コラム 雑記

彼岸花

投稿日:

ちょっと変わった曼珠沙華

曼珠沙華なんだけど、ちょっと変わってるよねこの花
「着ていく服が まだきまらない」そんな感じ。
はは、夢一夜、この歌、好きでスナックでもよく歌う。
僕が歌っていたら、知らない人が、
「この歌、不倫の歌なの}
確かに、
僕もそう思う。
そりゃねぇ、やっぱりこの世は男と女だものもの、ねぇ、いろいろあるよ…

特に人は、秘めたものには、より魅力を感じるんだよねぇ…

なんだ、そりゃ、経験談か
「否 僕は、酒も煙草も、もちろん女性もです。そう、たった一度の人生なのに、遊びを知らないまま青春が終ったの、残念だったなぁ」
「その割には、いろいろ知ってるよね」
「あれは、本で読んだ知識なの、すべてそう」
「アレッ 君は小説は読まないじゃなかったっけ」
「そんなことを言ったけ」
「小説は作り話だから読まないと」
「そんなこと言ったっけなぁ、齢をとると、記憶がどうも、ハハハ」

あなたの撮る花、妙に色っぽいんだよねぇ

そう言えば、僕が撮った花の写真を見た女性の何人かが
「あなたの花、妙に色っぽいんだよねぇ、女を意識してるでしょう」と
「そうかなぁ、自分ではそうは思わないんだけどねぇ」
まあ、でも着物を着た女性とか、
「言われれば、そうかもね、花ならば、僕の心の声を聴いてくれるから…」
「エッ どういうこと」

花ならば、高齢者の僕の話も聞いてくれる

「だって、普通は、こんな高齢者相手に、誰も話なんかしてくれないでしょう、でも、花なら、美しいね、と言えば、アラ、そう━と言って喜んでくれる。写真を撮りながら、そう言って話かけると、会話が弾むんだもの…」
「なんだか変だけど、そういうことなら、よしとするか…」
一人でこんな会話する僕って、やっぱり変なのかな…
ハハ、だからこういう変な花が僕の前には現れるんだ、もかしたら、心が呼んでいるのかもね…
今日は横浜まで従兄弟を送りに行かなければならない。
僕より8歳も若いのに…
そろそろ、出かける準備をしなければならないので、今日はこの辺で…

 

-コラム, 雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

おやすみなさい。知らず知らずのうちに笑顔がこぼれる。いいね、赤ちゃんの寝顔

目次欄という花、本当に色んな表情を見せてくれる僕と君では住む世界が変わったんだよやっぱりまじめにコツコツがよかったかな、えっ僕には無理、確かにやっぱり、明るい人は元気だね 欄という花、本当に色んな表情 …

白いハイビスカス、沖縄返還前の与論島で見たのが初めてだった

目次白いハイビスカスの思い出沖縄返還を目前にして、一番乗りを目指すヒッピーが大勢いた。 まるでお餅を置いたような、小さな島与論島ヒッピーとは、多分、この年代のコマーシャルだったと思うが、今も記憶に今も …

やっぱり、撮らせる花といのもあるんだね メラストマというのだそう 

目次メラストマ 調べると 「ノボタン」と。一目ぼれ、まさに、まさにである。話変わって血液を冷やすネッククーラー、お気に入りなんだけど、限界があるああ、風、気持ちいいねぇと、思わず…体験、体感…肌で感じ …

吾は菊也、そんな感じ

目次結構、主張してるよね、この花カメラマンと写真作家、何が違うのでは、写真作家というのは、どういう人ということで、通常は、 プロとして写真を撮って口を糊しながら、同時に作家としてという方法を取るのであ …

そうか、もうポインセチアの季節なんだ

目次ところで、クリスマスというと、なぜポンセチアなのところで、なんで日本でクリスマス…という疑問があったので、それもついでに一般にクリスマスを広めたのは明治屋クリスマスにケーキの習慣をつくったのは不二 …

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます