コラム フォトエッセイ 写真エッセイ 機材 雑記

OH いいじゃん、このレンズ気に入った。写真はオオゴマダラ

投稿日:

昨日、テスト撮影で、多摩動物園に行って撮ったの。

なんのテスト?
そうだよね、いつも、前置きなしで言いたいことをポンというから、
「なんの話」って、皆にそう言われるの。
いいじゃんねぇ、ショッキングリードと思えば、それは効果的話術の方法なんだから…(笑い)

「エッ ショッキングリードって何」

「ああ、それは、講演などで使う話術のひとつでね、例えば、人の名前をあえて間違えて、ネェ、山下さんと言うと、違います、山本さんですよと、会場が反応する」
それを見て
「分かってますよ、あえて、そう言ったのですから… 実はね、これをショッキングリードと言って、みんなの関心を僕に引き付けるために、あえて、間違えたのですから…」
そう言うと、会場からワーと拍手が沸き起こるわけ。

冒頭から話が脱線してしまった。

実は、数日前、中古販売のカメラ屋さんで遊んでいて、「ウン」と思う、掘り出し物のコンバータ(レンズとボディーの中間に入れて、望遠レンズをさらに望遠にするというレンズ)
を見つけ、安かったので、ダメ元で買ったの。
そのレンズのテストがしたくて多摩動物園に行ったのである。

結論から言うと、このレンズ、気に入った。

正直言って、僕はメカには滅法弱いので、良い悪いは何を基準に見ればいいのか、よく分らないのだけれど、
オートフォーカスは、たまにエラーが出たりするけれど、再アタックすれば、ちゃんと動くし、
キチンと写ってるから、いいいのでは、
その程度しか分からないのだが、
「使える」ということで、ラッキーと思っているのである(単純)

 

よくそれで仕事できるな、大丈夫、ちゃんと写せるから…

こんなことを書くと
「それでよく仕事できるな」と言われそうだけど、
「写りゃーいいんだよね、カメラなんだから」(笑い)
昨日は、
早く行って早く帰ろうと思っていたのに、午前中、もたもたしていて、部屋を出たのがほぼ13時。
動物園に着いたら2時を少し過ぎていて、しかも、ダラダラ坂をかなり上るのできつくてもうハーハーフーフーで、鉛のように重い足を擦りながら、日頃の運動不足を反省させられた。

こうして、チョウチョの館にやっと着くと、
ダウンを脱がなければ、汗が噴き出してくるし、
カメラを組み立てれば、急激な気温の変化で、レンズが曇って何にも見えない。

幸いなことに、温室の入り口にエアコンの噴出し口があったので、その風をレンズに当てて温度にレンズを馴染ませ、
その間にメガネを拭き、汗をぬぐってとやっていたら無駄な時間を随分食った上えに、動物園は、あっちこっちを工事をしていて、成果がないまま切り上げることになってしまった。
そして、途中下車して、仙川の「湯の里」という、温泉に入って帰ってくると、もう、8時。
大変な旅行になってしまったのだが、
まあ、レンズ、いけるという結果を得たので、それだけで良かったとしなければね…

うん、少し体を鍛えて、若さを取り戻さなければ

それにしても、一日という時間の単位で、出来たことは、たったそれだけ。
やっぱり、スピードが鈍くなっているんだね…
少し体を鍛えなければと、大いに反省させられた。

今日は一体、何を書いたんだろうね、
だらだらと、ただ文字を連ねただけだけど…
継続の一本、そう思って諦めた。

-コラム, フォトエッセイ, 写真エッセイ, 機材, 雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ダリア ラベンダースカイ 大輪の華やかさが人気らしい。

アッいけないダリアだったね、
そこにオリジナル性が残っているのかどうかは知らないけれど、「美しい花」という意味においては、そういうことはもはやどうでもよくて、それを見た人が「美しい」と感動すれば、それが花(華)なんだよね、と僕は思う。
そして、写真とは、その美しさをどう伝えるかということだと思うけれど、なかなか難しい。だから、何回も何回も、年年歳歳、その季節がくれば、その花を撮っているのだが、
「よっし」というのは、なかなかできない。

詠み人知らずという俳句や和歌、短歌があるのだから名前が分からない花があってもいいだろう

目次紫の花に心惹かれて感動したのはいいが、どう表現したらいいのか、それはまだ解決していない。70年の人生で、こんなの初めてあのアクションは一体、何だったんだろう瞬間、心の中突き抜けたイナズマ 紫の花に …

楽譜作りを楽しむお猿さん、はてさて どんな音楽ができるのか

目次イメージって面白いね、そう思えば、そのように見えるから…面白いね、人間の心って、思い込みによって、見え方が全然違ってくるんだから…だから、僕の撮った写真だってねぇ…(笑い)名刺に書けるタイトル 歳 …

秋陽(しゅうよう)に照らされ キラリと光る カラスウリ

目次しゅうよう(秋陽)か、いい言葉だな郷愁とは、多分、そういうのを言うんだろうね…思い出というのは、もしかしたら、頭の中で編集された記憶…いつまでも忘れられないおばちゃんとの別れ しゅうよう(秋陽)か …

まるで挿花

目次華道、生け花、挿花今回、「挿花」をタイトルに使ったのは、そういうイメージがあってのことなのだけど、写真は読むもの。アッ これはまるで挿花の世界うん、やっぱり写真はムード、雰囲気、アトモスフィアとあ …

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます