コラム トレンド フォトエッセイ 写真でつくる絵本 写真エッセイ

あつもり「あつまれ森の動物たち」ゲームがなぜ人気なのかについて調べて分かったことは

投稿日:

自然はいいなといいながら、やっぱり文化的生活がいいんだね

無人島で、テント生活から始まって、家を買う多額のローンをかかえ、必死になってお金を稼ぎ、他の仲間と協力して、理想の夢の島をつくるという物語りのゲーム。
現実と夢、そこには欲望を満たすという、人間の本性(性)をくすぐるものがあって、
ゲームをやっているうちに、ついつい夢中になっていくんだね…

ゲームであっても、やっぱり、本能を刺激するものがいいんだね

特に、今のようなコロナ禍で動けない状態になると、気持ちの切り替にゲームは理想

どうやらそれが、人気に拍車をかけているということが分かった。
これはまぁ、僕の勝手な解釈だが、やっぱり、目的があると頑張れるけど、目的がないと、何もする気が起こらないものね(笑い)

僕が今、必死になって勉強しているSEOだって、
「これをマスターすれば」という目的があってのことだものね
それにしても、聞いたことがない言葉がいっぱい出てきて、最初は大変だったけど、やっているうちに、段々と、分ったような気がしてくるから不思議だよね、慣れるということは、そういう意味で大切ということを学ばせてもらった(笑い)

写真は、白黒エリマキザル、なんかちょっとコワイ感じだけど、なんとなく愛嬌があるよね…

生息地はダガスカル島の熱帯多雨林。

顔のまわりには長いふさ毛がエリマキのように生えていて、これが名前の由来になっているらしい。

白黒エリマキキツネザルはサルにしてはめずらしく樹上に簡単な巣を作り、そこで子育てをする習性があるらしい。

キツネザルの仲間は、菜食に出かけるときなどは子どもを一緒に連れて行くが、白黒エリマキキツネザルだけは子どもを巣において採食に出かけると言われている。
絶滅危惧種に指定されている
臭覚は、そうとう鋭いらしい。

写真は上野動物園で撮ったもの
コロナ禍 こうやって、調べものしてブログ書くの、遊びとして結構たのしい

 

 

 

-コラム, トレンド, フォトエッセイ, 写真でつくる絵本, 写真エッセイ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

行くべきか 行かざるべきか、それが問題だと考えるリス

目次キタリスというのだそう。漢字で書くと「北栗鼠」その位 蓄えていれば、食べること心配しなくてもいいもんねぇ… これは深刻な問題だ。 キタリスというのだそう。漢字で書くと「北栗鼠」 夏は小枝で丸い巣を …

薔薇の花言葉 本数や色によって変わるって、知ってた

目次エッ何、ソフトクリームみたい、そんな花言葉はない薔薇は薔薇でいいじゃんねぇ、薔薇(ソウビ)と書くのは、和名で、トゲのある総称である「いばら(茨)」が転訛したものらしい。アッ 芥川龍之介が使っている …

ネット社会は、自分のメディアを気軽に持てるから楽しい。写真や文章、作品を発表していれば、そこから何かが起きてくる

目次実ものを見ると、なぜだか写真を撮りたくなってくる隣の家の庭の片隅にあった。ユスラウメの木随筆、エッセイいいよね。でも単体では売れないから、やっぱり電子書籍だな 実ものを見ると、なぜだか写真を撮りた …

バレリーナ エトワールなの フクシアジョイパットモアというチーム   

目次バレリーナには いろいろ階級があって、エトワールになるのは大変なの 苦しくても、それを感じさせないで、いかに優雅に楽しく見せるか、これが勝負なんだフクシアの歴史を調べてみると バレリーナには いろ …

紅花羽衣

目次紅花羽衣の木、グレビア・バンクスというのだそう。 日本で最古の羽衣伝説は、滋賀県長浜市の余呉湖を舞台としたもの(近江国風土記)有名な羽衣伝説は三保(静岡県)の松鳥取県倉吉市の羽衣伝説は、取材中多く …

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます