コラム フォトエッセイ 写真エッセイ 雑記

イロハモミジはなんでいろはなの…

投稿日:

最近覚えた、タブレットの検索が便利でとても素晴らしい

Googleの検索窓を、ポンとタッチして、出てきた検索履歴を指でポンと上にはね上げると、
「Discoverで興味に感心に関連する情報が示されます」という項目がある。

それを指でポンと押すと。再び、Googleの検索窓が出てきて、
僕のタブレットではマイクのマークの横にカメラのマークが出てくる。
そのカメラマークをポンと押すと、画面はカメラになって、真ん中に大きな□(四角)が。

タブレットで写真を撮ればなんでも教えてくれる

コンピュータ画面に写しだしている、花の写真をその四角に入れてシャッターを押すと、
「イロハモミジ」というのが出て、それに関するいろんな情報を教えてくれるのである。

花の名前を調べたり、確認する時にこれを使っているのだが、便利で本当に助かる。
もちろんこれ、人に教わって覚えた。のだが、写せばなんでも教えてくれるのだから、凄いよね。
こんな便利なものがドンドン出てきたら、なんにも考える必要がないのだから、脳も退化するよね…

片方で便利さを享受しながら、片方で、その便利さを酷評している。
自分でも可笑しいと思うが、そうなのである。

しかし、よくよく考えてみれば、世の中の仕組みって、全部そうなんだよね。
そう、インスタントラーメン、たまに食べると凄く美味しい。
しかし、そんなものばかり食べていたら病気になるよと言われるし…
こうなるともう、自分のバランス感覚でコントロールするしかないと…

この紅葉の写真、そうやって調べたのだけれど、ついでだから
「イロハモミジ、なんでイロハ」と打ってみたら
「葉の先がいろはにほへと━と、七つに裂けているから」と。
思わずヘーと驚いてしまった。
そして、ヘーと言ってから、
「そういう時代になっているんだね」と、独り言を。
★   ★   ★

話がガラリと変わって、
最近、ちあきなおみの「北帰行」にはまっていて、レコーダーで何度も聴いて、
「これならいけそう」という感触(心の中で歌っているだけなんだけど)を得たので、昨日、阿佐ヶ谷の、時々行くスナックで腕試しをした。のだが、
やっぱり、本番は難しい。
特に昨日はうまい人ばかりで、90点超えというのがボンボン出ているなかで、76点は、ちょっと恥ずかしいのだけれど、
慣れれば、なんとか80点位なら行けそうという感触を得たので、いい気分で電車に乗っていたら、
新宿御苑前駅は完全に乗り過ごして銀座まで行ってしまった。
いや、それはどうでもいいんだけれど、美人のママさんが
「久保さんはいったい、いつ寝てるの。いつも真夜中にフェイスブック載せてるし」と・

時間が自由に使えて楽しい、もしかしたら、それが遊びの神髄なのかも(笑い)

確かに真夜中である。
基本的には、3時に起きてブログを書き、7時頃出かけて仕事に。
昨日、一昨日は午前中で終わったのでラッキーだったが、
基本的には夕方帰って、90分ほど寝て、風呂に行ったり買い物をしたりして、8時頃寝て⒒時頃に起き、ちょっと遊んでまた寝てという感じ…
そういうと、
「なんか、日常も自由で楽しそう」と。
そうかなぁ
言われてみれば確かに、自由である。
そして、そういう自由が本当に楽しいと、自分自身でも感じている。が、
時間が自由に使えると、本当に楽しい━と、つくづくそう思うこの頃である

 

-コラム, フォトエッセイ, 写真エッセイ, 雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

面白い 都会ならではの風景だね、

目次ジャンクショップでみつけた堀だし物気になったら、とりあえず、手元においとく(取材しておく) それは、近い将来に起こる予兆だから… これ、川喜田二郎氏の「創造と伝統(祥伝社)から学んだもの癖のあるレ …

ノスタルジックジャーニー 青春時代を過ごしたわが郷愁の町

目次アルバムもいいが、やっぱり電子書籍だねデータづくりで二日間、それも楽し 人間って、本当に勝手だよね、懐かしい友達の顔が、昔のまんまの姿で思いさされる これは、数年前にキャノンのフォトプレッソのテン …

タマツヅリ 多肉植物

目次タマツヅリという多肉植物なんだけど、鎖、縄目と言えば、思いつくのはやっぱり縄文土器だよね…ところで、なぜ、縄の模様?凄いね、やっぱり知恵なんだ。縄目、お洒落だもんね縄というと、ついロープを思ってし …

ヘー ハワイアン 楽しそうだね みんな、ノリノリじゃん

目次ハワイアン 人気のなぜを調べてみた。「ハワイ」と聞いてパット思いだすのはプレスリーの 「ブルーハワイ」。「あなたプレスリー好き」といきなり ハワイアン 人気のなぜを調べてみた。 理由はいろいろある …

イチゴ ミルクに砂糖をかけてスプーンで潰して食べたら、笑われてしまった

目次イチゴには砂糖とミルク、それが僕ら(団塊世代)の常識だった。イチゴ見ると、思いだすよね、「いちご白書をもう一度」確か、畳一畳が1000円の時代だった。青春、いいよね、何にも怖いものがなかった。本当 …

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます