コラム フォトエッセイ 写真エッセイ 雑記

サンゴアナナス まるで海の中にいるみたい

投稿日:

サンゴアナナス

名前が、そう思わせるのか、まるで海の中にいるみたい。
エッ 潜ったこと…あるよ。
だって、大手のスポーツクラブの、そういう新聞を作っていたし、フィットネスの雑誌(マンスリー120ページ)も作っていたんだもの…

だって、体験してなきゃ、インタビューもできないもの…ね

「海の中…」うん、あれはねぇ、アナザーワールド、
もう一つ別の世界だね。

綺麗だし、重力はないし、魚はいるし、サンゴはあるし、まさに、竜宮城だよ。
でもね、慣れないと、どこかに恐怖感があって、
時々上をみて、丸い天井が大きく見えているうちは、
「何かあっても、あそこまでなら行ける」と、自分に言い聞かせて励ましてね(笑い)
でも、あの世界、一度知ると、ハマっちゃうよね。

ボルネオで、海底の地形を改めて認識

後に、ボルネオ島の「ムル」というところに行ったのだけど、そこは海底だったところ。
大きな岩や洞窟が沢山あって、
海の中の地形というのを、初めて認識したのだった。
ここは、かぐや姫の所望した「燕の巣」のとれるところで、洞窟の天井(高いのは120mあるらしい)から、何本もロープが垂れているの。
そう、よくあんな高い所にロープをかけたなという所から、長いロープが垂れていて、そのロープを伝って登り、燕の巣からゼリー状の物を採るのだが、
この物体が、アンチエージンに効果があるらしいのだ。
いろいろあるねぇ…

サンゴは、海の中で撮れる宝石(?)

赤い装飾サンゴは、とても貴重品らしい。
だって、サンゴが、装飾品として、細工ができるようになるまでには、何千年、何万年という歳月が必要なのだから、そりゃ、貴重だよね。
赤い装飾サンゴは、別名「深海の結晶」とも言われ、見ることすらできないものらしいのだ。
だから、写真のようなサンゴがあると、これはもう、大変なことだなと、つい想像してしまう。
しかし、普通の人では、その域までは、残念ながら潜ることはできないらしい。

サンゴアナナスは、パイナップル科の植物

見た感じ、サンゴ玉のように見えるということで、そういう名前がついたのだそうだが、パイナップル、ちょっと、想像できないよね。

でも、写真を撮っていると、それに触発されて、いろいろなことが思いだされたり、想像したりで、とても楽しいの。
僕の場合、ブログはある意味、そういう思いつきのメモ。
そうそう、今、流行の言葉で言えば、僕の「忘備録」なのである…

昨日も友達と会って
「紆余曲折、いろいろあった人生だったけど、ブログなど書いたりしてると本当に楽しい」
そういうと、
「紆余曲折があったから、いろいろ書けるんだよ。そういう意味では、楽しい人生だったね」と。
そういいながら
「まだ終わっちゃないけどね…」
顔を見合わせて笑いながら別れた。
何十年の友達、たまに会って、励ましあうの、いいよね…

-コラム, フォトエッセイ, 写真エッセイ, 雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

やっぱり、撮らせる花といのもあるんだね メラストマというのだそう 

目次メラストマ 調べると 「ノボタン」と。一目ぼれ、まさに、まさにである。話変わって血液を冷やすネッククーラー、お気に入りなんだけど、限界があるああ、風、気持ちいいねぇと、思わず…体験、体感…肌で感じ …

OH いいじゃん、このレンズ気に入った。写真はオオゴマダラ

目次昨日、テスト撮影で、多摩動物園に行って撮ったの。「エッ ショッキングリードって何」冒頭から話が脱線してしまった。結論から言うと、このレンズ、気に入った。よくそれで仕事できるな、大丈夫、ちゃんと写せ …

みだれ髪 それは、赤裸々な日記なのである

目次みだれ髪 たった4文字だけど、深い意味がありそう写真から想像すると、やっぱり、与謝野晶子だな 時代が時代だけに、そりゃ、話題になるわね… どうやら、与謝野晶子、20歳の時らしい みだれ髪 たった4 …

姫芙蓉なんだけど 何か物語を感じる

目次どうやら別の惑星から来たらしいかつての喫茶店文化、それはとても素晴らしいものだった。ネット社会というヤツ、慣れないと、やっぱり大変だよアレコロナによって、社会が大きく変わっているのは感じるけれど …

日本一個性的なハンバーガー屋さんなのだそう

目次岡山には「岡山で二番目に美味しい寿司」といのがあったけれど、ここのハンバーガーは「日本一個性的」なのだそう。食べようと思ったら、カメラが目に入ったので、とりあえず写真を 岡山には「岡山で二番目に美 …

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます