コラム フォトエッセイ 写真エッセイ 雑記

美味しい蕎麦と美味しい酒、そしてレンゲショウマ

投稿日:

レンゲショウマ

毎年の楽しみなのに今年は断念(残念)

毎年今頃、早朝に新宿を出て青梅に行き、
そこで電車を乗り換えて、古里というところにある藁葺き屋根の古民家のお座敷で、蕎麦がきと稚鮎、舞茸の天ぷら、沢蟹のから揚げを肴に、
キューンと冷やした澤乃井の超から口の酒を愉しみ、最後にセイロを食べ、デザートに冷たいお汁粉をいただいてから、フラフラと、いい気分で駅に行き、そこからさらに、御嶽駅にゆき、さらに、バス、ロープウエイを乗り継いで御嶽山へ。

そう、ここが有名なレンゲショウマの咲く山なのである。

新宿から約2時間(?)

距離はあるが、酒と蕎麦と花を楽しむその風情がよくて、毎年行っていたのだが、今年は、雨とコロナで断念したので、記憶を蘇らせてシュミレーションで楽しむことに。

山間の茅葺屋根の古民家の座敷でいただく、酒と蕎麦

東京都の重要文化財に指定されている藁葺き屋根の古民家。
三間流れの座敷は、夏でも涼しいが、ギンギンに冷えたおしぼりで汗をぬぐうと、ほてった首すじが、キュッとひきしまって、とても気持ちがいい。

座敷は開店と同時にもう満席で、外には大勢の人が順番待ちを。
どの位の蕎麦を用意しているのかは知らない。が、
売切れたら「ごめん」となってしまうから、皆、早くから行ってまっているのだ。

ウーン、座敷いいねぇ

懐かしい。実家の家を思い出す。
「…」
おっ、来た来た。
ギンギンに冷えた澤乃井の超辛口を、小さなグラスに注いで、キュットいっぱい…
「うまい」
いいねぇ、最高だねぇ、この雰囲気。
お椀に入った蕎麦がきを箸で切って口にいれると、
「いいねぇ」
と思わず言ってしまう程、酒との相性がいい。

なる程、
「蕎麦屋で酒」というはずだよ…

稚鮎の天ぷら、ちょっと苦みがあって、これもいいねぇ…。
こうして、ゆっくり酒と蕎麦を愉しんでから、駅までのだらだら坂を上るのは結構きついが、早くいかないと、山の時間は早いから…

古里から御嶽へ。

さらにバスを降りてからロープウエイまでの坂がきついのなんのって、
なのに、僕よりも、見るからに高齢で腰が曲がっているおばあさんが、後からきて、スイスイと僕を追い越していく。

でも、ダメ、頑張ろうと思っても、足が前に出ないのである。

数歩歩いては立ち止まり…日頃の運動不足が悔やまれる

「アーきつ」
数歩あるいてはは立ち止まって呼吸を整え、また数歩。
こうして、ロープウエイに乗って、さらにリフトに乗って頂上に行くと、山のいたるところに、いろんな表情でレンゲショウマの花が迎えてくれる。

しかし、しかし、しかし…
いざ写真にしようとすると、これが結構難しい。
「うーん、難しい。思うような感じになってくれないの」

二人の女性の会話が。…

見ると、カメラは、一眼レフの高級機を持っているのだけれど、写真にまだ慣れてないんだね。
でも、それでいいんだよ。
カメラなんて、慣れればなんとかなってくるもの。
そう、シャッターを押さなきゃ、写真は写らないの…
「頑張れよ」
心の中で、そういって励ましを。

頂上の、テーブルでくつろいでいると、
「ここ、いいですか」
と二人の若い女性が。
「ドウゾ」
と言ってから、
「いいの撮れた」というと、
「ポスターのような写真をイメージしているんですけど、ゼンゼン(笑い)」
「そうだよねぇ、花が小さいからね」
「あの、その手に持ってるの何なんですか」
「ああ。これ、手製のルーペ」
「エッ、自分で作ったの」
「そう」
「それ、どうやって使うんですか」

「ああ、レンズの前にこうやって」と、説明すると
「すると、どうなるんですか」というので、写真を見せると
「スゴイ。プロですか」
「ハハ、昔ね」
「こんなの撮りたいよね」
「慣れれば、撮れるよ。とにかく、いいと思ったらシャッターを押す。それだけ…」
そう、写真は理屈ではない。慣れだがら、撮りながら感性を高めることが大事なのである。
しかしそれは、自分自身に言い聞かせている言葉なのである。

 

-コラム, フォトエッセイ, 写真エッセイ, 雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

冷たい白桃のお汁粉、とても美味しい、だって使ってる桃が違うもの。

これ、どうやって食べるの、
「とりあえずお汁粉を一口、食べてみて」
「甘くてあっさりしていて、桃の香りがして、美味しい」
「そうしたら今度は、果肉を一緒に食べてみて」
「オオッ ちょっと酸味のある美味しい桃の味がひと際、美味さを引き出すねぇ」
「ああ、よかった」
「エッツ、だって、こんなに美味しいもの食べたことないもの…」

水車小屋のある風景、 懐かしき日本の風景 、郷愁を誘うものがある

目次日本の原風景? 水車小屋のある風景団塊世代の僕たちにとっては、日本の風景の象徴として、心象のイメージとして心の中に持っているのかもしれないサーチャン、ノリちゃん、ちづちゃん 博美ちゃん… みんな元 …

猛威を振るう新型コロナ 人間ばかりを対象にしているが、動物は大丈夫なのか

「飼い主と一緒に寝る猫について、感染リスクが特に高いとの結果が出た」という報告が。
この研究は、77世帯の猫48匹、犬54匹に対し、
新型ウイルスの抗体検査を実施。
同時に飼い主から、ペットとの過ごし方について聞いたもの。

結果、猫の約67%と犬の43%が陽性と判定された。
動物シェルターの犬と猫の陽性率は9%、野良猫の陽性率が3%に比べて高率だったとしている。

アイコンタクト うまく使えばトテモ便利な挨拶です

目次友達の投稿記事大昔の記憶カメラを持つとなぜか大胆になる私私の撮影スタイル、傍で見ていると、そうとう、ヤバイ感じらしい。写真と言えば、スナップ そのように思っていた。付録の話し 今日は、久保雅督です …

サルの会議に潜入 テーマはコロナ 長い沈黙 出した結論はマンボー

目次たまには こうして仕事したふりをしなければねなんだか知らないけれど、いやな世の中になったねぇ…「大きな鼻が男前? なぜテングザルの鼻は長いのか – 京大が解明」野生のテングザルはハーレ …

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます