コラム フォトエッセイ 写真エッセイ 雑記

まるで挿花

投稿日:

華道、生け花、挿花

どれも、花を生けるということなんだけど、
言葉の持つイメージによって、言っていることは同じでも、それぞれ、違う印象になるから面白いね。
僕のイメージでは、
華道は、なんとなく、華やかさを楽しむという感じ。

生け花は、独自の世界、そう、宇宙観というのだろうか、花によって、特別の世界(空間)をそこに創るという感じ。

挿花は、自然に咲いてる花に額縁をつけたという感じ。

もちろん、これは、僕がもつイメージである。

今回、「挿花」をタイトルに使ったのは、そういうイメージがあってのことなのだけど、

はてさて、見る人が果たして、この写真を見て、同じように想像してくれるかどうかというのは分からないから、ちょっとだけ説明をつけたの。
そうなのだ、
写真は、一枚の写真の中かに、何万語にも及ぶ表現を持っているから、読み方の方向性を示すためにタイトルをつけるのだと僕は思っているのである。
言い換えれば、作者の方向性にそって読んでもらいたいからなのだが、ちょっと、おこがましいね(笑い)

写真は読むもの。

そういう言葉を知ったのは、「タイムライフ」のカタログだったと思うが、そこに書かれていた、ライフの編集者の言葉
「あなたの写真を読ませてもらうわね」
というのが、ずっと記憶の淵にあって、
「そうか、写真は読むものなんだ」というのが、概念として僕の細胞にしみついているのである。

「写真を読む」
ルポルタージュ写真を日本に持ち込んだ名取洋之助も確か、「写真の読み方」という本を著している。

アッ これはまるで挿花の世界

レッドジンジャー 公園の中で、この花と遭遇した瞬間、
「アッこれは挿花の世界、これ、素直にとれば、すでに作品」そう思って、撮らされてしまったのである。
しかし、その時感じた物語をここに書けといわれてもね、そこは感じてもらうしかないんだけどね…(笑い)
なんとなく、そんな感じだったのである。
うん、でもね、やっぱり、そうなんだ。
何…

うん、やっぱり写真はムード、雰囲気、アトモスフィアとあらためて思ったの。

そういう意味では、最近の高級機の持つ、ギンギラの写真、あの雰囲気は僕は好きではない。
もしかしたらそれは、そういう高級機の買えない僻み。
イヤ、違う、
やっぱり、見慣れていない、人間の目以上の描写は、リアルを超えて気持ちが悪いと僕は感じるのである。
そう、やっぱり写真に関してはスーパーリアリズムよりも、リアリズム位がちょうどいいと、僕は思っているのである。

 

 

-コラム, フォトエッセイ, 写真エッセイ, 雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

日本一個性的なハンバーガー屋さんなのだそう

目次岡山には「岡山で二番目に美味しい寿司」といのがあったけれど、ここのハンバーガーは「日本一個性的」なのだそう。食べようと思ったら、カメラが目に入ったので、とりあえず写真を 岡山には「岡山で二番目に美 …

秋色という色があってもいいと思うんだけど

目次秋色 念のために調べてみると、あった。「四季の写真でつくる秋のカラーパレット」興味はあるけれど、これは難しい。今の季節、午後、3時を過ぎると、光が相当に色づいている。 秋色 念のために調べてみると …

何事にもリズム リズムの大切さを、友人とその仲間の絵の展覧会を見て思い出した

目次SNSで写真を見せる時、どうしたら、よりよく見えるかを考えてみたリズム感は訴求力に大きく影響する。イラストレーターというソフトがあると、便利がいいし、面白くて楽しい文章にもリズム、先輩が飲む度に言 …

西施(古代中国の四大美女の一人)をイメージして撮ったんだけど…

目次想像の元は、芭蕉の 象潟や雨に西施がねぶの花ところでネムはなぜ合歓?「合歓」が用いられた、その理由は 想像の元は、芭蕉の 象潟や雨に西施がねぶの花 西施は中国四大美女のひとり。 持病のため眉をひそ …

ダリア ビューティースター

目次スターはいきなり高い階段から姿を現す切り絵作家小林由美子さんとの思いで県展で落選した作品がパリで大賞をこのダリアのタイトルを見て、そんなことを思い出しながら撮ったのだった。やっぱりプロは凄い スタ …

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます