コラム フォトエッセイ 写真エッセイ 雑記

まるで挿花

投稿日:

華道、生け花、挿花

どれも、花を生けるということなんだけど、
言葉の持つイメージによって、言っていることは同じでも、それぞれ、違う印象になるから面白いね。
僕のイメージでは、
華道は、なんとなく、華やかさを楽しむという感じ。

生け花は、独自の世界、そう、宇宙観というのだろうか、花によって、特別の世界(空間)をそこに創るという感じ。

挿花は、自然に咲いてる花に額縁をつけたという感じ。

もちろん、これは、僕がもつイメージである。

今回、「挿花」をタイトルに使ったのは、そういうイメージがあってのことなのだけど、

はてさて、見る人が果たして、この写真を見て、同じように想像してくれるかどうかというのは分からないから、ちょっとだけ説明をつけたの。
そうなのだ、
写真は、一枚の写真の中かに、何万語にも及ぶ表現を持っているから、読み方の方向性を示すためにタイトルをつけるのだと僕は思っているのである。
言い換えれば、作者の方向性にそって読んでもらいたいからなのだが、ちょっと、おこがましいね(笑い)

写真は読むもの。

そういう言葉を知ったのは、「タイムライフ」のカタログだったと思うが、そこに書かれていた、ライフの編集者の言葉
「あなたの写真を読ませてもらうわね」
というのが、ずっと記憶の淵にあって、
「そうか、写真は読むものなんだ」というのが、概念として僕の細胞にしみついているのである。

「写真を読む」
ルポルタージュ写真を日本に持ち込んだ名取洋之助も確か、「写真の読み方」という本を著している。

アッ これはまるで挿花の世界

レッドジンジャー 公園の中で、この花と遭遇した瞬間、
「アッこれは挿花の世界、これ、素直にとれば、すでに作品」そう思って、撮らされてしまったのである。
しかし、その時感じた物語をここに書けといわれてもね、そこは感じてもらうしかないんだけどね…(笑い)
なんとなく、そんな感じだったのである。
うん、でもね、やっぱり、そうなんだ。
何…

うん、やっぱり写真はムード、雰囲気、アトモスフィアとあらためて思ったの。

そういう意味では、最近の高級機の持つ、ギンギラの写真、あの雰囲気は僕は好きではない。
もしかしたらそれは、そういう高級機の買えない僻み。
イヤ、違う、
やっぱり、見慣れていない、人間の目以上の描写は、リアルを超えて気持ちが悪いと僕は感じるのである。
そう、やっぱり写真に関してはスーパーリアリズムよりも、リアリズム位がちょうどいいと、僕は思っているのである。

 

 

-コラム, フォトエッセイ, 写真エッセイ, 雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

指揮者のカマキリ先生 燕尾服が似合うでしょう 

目次指揮者というと、燕尾服のイメージなんだけど、なぜ燕尾服なのなんとなく、なんとなく、ヨーロっパの貴族の服装、そんな感じ。 今まで見た音楽会の中で、最も印象に残っているのは、武道館で見た「映画ナポレオ …

情熱の花は恋の花 赤い花を見て思い出した、ザッピーナツという双子の歌手

目次情熱の花は恋の花この花を見て思い出した、ザッ ピーナツ昭和30年40年代は日本のエポックメーキングの時代ブログは僕の回顧セラピーか 情熱の花は恋の花 ハイビスカスというと、 「ああ、ハイビスカスか …

大輪のバラ 珍しいんだってね…品種改良の最高傑作の品種とか

目次大輪のバラ、珍しいのだそうもし、これが「ピース」というバラであれば、写真を撮る手順、理屈で言えば難しいが、それはやっぱり、体で覚えるしかないと思うキレイなものは、誰が見てもキレイ話がズレているのに …

ムクドリ

目次やっぱり、鳥には梢がよく似合う。ぼくらが子供の頃に覚えたのは確か、数量を表したりする時には「つ」に点だった。むくどり、なぜ椋鳥?野川公園 野鳥ウォッチングする人の間では有名な公園なのだとか やっぱ …

ノックアウトというのだそう。

目次ノックアウトというのだそう。酔った勢いで、フラフラと…ノックアウト熟睡、いいねぇ…習慣って、面白いね…輪廻転生について、思ったこと ノックアウトというのだそう。 なんか、強いカクテルを飲んでいる、 …

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます