コラム フォトエッセイ 写真エッセイ 花ものがたり

バラ 薔薇 ばら いいね なんとなく品があって、なんとなく雰囲気があって

投稿日:

このバラの写真 僕のお気に入りなの

どこがいいの、
そう言われると困ってしまうんだけどね、なんとなく、なんとなく、なんとなく(笑い)

色、形、雰囲気…

そう、アトモスフィア、
全体の雰囲気に、男心を惹きつける、
そんな魅力を感じるの。

雰囲気というのは、難しいねぇ、

ただ美しくてもだめだし、
イヤ、美しかったらなんでもいいかも知れれない…(笑い)
やっぱり、姿、形あるよね…

このバラを見ていると、つい思いだすのが、華道家の安達瞳子さんに聞いた、若い頃のお話。

「花を生業とする者として、世界の花の市場位は見ておかないとね」

安達さんは、そう思って、花の市場の世界巡りの旅に出た。
フランス、マルセイユの市場に行った時、
バラの花を満載にしたトラックが市場の中に入ってきた。

安達さんは、トラックが行き過ぎるのを待とうとして、隅によった。
トラックが、安達さんの前を通りかかった時、ガタンと揺れて、バラの花が少し落ちた

「落ちた花なら拾ってもいいだろう」
そう思って、手に持った瞬間だった。
トラックが止まって、ハンサムなお兄さんが降りてきた。
安達さんは、怒られるのかと思って身構えた。
すると
「若い女性に、拾った花は似合わない」
そういって、トラックから、バラの花を抜いて、差し出されたのだと…

まるで、映画をみているようなお話、

もう、何十年も前に聞いた話なのに、忘れられないのである。

こういうお話、もっともっと、沢山聞いとけばよかったと、今さら悔やんでもしょうがないね…

 

昔、「ちょっといい話」(戸板 康二)という本が、ちょっと人気になったことがあったけれど、いいよね、ああいう本、憧れるよね。

ブログ、まあ、そういうようなことがやりたくて始めたたんだけど、記事は溜まるが、
なかなか、思うようにはならないね(笑い)
でも、こうして書いているの楽しいからいいんだけどね、

で、折角アドセンスの資格とったのだから、そう思って、SEOの勉強を始めたのだけれど、コンピュータ、本当に難しい。
分ってしまえば、
「なんだ」ということになると思うんだけど、大変なの。
でも、大分、感触をつかんだので、そろそろと思ってるんだけどね、
これがうまく行って、コロナが終ったら、僕も旅に出ようなんてことを考えて、勉強を続けているのである。

-コラム, フォトエッセイ, 写真エッセイ, 花ものがたり

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

クリオネが流氷の天使なら、この花は森の妖精だ。

目次いつの間にか、こんな会話をして楽しんでいた花もやっぱり、人の感想を気にするのだろうか…アルストロメリア・ミディピンク アンデス山脈の寒冷地に自生するらしい。日銭稼ぎの仕事も、契約更改というのがあっ …

ダリア ラベンダースカイ 大輪の華やかさが人気らしい。

アッいけないダリアだったね、
そこにオリジナル性が残っているのかどうかは知らないけれど、「美しい花」という意味においては、そういうことはもはやどうでもよくて、それを見た人が「美しい」と感動すれば、それが花(華)なんだよね、と僕は思う。
そして、写真とは、その美しさをどう伝えるかということだと思うけれど、なかなか難しい。だから、何回も何回も、年年歳歳、その季節がくれば、その花を撮っているのだが、
「よっし」というのは、なかなかできない。

お雑煮    

目次お雑煮 僕の場合は雑煮(ざつに) 思いつきで、あるものを適当に入れて、今朝つくった。うん、いろんな味が適当にからまってそれなりにね…今日は昼頃、友達の家で恒例の新年会 お雑煮 僕の場合は雑煮(ざつ …

木瓜 漢字で書くと気にならないが、カタカナ表記だと、 自分のことを言われてるみたいで、なんとかならないのか─と思ってしまう。

目次易占いの卦辞(64通り)を写真で見せるという大胆な発想で写真集を企画テンプレートを利用したフォトアルバムで「そら 空 宇宙」というブックスタイルのアルバムを制作 木瓜 この花、好きな花の1つで、毎 …

壊れたバックをリメイクして楽しむ

目次ケチから生まれたバックのリメイクという愉しみメモ帳 本のカバー いい革があればなんでも作れる女性の眼をひいたオリジナルバックさすが職人素人では及ばない技バック屋の主人も仰天した素人発想「腐っても鯛 …

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます