つれづれ コラム フォトエッセイ 写真エッセイ 雑記

冬の陽の光がつくるアートが素晴らしい

投稿日:

いいよね、575、何はなくても、それらしくしてくれる

冬の陽の 光の創りだすアートに心触れ
嗚呼と、感嘆のため息をつく

別に俳句をつくろうというわけでははない。
僕はどちらかと言えば短歌の方が好きで、しかも字余りの余韻が好きなのだが、短歌とはなにかと問われると、57577、(そうだったかな)、それ位しか知らないのだが、啄木とか藤村の作品を見ると、感動してつい口ずさんでしまう。
575が好きなのは、おそらく、そういうものの影響だと思う、アッ、もう一つあった、漢詩、沢山は知らないが、好きで結構、読んだりしている。そして、耳に心地よいものをいくつか覚えている程度なのだが、やっぱり、575なのである。
きっとリズムがとりやすいんだね…

文章で大切なのはリズム…

文章を書く上において、リズムってもの凄く大事だと思っているの。
だから、いくら名分と言われるものでも、僕とリズムの合わないものはスルーするのだが、記憶に残っている書き出しで、いいと思うものはやっぱり、リズムがいいよね…
「風に吹かれて方々を歩いて来た」(五木寛之 風に吹かれての書き出し)
いいよね、その短い書き出しだけでジーンときちゃう。
「青年は荒野を目指す」(五木寛之)の書き出しも、今も記憶の中に残っている。

書き出しこそ文章の命 だって書き出しが悪かったら誰も読んでくれないもの

なんの本だったか忘れたが、「書き出しこそ文章の命」というような内容の本で、
そこに書かれた作家の名前も忘れたけれど、新しい本を書くにあたって、何日も何日も書斎にこもり、いろんな本の書き出しだけを読んでいたというエピソードの紹介をしていたのを覚えている。
そんなことがあって
「そうか、文章は書き出しとリズムなんだ」と心にインプットした記憶がある。

文章、あれは麻雀と一緒なの

「あなた麻雀やる」
「エエ」
「文章はあれと一緒なの」
「エッ どういうことですか…」
「だから、頭をつくって、後は123 123でしょう」
「なる程、わかりました」
教えてくれたのは誰だったか…
こうして、僕は書き方を覚えていったのだが、そういう教え方してくれる人、今はいないよね…だから、今のハウツーってネェ…

おっと、何か書いていたら、適当な分量になっていたけれどなんだったけ…
そうそう、冬の太陽だった。
これを意識して歩くと色々あってね、本当に楽しい…
そういうのを書こうと思ってたのだけれど、流れてしまった(笑い)
だからそれは今度ということで…
いいね、この(笑い)というの、これをつければなんとかとまっちゃうもの(笑い)

 

-つれづれ, コラム, フォトエッセイ, 写真エッセイ, 雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ヒメユリ、可憐な花だけに、歴史の傷跡がオーバラップされて、心が痛む

ヒメユリ英語では、Morning star lily(星の花)というらしい。
「夏の野の繁みに避ける姫百合の知らえぬ恋は苦しきものぞ」と、万葉集にある。
「相手に知られない恋は苦しくてせつないもの」という意味らしい。
年をとると、それがいいんだよね━と、僕は思っているのだけれど…(笑い)

冬の夕暮れの光線がつくり出した風景

目次冬は、光線が美しい光と一口に言うが、いろんな種類の光があるのだ風景も瞬間を狙うと、本当に忙しい撮影なのだ沙漠の太陽はなかなか沈まない 冬は、光線が美しい 夕方の午後3時頃かな、 ちょっと低い位置か …

島桜 咲いている姿がすでに生け花…

目次忘れていた大切なものを思い起させてくれた花「シマサクラ」タオ(道)まさに「花道」だとつくづく思う…やっぱり芭蕉の575 凄いんだ 忘れていた大切なものを思い起させてくれた花「シマサクラ」 シマサク …

キレイとか可愛いだけではなく、よく見れば、花にもいろんな表情がある。

目次歌う花嫌なことはとにかく記憶から消してしまう。それが大切なのだが…「忘れようとすればする程、記憶してしまうんですが…」歌を歌えば、簡単に、無我の境地にいくことができる 歌う花 (勝手に命名) だっ …

コキンメフクロウ ハリーポッターシリーズで特に人気が上がったのだそう

目次フクロウは不苦労と書くのがいいらしい。顔が丸いのは、音を頼りにエサを捕るためフクロウをテーマにした映画 フクロウは不苦労と書くのがいいらしい。 日本では昔から、神の使いとして崇められていたようだ。 …

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます