コラム フォトエッセイ 写真エッセイ 雑記

イロハモミジはなんでいろはなの…

投稿日:

最近覚えた、タブレットの検索が便利でとても素晴らしい

Googleの検索窓を、ポンとタッチして、出てきた検索履歴を指でポンと上にはね上げると、
「Discoverで興味に感心に関連する情報が示されます」という項目がある。

それを指でポンと押すと。再び、Googleの検索窓が出てきて、
僕のタブレットではマイクのマークの横にカメラのマークが出てくる。
そのカメラマークをポンと押すと、画面はカメラになって、真ん中に大きな□(四角)が。

タブレットで写真を撮ればなんでも教えてくれる

コンピュータ画面に写しだしている、花の写真をその四角に入れてシャッターを押すと、
「イロハモミジ」というのが出て、それに関するいろんな情報を教えてくれるのである。

花の名前を調べたり、確認する時にこれを使っているのだが、便利で本当に助かる。
もちろんこれ、人に教わって覚えた。のだが、写せばなんでも教えてくれるのだから、凄いよね。
こんな便利なものがドンドン出てきたら、なんにも考える必要がないのだから、脳も退化するよね…

片方で便利さを享受しながら、片方で、その便利さを酷評している。
自分でも可笑しいと思うが、そうなのである。

しかし、よくよく考えてみれば、世の中の仕組みって、全部そうなんだよね。
そう、インスタントラーメン、たまに食べると凄く美味しい。
しかし、そんなものばかり食べていたら病気になるよと言われるし…
こうなるともう、自分のバランス感覚でコントロールするしかないと…

この紅葉の写真、そうやって調べたのだけれど、ついでだから
「イロハモミジ、なんでイロハ」と打ってみたら
「葉の先がいろはにほへと━と、七つに裂けているから」と。
思わずヘーと驚いてしまった。
そして、ヘーと言ってから、
「そういう時代になっているんだね」と、独り言を。
★   ★   ★

話がガラリと変わって、
最近、ちあきなおみの「北帰行」にはまっていて、レコーダーで何度も聴いて、
「これならいけそう」という感触(心の中で歌っているだけなんだけど)を得たので、昨日、阿佐ヶ谷の、時々行くスナックで腕試しをした。のだが、
やっぱり、本番は難しい。
特に昨日はうまい人ばかりで、90点超えというのがボンボン出ているなかで、76点は、ちょっと恥ずかしいのだけれど、
慣れれば、なんとか80点位なら行けそうという感触を得たので、いい気分で電車に乗っていたら、
新宿御苑前駅は完全に乗り過ごして銀座まで行ってしまった。
いや、それはどうでもいいんだけれど、美人のママさんが
「久保さんはいったい、いつ寝てるの。いつも真夜中にフェイスブック載せてるし」と・

時間が自由に使えて楽しい、もしかしたら、それが遊びの神髄なのかも(笑い)

確かに真夜中である。
基本的には、3時に起きてブログを書き、7時頃出かけて仕事に。
昨日、一昨日は午前中で終わったのでラッキーだったが、
基本的には夕方帰って、90分ほど寝て、風呂に行ったり買い物をしたりして、8時頃寝て⒒時頃に起き、ちょっと遊んでまた寝てという感じ…
そういうと、
「なんか、日常も自由で楽しそう」と。
そうかなぁ
言われてみれば確かに、自由である。
そして、そういう自由が本当に楽しいと、自分自身でも感じている。が、
時間が自由に使えると、本当に楽しい━と、つくづくそう思うこの頃である

 

-コラム, フォトエッセイ, 写真エッセイ, 雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

トラフアナナス パイナップル科の植物らしいが、この写真に僕は鑑真 海を渡るというタイトルをつけることにした

写真はトラファアナナスの花(?)
だが、この写真が何を撮ったものであろうと、「僕にはそう見える」、あるいは「そう感じる」ということでタイトルは着ければいいと思っているから、
「鑑真海を渡る」というタイトルにしたの。

そんな風には見えない?
僕にはそのように見えるの。
遣唐使の時代、小さな船に乗って海を渡るのには、覚悟がいった。
雨、風、海の荒れ…まさに、魔物と戦う大航海。
しかしその大航海は人の裏切りなどもあって、苦難につぐ苦難の連続で、鑑真の船も何度も難破して、計画してから日本に来るまでに10年の歳月を用しているのである。

秋陽(しゅうよう)に照らされ キラリと光る カラスウリ

目次しゅうよう(秋陽)か、いい言葉だな郷愁とは、多分、そういうのを言うんだろうね…思い出というのは、もしかしたら、頭の中で編集された記憶…いつまでも忘れられないおばちゃんとの別れ しゅうよう(秋陽)か …

花を花として見るのではなく、そこに描かれた物語を見るのも結構楽しい

目次花の中に隠された物語を見るのも結構、楽しい。 今日の物語は、宇宙の探索艇を利用してのボートレースお花の合唱団 歌っている姿が、楽しくて気持ちがいい  曲は人気の「心の瞳」 愉しんで写真を撮るように …

吾は菊也、そんな感じ

目次結構、主張してるよね、この花カメラマンと写真作家、何が違うのでは、写真作家というのは、どういう人ということで、通常は、 プロとして写真を撮って口を糊しながら、同時に作家としてという方法を取るのであ …

椿の実を見て、連想された思いで

目次ヘー 自然は天才芸術家あるがままにがいいね思い出された子供の頃の行事お袋の祭り寿司最高だった 今日は久保雅督です。 「撮って書いてワヤで笑える人生日記」 にお越しいただきありがとうございます。 今 …

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます