コラム フォトエッセイ 思いつき 雑記

アドセンスでの収益を目標に、年甲斐もなく勉強を始めたの、行き先のない明日が不安だから

投稿日:

またまた「君の名は…」になってしまった

コンピュータに花の写真を映しだして、
それをタブレットの検索カメラで写せば、名前、すぐわかる。
そう思っていたのに、
分からないものもある━ということが分かって、ちょっとショック。
やっぱり、その場その場で、情報はできるだけキッチリととって行かなければね(苦笑)

これも、コロナで閉鎖される前に、公園でとった写真。

一応、ネーム板、写しているのだが、その名前を検索窓に打ち込んでも違うものが出てくる、
多分「これだ」と思って撮っているのだが、違うものを写しているんだね(笑い)
ということで、今日も「詠み人知らず」否「名無しの花」ということで…
ショウガ科の花だとは思うのだけど、いい加減なことは言えないしね…

実は昨日、写真を撮りに行こうと思ってたのだけれど、荷物が届くという知らせが来て

そうなのだ、実は先日、お気に入りのサプリメント「複合活性酵素」というのを発注していたのが、午前中に届くという連絡が来て、それを待っていたら、ギリギリの午前中だったので、動きがとれなくなって、アドセンスで収益を生むための勉強に切り替えたら、スッカリそれにはまっちゃって(笑い)

だって、それが理解できて実践すれば、
「月10万位なら楽勝」と、皆が皆言っているのだから…
「イヤー僕は」といいながら、

パラダイムをちょっと変えればそうなるのであれば━と思うと、やっぱり欲が出てねハハハ…

今、ネット社会で活躍している多くの人は、かつてはニートと言われた人たち、面白いね

昔、ある人を取材した時
「これからはニートが台頭してくるよ」というのを聞き、その時は、まさか━と思っていたのだが、本当にそうなっているので、驚いているのである。
ネット社会が発達して今、稼いでいる人の大半が若者で、いわゆるニートと言われた人たちなのである。
やっぱり勉強してたんだね…

その人たちの稼ぎ、月に数千万というのがザラなんだから…わかんないよね、人生は…

かつての常識は今や通用しない。
価値観はどんどん変わっているのである。
そういうのを見据えて昭和の高齢者が、「よし」と言って挑戦しても、そりゃ大変だよね(笑い)
でも、

可能性がないことはない、すでにアドセンスの資格は持っているのだから

「月に最低限の10万位は稼がなければ」とつい思ちゃってね(笑い)
ウン、
やっぱりそうだね、
やれば、
「そうか、そうだったのか」と、思い当たるものが沢山あって、ついハマってしまったというわけ。
そう、ハウツー、ノウハウ、トゥードゥー
ある程度までなら、無料で公開されている講座から学べる。それでも結構勉強になる。
そう、僕はケチだから(笑い)
目標は3か月でそこまでに到達すること、
アッ 公言しちゃった。
「コリャーもう、頑張るっきゃないな…」
久しぶりに、カチッとスイッチが入った、
「よしゃぁー。グゥアバルゾー」と、気合をいれたのだった。

-コラム, フォトエッセイ, 思いつき, 雑記

執筆者:


  1. 柳原茂光 より:

    私も70代、久保さんの努力、見習わないとイカン頑張れ70代!!

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

エンビセンノウ(燕尾仙翁)学名はlichensはギリシャ語で炎という意味らしい

この花を見て思いだしたのが、速水御舟の「火舞」
どこの美術館で見たのか忘れたけれど、まさしく炎が舞い上がっているようで、感動させられた。
その時、カタログだったかな、パンフレットだったかに書かれていたエピソードで
御舟がこの絵を描いていた時、近くの人が、描かれたこの絵を窓越しに見て、
「火事だ」と叫んだという話が載っていたのが記憶にある。
そのエピソードを確認しようと思って調べたが、見つけることはできなかった。が、炎舞という作品は、家族とともに数か月過ごした軽井沢で描かれたのだそうだが、その裏話があったのでそれを

緋衣崑崙花を見てつい連想してしまった西遊記、玄奘三蔵インドへの旅

目次まさに法衣を着た花だねヒゴロモコンロンカ 漢字で書くと緋衣崑崙花。崑崙山脈は中国西部にある山脈で、西遊記の舞台蘭州の肉ラーメンが、日本のラーメン(志那そばの原型)?花の名前から連想するのは、やっぱ …

セグロセキレイ 背黒鶺鴒というらしい

目次調べること、やっぱり大切だねこの機能、本当に便利がいい。セグロセキレイ、漢字で書くと背黒鶺鴒、主にに水辺にいるらしい。昨日は一瞬、ドキっとしたことがあったので、ちょっと報告。 調べること、やっぱり …

サッカー少年 実を言うとこれ、2年程前にとった孫の写真なの

目次実を言うとこの写真、2年程前に撮った孫の写真なのこの写真を撮った時、こういう時代がくることは、予兆として捉まえていたのである一旦一線を引いた身なのだから、ギャラに拘らなくてもいいというのが、決断の …

東京の河 武蔵五日市 駅の近く 

目次武蔵五日 秋川、数馬への道…沢小屋だるまストーブのある風景休みと言えば、そこに行っていたしかし、五日市は車で走り抜けるだけだから、こんなにゆっくり見たのは初めて 武蔵五日 秋川、数馬への道… よく …

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます