというのが、決断の理由だった

やっぱりね、シャッターを切って、それで稼げるのなら、ネェ…
昨日だったか、同じようなことを書いたが、やっぱりやっぱり、川喜田二郎博士(KJ法)がが本の中で言っているように、予兆というのはあるんだね。

数年前からのこうした思い(トラックレコード)を見て、そう思ったのだった。
高齢になるとね、少なくとも、収入というのはとても大切だから真剣に考える必要(お金のない僕にはね)があるのだが、
働く(働きたい)と言ったってねぇ、若い時とは違うから、そういう意味では、日銭稼ぎの仕事、とても有難いので、担保として大事にしなければね。だから、週に3日位は、その仕事をやり、依頼がくれば、写真の仕事もやってと、ちょっと欲張りな考え方をしているのである。

ところが、こうして動き始めると、面白いことに、ネットで知り合った人が、
「僕がマッチングしますから出張カメラマンやってくれませんか」という誘いが被さって来たりして、
「やっぱり、そういう時代が来たんだな」と思っているのである。

道具に慣れる、それが僕の今の日常なのである

年をとっても、そういう誘いがくるということは、まだまだ捨てたものじゃない…
昔から、「芸は身を助ける」という諺があるが、まさにまさにと、実感しながら、仕事で使っていた一眼レフ(デジタル)の埃をはらい、慣れるために、コンデジはやめて、もっぱら、重いカメラを持ち歩ているこの頃なのである。
そう、道具はやっぱり、体に馴染ませておかなければ、いい仕事はできないと思っているのである

-コラム, 写真エッセイ, 思いつき, 雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

面白い 都会ならではの風景だね、

目次ジャンクショップでみつけた堀だし物気になったら、とりあえず、手元においとく(取材しておく) それは、近い将来に起こる予兆だから… これ、川喜田二郎氏の「創造と伝統(祥伝社)から学んだもの癖のあるレ …

ネットで開催された法要、初めて体験してとても楽しかった、時代の先端、驚いてしまった

目次初めて体験するネットイベント「神通力のすごい女性」と言われた人だった。情報が走らない時代で良かったと、思わずにはいられないイベントだった17回忌、つまり17年前の2月20日縁って、本当に不思議、つ …

冬の夕暮れの光線がつくり出した風景

目次冬は、光線が美しい光と一口に言うが、いろんな種類の光があるのだ風景も瞬間を狙うと、本当に忙しい撮影なのだ沙漠の太陽はなかなか沈まない 冬は、光線が美しい 夕方の午後3時頃かな、 ちょっと低い位置か …

花にもいろんな個性がある。その個性を凝視すれば、表面では見えない何かが見えてくる

目次もしかしてこれ、宇宙人宇宙人とは、地球外生物で知性をもったものの総称宇宙人は自然の中に同化して、地球の情報収集をしているのかもしれない一人で写真を撮っていると、いろんなことが頭の中に浮かんで来て、 …

映画 新聞記者ジム・ウンギョン×松坂桃李主演の映画を見ての感想  

目次フィクションとしながらも、テーマは現実の社会問題あまりにもリアルで恐くなった民主主義は形だけでいいという台詞が強烈どんな組織の中にも ひとり二人は…やっぱり自分が可愛いか 今日は、久保雅督です。 …

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます