コラム フォトエッセイ 写真エッセイ 雑記

子育て真っ最中のムクドリさん 

投稿日:

もう、遅いんだからお腹空いちゃったよ

しようがないでしょう、食べ物、なかなか無いんだから…
 
エーこれじゃー足りないよぉ
すぐまた帰ってくるから、我慢しなさい
 
そんな会話が聞こえてきそう。
何を言われても、どんな我儘言われても、聞き流して愛情を注ぐ母親の姿、凄いなと思う。

女盛りのいい時期に結婚して、女として、最も楽しい時期を、ダンナに捧げ、子供に捧げる。
若いころには、それが当然と思っていたけれど、
やっぱりこれは、大変なことなんだと、今頃気付く…

全身全霊で、子供のことだけ考えてきた…

だからやっぱり、本能として、母親、好きになるよね。

若くして散って行った特攻隊員の書き残した手紙などを見ると、やっぱり母親だものねぇ…

炊事、洗濯、子育て…
専業主婦と言って揶揄されるけれど、普通に考えれば、ブラック企業の地獄の生活だよね。
凄い忍耐力だと感心するが、今の若いママたちは、その上さらに働いているのだ。

僕には、とてもできないねぇ

吾亦紅という歌の中に
「それでも母を生ききった」というフレーズがあるが、
そのフレーズ、ドーンと心に沁みてくる。
ムクドリの子育てを見ていて、そんな思いが頭のなかで廻っていた。
 

調べて見ると、ムクドリが子育てをするのは3月から7月

 
これからが、その時期だね。
それにしても、よくこんな写真撮れたよね。

実を言うと、この写真、
日銭稼ぎの仕事仲間が情報をくれたお陰で撮れたのだった。
やっぱり、情報網、大切だよね。

やっぱり時には盃を交しながら、黙って酒を呑むのも必要だよね。
緊急事態も、根拠は分からないが、そろそろ解かれるようだから…
 

酒 いいねぇ 弱いけど

両人対酌すれば山花開く
一杯一杯また一杯
我酔うて眠らんと欲す卿且く去れ
明朝意あらば琴を抱いて来たれ
山中與幽人對酌 李白 いいね
時々行っていた呑み友達がいなくなったのが、ちよっと淋しい。
 

鷺宮駅の近くに「美咲」という屋号だったかな、いい蕎麦屋があってねぇ、そこで飲む酒が旨いんだよねぇ

いい刺身、炙り物 蕎麦がき、せいろ いいお酒…
「電子書籍の時代絶対来るよ」
「そりゃ、やっぱり、紙の方が味はある。ディバイスでは、行間を読ませるというのがねぇ…」
「だけど、自分で作った本がアマゾン、世界のマーケットで売れるんだから、凄いよね」
「出版社、もういらないねぇ、それに今 出てるのって、ハウツーばかり、あれも本というのかねぇ」

そんな会話を楽しみながら飲む酒、楽しいし、本当に美味しい。
こういう話をしていると、いつでも青春まっただなかなのである
 
 
 
 
 
 

-コラム, フォトエッセイ, 写真エッセイ, 雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

秋に思うと書いてしゅうし(秋思)と読む。やっぱり秋は物思う季節なのだ

目次春愁秋思(しゅんしょうしゅうし)歌に託して思いが言える詩人、いいねみんなの休日には、やっぱり、独特の空気感がある 春愁秋思(しゅんしょうしゅうし) 春の日に感じる憂鬱と、秋に感じる寂しさのこと。 …

オーガニック専門料理とドリンクのレストランカフェの中庭で手作りの物販というイベント

目次多肉植物の寄せ植えは年齢、性別を超えて人気これは私が好きな寄せ植え作家、自らが販売するから楽しい作り手にとって、自分の作品がお嫁にいく、しかも、どんな人のところにというのが分かるから、とっても嬉し …

オーキッド 洋ラン まるで宇宙人 蘭って本当に面白い

目次未知との遭遇昨日はとっても不快な一日だったとにかく、トイレから出られないのだから、一人者は、こういう時に困ってしまう冠状動脈も詰まらせらたことはあるけれど、こんなに不快感はなかったような気がする。 …

冬の花 山茶花 お菓子を見ているみたい

目次冬の花 さざんか、美しいね、まるでお菓子をみているみたいこの花を見ると、つい思いだすのが、「さざんかの宿」という歌。小学校1.2年の孫が、どうしてこんな言葉を写真のこの花は、住まいの近くの小さな公 …

ブルーキャッツアイ 青い瞳の中に遠い昔の思い出が甦ってきた

目次イスタンブル、 初めて行った外国。今回の連休は、とても有意義だった銭湯に行くのに電車を乗り継いで、結構高いお風呂代だよね。これが僕の思考法。こうしていろんなアイディアをひねり出してきた図を作って眺 …

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます