コラム 写真エッセイ 雑記

マレーバク 獏と、漢字を使いたくなるが、バクと獏は違うんだ

投稿日:

マレーバク 絶滅危惧種らしい。

獏と聞くと、
つい「夢を食べる動物」と思うが、調べて見ると面白いね、獏は確かにそうなのだが、その「獏」は、中国でできた空想の動物のこと。

草は食べるが夢は食べない獏に似た動物は「バク」なのである。

「獏」の姿は、
鼻は像で目はサイ、尾っぽは牛、足はトラと、空想の動物に相応しく、いろんな動物の寄せ集め、
誰が空想したのかは分からないが、確かにそんな感じだよね…
そして、草を食るバクも、確かに、「獏」に似ている。

なんだか、ややこしい話だが、そうなのだそうな。
調べていて、ハハと、つい笑ってしまった。
獏は、平安時代には日本人も知っていて、その頃から、「夢を食べる動物」と、言われていたらしい。

僕もまさに獏だった

「あなたはまるで獏ね…」
「なんで」
「夢ばかり語っている」
しかし現実は厳しくて…
だって、
「あなたが会社を辞めるなら、私も辞める」
その瞬間から二人とも無職だもの。
そうして、フリーランサーのカメラマンになったものの、僕がカメラマンなんて誰も知らないのだから仕事なんか来るはずもないよね。
だから、アルバイトをしながらのカメラマンだったのだけれど、
お金がしょっちゅう足りなくてね。

お金のない生活いやだったね

そういう思いがあったから、だんだんとビジネスに染まってくるのだけれど、
「私は写真家の久保と結婚したのであって、ビジネスマンの久保にはなんの魅力もない」と言われてしまうのである。
尤もその頃は僕も横柄で
「君と僕とでは住む世界が変わったんだよ」
そんなわけで、家にだんだん帰らなくなってね。
そりゃ、居心地がいいところにいたいもの(笑い)

なんだか今日は恥をさらしてしまった

しかし、この歳になってもまだ、
「こんなことできたらいいね、と夢を見ている」のだから、本当にどうしよもない男だと思う。
だけど、年金代わりに週に何日か働いて、写真を撮ったりブログを書いたりして楽しんでいる今こそ、僕の求めていた生活(暮らし)に近いものと思っているのである。
そういう意味では、まさに僕は「世捨て人」
「自遊人」なのである。

 

-コラム, 写真エッセイ, 雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

冬の夕暮れの光線がつくり出した風景

目次冬は、光線が美しい光と一口に言うが、いろんな種類の光があるのだ風景も瞬間を狙うと、本当に忙しい撮影なのだ沙漠の太陽はなかなか沈まない 冬は、光線が美しい 夕方の午後3時頃かな、 ちょっと低い位置か …

写真は心のビジュアル化 心に感じたことを形にする素晴らしさ

目次ただ写真を撮るのではなく、心で感じたことを形にすると、また別の愉しみが来るなら来いそうか、心の中はそのように捉えていたのか面白いねこの写真、撮ってて、自分でもそう思ったこの写真から、写真絵本という …

ウン 懐かしいねぇ、知り合いがコピーして持ってくれてたの、嬉しいねぇ

目次懐かしい記事が出てきたのでつい…「鍵善良房」は、よく知っていた。冷たくてのど越しがよくて、とっても美味しい。鍵善、くずきり、水上勉、僕の記憶のなかでは、セットになっているのであるやっぱりキチっとし …

久々に電脳文書体ではない、本気の記事を書くことになりそうで、ちょっと緊張している

目次降ってわいた執筆依頼喜び 不安 ゆれ動く気持ちの不思議な感覚気力、体力を整えて、全ての気持ちをそこに集中させなければなるから大変だ。このことを友達に話したらやるとなると、人の助けも必用なので、大変 …

なんとなく生け花 

目次生け花、そんな感じ。「生け花と活け花の違いは何」では、華道と花道は…生け花 華道、これを見るの、僕はとても好きなの。禅とは何か 生け花、そんな感じ。 生け花、活け花… 花道、華道… いろんな呼び方 …

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます