コラム 雑記

彼岸花

投稿日:

ちょっと変わった曼珠沙華

曼珠沙華なんだけど、ちょっと変わってるよねこの花
「着ていく服が まだきまらない」そんな感じ。
はは、夢一夜、この歌、好きでスナックでもよく歌う。
僕が歌っていたら、知らない人が、
「この歌、不倫の歌なの}
確かに、
僕もそう思う。
そりゃねぇ、やっぱりこの世は男と女だものもの、ねぇ、いろいろあるよ…

特に人は、秘めたものには、より魅力を感じるんだよねぇ…

なんだ、そりゃ、経験談か
「否 僕は、酒も煙草も、もちろん女性もです。そう、たった一度の人生なのに、遊びを知らないまま青春が終ったの、残念だったなぁ」
「その割には、いろいろ知ってるよね」
「あれは、本で読んだ知識なの、すべてそう」
「アレッ 君は小説は読まないじゃなかったっけ」
「そんなことを言ったけ」
「小説は作り話だから読まないと」
「そんなこと言ったっけなぁ、齢をとると、記憶がどうも、ハハハ」

あなたの撮る花、妙に色っぽいんだよねぇ

そう言えば、僕が撮った花の写真を見た女性の何人かが
「あなたの花、妙に色っぽいんだよねぇ、女を意識してるでしょう」と
「そうかなぁ、自分ではそうは思わないんだけどねぇ」
まあ、でも着物を着た女性とか、
「言われれば、そうかもね、花ならば、僕の心の声を聴いてくれるから…」
「エッ どういうこと」

花ならば、高齢者の僕の話も聞いてくれる

「だって、普通は、こんな高齢者相手に、誰も話なんかしてくれないでしょう、でも、花なら、美しいね、と言えば、アラ、そう━と言って喜んでくれる。写真を撮りながら、そう言って話かけると、会話が弾むんだもの…」
「なんだか変だけど、そういうことなら、よしとするか…」
一人でこんな会話する僕って、やっぱり変なのかな…
ハハ、だからこういう変な花が僕の前には現れるんだ、もかしたら、心が呼んでいるのかもね…
今日は横浜まで従兄弟を送りに行かなければならない。
僕より8歳も若いのに…
そろそろ、出かける準備をしなければならないので、今日はこの辺で…

 

-コラム, 雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

目次被写体は鏡、写り込みをいかにして消していくかが勝負のガラス製品なんとなんと1986年6月、昭和61年の梅酒が…一口含んで驚いた。梅酒も成熟すれば高級酒に…だな 久々に燃えて、ちょっと写真を撮ろうと …

枯葉に潜むメッセージ、秋のシットリとしたアトモスフィアが思い出の断片を次々と

目次枯葉のなかに書かれたメッセージシットリとした秋というアトモスフィアがつくり出す印象的シーンのいろいろ思い出って、本当に便利がいいね… 枯葉のなかに書かれたメッセージ 「アラー、懐かしいわね、これ。 …

ネェネェ 僕と遊ばない

目次この絵、僕には「ナンパ」している、そのシーンにしか見えない。実際のところ「ナンパ」って、やったことあるのかなぁ…説明はともかくとして、この写真、どう見てもナンパのシーンだよね。さりげない一言、それ …

葉っぱ

目次自然の作るアート自然は最高のミュージアムひっつき虫をヒントにつくられたマジックテープ。なぜ、どうしては子供だけのものではない。大人になってこそ、必要なのだ 自然の作るアート 面白いよね、この模様。 …

モンステラの花 この花、幻の果実といわれるほどのものらしい

目次 幻の果実、食べてみたいね…エー血糖値が250… 薬剤師にさらに言われて… 健康健康健康…そう、健康でなければ、何もできないから モンステラの花なのだそう。どうみてもアケビじゃんねぇ アケビ 幻の …

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます