トレンド フォトエッセイ 写真でつくる絵本 写真エッセイ

「あつもり」何と思ったら「あつまれ森の動物たち」というゲームのことだったんだ。

投稿日:

孫に、「こんなのどう」って見せたら、「アッ あっもり」っていうから、「なに」って聞いたら、ゲームのことと。

調べてみると、任天堂のつくったゲームで

自由気ままに暮らせる自分の無人島を作るゲームらしい。

「あつ森」面白そう どんなゲームか調べてみた

無人島だから、最初はテント生活。
家具や道具を売るお店はなく、島は雑草や木が生えたまさに「無人島」。
そこから、お金を貯めて、住宅ローンを払い、島を少しずつ整備していき、自分だけのオリジナルの島を作っていくというゲーム。

ストーリー(設定)には矛盾があるけれど、そこはホラ、ゲームだから

島を発展させていくうちに、住民との信頼が生まれ、新しい住民も増え、仕立て屋やスーパーなどのお店ができ、自分だけの島になっていくという設定。

四季がある

春には桜が咲き、夏には蝉の声が響き、秋にはススキが風になびき、冬は雪景色を楽しむことができ、晴れの日も雨の日もあり、天気によって出てくる魚・虫の種類ももちろん変って、一年中、どことなく現実世界と似たリアルな日々を、自分の島で過ごすことができるゲームらしい。

ああ、それでだ、いろんな動物が出てくるからね。

僕が今作っている絵本(写真でつくる絵本)は、ムッシュと呼ばれるオームがあっちこっちに行って
「俺のいる森には愉快な仲間がいっぱいいて、とっても素晴らしいんだ」と、自慢していたら、
一度、その森に連れていってよということになって、森の仲間を紹介するという設定なの。
12ページから、16ページをシリーズにしてと考えながらインスタグラムやフェイスブックに、こんな感じというのを、出しているんだけどね…

知りあいはいいねと言ってくれるんだけどね

今は一冊からでも本つくれるから、楽しみとしてやっているのだけどね(笑い)
それを先日、孫にみせたら、「あつ森」と言われたので、まぁまぁかなと(笑い)
でも、この絵本、根底には、ちゃんとしたコンセプトがあるんだから…(笑い)

写真は、コツメカワウソちゃん、ヒョウキンな顔が受けるのか、人気ものなの。

「飼いたい」という人も多く、ブームらしいが、ペットにはむかないらしい。噛まれると顎が強いし、力も強いし、頭がよくて、噛まれておびえると、「噛めば、思い通りになる」と知って、ますますとなるらしい。
アライグマもテレビアニメでブームになったが、手こずって捨てる人がおおく、それが野生化して困っているというニュースを見たこともある。

そういうことを考えると、可愛くても、動物はやっぱり、動物園で見るのがいいみたい…(笑い)
引っ張った割には、落ちがショボいね…

-トレンド, フォトエッセイ, 写真でつくる絵本, 写真エッセイ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

求めたのは透明感 意識したのは堂本印象だったのだが… 

目次冬の光線が作り出す美しさ逆光の撮影は、本当に難しい撮っている最中に意識したのは、日本画家の堂本印象だった。よし、ここは○○だな久々の写真三昧 冬の光線が作り出す美しさ 冬の低い位置から差し込んでく …

日本一個性的なハンバーガー屋さんなのだそう

目次岡山には「岡山で二番目に美味しい寿司」といのがあったけれど、ここのハンバーガーは「日本一個性的」なのだそう。食べようと思ったら、カメラが目に入ったので、とりあえず写真を 岡山には「岡山で二番目に美 …

テーブルの上の片づけ、究極の方法、とにかく一旦、下に下ろして何にもなくするだった

最後はやっぱりエイヤー 時間がある時にゆっくりやろう
そんなこんなで、ちょこちょこやってると、時間ばかり浪費して、最後には大きな箱を持ってきて、そこに全部放り込むということになってしまうのだけど、これで、片づけとか整理とか言えるのかねぇ…
でも、見た目は綺麗だよ…
だめだこりゃ、僕には、片づける才能がない。
やっぱり、掃除屋さん頼むしかないかもね…
でも、細かいところは自分でやるしかないしねぇ、
結論、見た目はキレイなったけど、中身はグチャグチャ、
これってまるで僕の人生そのものだなハハハ…

桃バタージャム セゾンファクトリーの果実ジャムが めちゃ美味しいと人気らしい

僕の休日の楽しみは、部屋をちょっとキレイにして、フランスパンに、例えばイタリアンプロシュートとか、奈良漬け、スモークサーモン、そしてこの桃バターソースをあしらって、音楽を聴きながらゆっくりと食べること。

プレウロタリス・タランチュラ蘭なんだけど、ちょっと変わってて、葉っぱの裏で生息するの

目次プレウロタリス・タランチュラ 蘭の花ゆるいマスコットキャラクターとはところで、1980年代(昭和55年)とはどんな時代僕はこの頃は30歳位だったが、世の好景気を横目で見ながら、行く末に不安を感じな …

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます