写真でつくる絵本 写真エッセイ

楽譜作りを楽しむお猿さん、はてさて どんな音楽ができるのか

投稿日:

イメージって面白いね、そう思えば、そのように見えるから…

なんの本だったかなぁ 忘れたけれど、有名な作曲家のエッセイだった。
電線にスズメが止まっているのが楽譜に見えて、それで曲をつくったという、そんな話だった。

あるある、
写真を撮っていると、
「これ まるで楽譜じゃん」と思えるような光景が
でも残念ながら、僕には、そういう才能ないから(笑い)

面白いね、人間の心って、思い込みによって、見え方が全然違ってくるんだから…

例えば、あのお金持ちのお屋敷の床の間に飾ってある、ちょっといびつなへえんてこな茶碗

あれさぁ この前、
川で拾ったものなんだけどさぁ、ああやって、黒檀の台の上に乗せて、環境のいいところにおくと、高価な井戸茶碗に見えるものねぇ…

だから、僕の撮った写真だってねぇ…(笑い)

だけど、僕がニューオリンズで撮った写真をブランケットより、もうちょっと大きいかな、
に伸ばして、キチっと額装した作品が、
ある家の、玄関を入ったところの正面の壁と、応接間の壁に、今なお飾られているんだから…

おそらく、もう、20年近くなると思うけど、確かアルミのペーパーに焼き付けたものだから、今なお保っている。
先日見て、自分ながら、いいな と思ったもの(笑い)

名刺に書けるタイトル 歳をとった今こそ必要なんだけど、やっぱり会費高いから…

確か、この写真は、「日本写真作家協会」が主催した展覧会で、東京と神戸 2か所の展覧会場で飾られたものだと記憶している。
うん、その頃は、日本写真作家協会にも所属していたから、ちゃんとまじめに(笑い)
そういう時期もあったねぇ…
そういう団体に所属していると、いいこともあるんだけど、会費 結構かかるから、ひとつだけ残して、全部辞めたの(笑い)

一枚の写真から、いろんなことが出てくるねぇ

SNS本当にいいね、こうして書いておけば、記録として残るんだから、
メモの断片でもあれば、本にだってできるものね…
そういう業界にいた者にとっては、いつまでも、それが忘れられないんだよね…
一昨日 昨日と、仕事休んだので、本来は明日から休日の予定だったのに、今日から3日間、働くことになってしまった。
長い休日が来るから、稼げる時に、少しでも稼いでおかなければね(笑い)

-写真でつくる絵本, 写真エッセイ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

なんということのない風景なんだけど、

目次平凡な風景もたまにはいいかそして自分で新聞を作って例えば 平凡な風景もたまにはいいか なんていうことのない風景なのだけれど、前面の木の枝と、黄色い葉っぱが何かを感じさせたんだね なんちゃって、まる …

キレイとか可愛いだけではなく、よく見れば、花にもいろんな表情がある。

目次歌う花嫌なことはとにかく記憶から消してしまう。それが大切なのだが…「忘れようとすればする程、記憶してしまうんですが…」歌を歌えば、簡単に、無我の境地にいくことができる 歌う花 (勝手に命名) だっ …

こういう秋もあるんだ 地味だけど好きだな、こういう雰囲気

目次地味な風景だが、なんとなく心を惹かれる知り合いに誘われて、ムリムリのお付き合い休みだから、タップリ寝ようと思ったんだけど、習慣って… 地味な風景だが、なんとなく心を惹かれる モミジ(紅葉)のような …

写真で絵本を作ってみようと思ってね、絵本、なんとなく楽しいじゃない

目次アクシデントで予定変更、中途半端な時間つぶしの遊びとしてやってみたの今は自分で作った本が世界のマーケットで売れる時代だからやっぱり純正でなければいけないのかねぇ アクシデントで予定変更、中途半端な …

あつ森(あつまれどうぶつの森)における、黒いユリの作り方(咲かせ方)に関する記事が超人気に

目次あつ森(あつまれ森の動物たち)で黒ゆり、人気になったみたいどことなく情熱的でどことなく神秘的 こういうタイプに僕は弱いの黒ユリの唄 昭和25年のヒット曲ところで、「あつ森」(あつまれ森の動物たち) …

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます