コラム フォトエッセイ 写真エッセイ 雑記

OHなんとも神秘的… スイレン

投稿日:

何とも言えないね、この神秘的な輝き、美しさ 

黄色とブルーが補色だから、黄色が、より輝いて見えるから、神秘の奥行を一層深めているのだと思うが、神秘的という以外に、この花を表現できる言葉を僕は知らない。
もしかしたら、葉っぱのグリーンも、より、その雰囲気を強調しているのかもしれないね…
この花を見た瞬間、この状況を表現する言葉として、浮かんで来た言葉を素直に書いたのだが、実際のところ、「神秘」とは、どういう状態(状況)、感覚なのか、調べてみると、

神秘とは

「人間の知恵では計り知れない不思議なこと。普通の認識や理論を超えたこと。また、そのさま」と
なる程、
では、何に対して、人間の知恵では計れないような、あるいは、普通の認識や、論理を超えたものを感じたのだろうか…
そんなことを思いながら、部屋を暗くして、コンピュータの大きな画面で写真を見ていたら、
やっぱり、この花、宇宙と繋がっていて、宇宙からくる信号を受信しているとしか、僕には思えないのである。

行きつくところは、やっぱりタオ(思想)

まぁ、すべての生き物がそうなんだと思うけれど、特にこの花は、それを象徴しているように、僕には思えるのである。
そして、こういう世界に入り込むと、僕は「タオ」という世界を想像するのである。

タオとは「道」のこと。ロードではない。茶道、弓道という道のこと

その考え方、思想の根本は、「自然とともに」と僕は解釈して「易経」が、その思想を表している書物と思っている。
(もっかのところ、僕の知りえている情報では、そういう考えになるのである)

易占いは易経から派生したもので、スイスの心理学者「ユング」は、易占いに心惹かれて、ついには「変化の書」という易占いの本を著し、ヨーロッパで広めたのである。
「変化の書」は、今も、ヨーロッパのインテリと言われる人たちの間で人気といううのを、読んだことがある。
僕は、その易占いの卦辞を写真で表現しようと、ダミーを作って、ある出版社にプレゼンしたところ、いいところまで行ったのだが、最終的には本にならなかった。のだが、「そら、空 宇宙」(感じる心を育むために)といタイトルの電子書籍(まめしば書房)にして、kindleのコードで出している。

結果的には、これは本にならなくて良かったと思っている。
なぜなら僕は、易者になろうとは、みじんも思ってないから…

でも、「宇宙、神秘」というものについて、とても興味を持っている。
と言っても、僕の興味は、宇宙の成り立ちとか、そういうものではなく、サムシンググレートとの関わりについてなのだが、
人生を結果から見ていくと、「導かれて」という風に感じているのである。
そりゃ、その時々では、意に沿わない結果に、大変なショックを感じてきたが、
結果から見ると、それはそれで良かったのだと今は思っているということに対して
「嗚呼、導かれてきたんだな」と思うのである。
そう考えると、やっぱり、なのである。

 

-コラム, フォトエッセイ, 写真エッセイ, 雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

システム手帳ファイロファックス

目次古いメモ帳からでてきた、ちょっといい話し友人がくれた古いが憧れのファイロファックスファイロファックス、 この名前には、忘れられない思い出がある手帳に3万円 ところが姉の旦那は、すぐにそれを購入した …

コスタスの仲間 

目次コスタスの仲間この花を見て、フッと思ったのが、丹後縮緬という反物何かを思い出すには、スイッチが必要なのだ理解されることを求めなければ、記事はいくらでも書けるコロナの後遺症か、「相談なんですけど」と …

誘惑する薔薇

目次誘惑というタイトルはどうだろうか?妖しの雰囲気をもつ女性大人になると分かる、もう一つの世界の存在もしかして、こういうのを「恍惚の人」というのだろうか。 誘惑というタイトルはどうだろうか? なんとな …

高齢者が願う心の充実、その妙薬は

目次心 内なる世界の充実について 思わぬところから原稿の束が、これは、形にしろというサインか?よし、電子書籍にしようなんたって、今は電子書籍。高齢になると、見えなかったものが見えきた(そんなような気が …

八重咲ピカケ

目次綺麗な花だねえ、まさに美形。神秘的で美しい白いこの花、八重咲ピカケというのだそう。しかし植物って、本当に不思議だよね、四季折々、時期がくれば、キッチリと花を咲かせてくる。嬉しい時、悲しい時、おめで …

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます