discover essei event memory photo

たい焼き、これ本物、年末ならではの風景だね

投稿日:

OH、たい焼き、これこそ本物

さっき、新宿御苑前、花園通り商店街を歩いていたら、魚屋の前の路上で
「撮っていい」と言ったら
「どうぞ」と言って撮らせてくれた。
そうか、正月だもね、「めでタイ」だよね…
こういう風景、なかなか出会うことがなくなったので、もしかしたらこれ、貴重な写真かも…
だって、煙を出すと、洗濯ものがとか、臭いがとか、そういうことにやたら煩くなった世の中だものね…

鯛の浜焼、懐かしいねぇ

この写真を見て思い出したのが、岡山の「鯛の浜焼」
駅の売店では必ず売っていたんだけれど最近、みかけないね。
昔々、そう、ワンスアポンナタイムは、江戸時代旅する女人が被る編み笠(あれなんて言うの)その中に大きな鯛の浜焼が頭と尻尾を出して入れられていたの、それが、山陽新幹線ができた頃から、傘は一緒なんだけど、鯛の姿はみえなくなって、ついには浜焼そのものを見なくなってしまった。
懐かしいね、そして食べたいねぇ、
毎年、年末になると、大きな鯛と、鯛の浜焼など贈答品として贈られてきていたので、正月には鯛の刺身、鯛の潮汁、鯛の浜焼の身を熱いご飯の上に乗せ、小倉屋の塩昆布、確かえびすめと言ったと思った、を乗せ、熱湯玉露をかけて食べるお茶漬けが僕は好きでねぇ…
そんなことをつい、思い出してしまった。

先祖は凄い、お前は、聞くなアハハハ…

爺さん(母の父)やっぱり凄かったんだね、だって、今、そんなもの僕買えないし…
そんなことを思いさしてしまった。
きっと、僕の今の姿を先祖がみたら…本当にトホホだね(笑い)
その家も今や没落の象徴のような姿をさらしているだけの哀れな姿に…
でも、その家のお陰で、何も考えずに、ノンビリと、何事に対してもアハハと笑っていれば、すべてうまくいくという楽天の性格になったんだけどね…

思い出も時には、心を癒してくれるの(笑い)

子供の頃の思い出はいい思い出ばかりなんだけど、大人になっての僕の人生は、アハハハの人生で、どうしようもないんだけれど、フリーで自由に好きなことをして、ドロップアウトもせずに、なんとか生きてこられたことには感謝しなければね…
そう、せめて、思い出の中で、「ああ、良かったな」というのを思い出しながらね…
年があければ73歳、まだ足腰はしっかりしているし、行動も素早い、今のうちに、やるべきこととをやっておかなければと思いながら、友達の呼び出しを受けては、酒を交わす今年の年末…
会える時に会っておかなければと思うからつい出かけて…
酒はあんまり飲めないけれど、いいね、会っておしゃべりをする…
いいね、
「よいお年を」
そんな言葉にも、特別な感慨を覚えるようになってきた(笑い)

-discover, essei, event, memory, photo

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

イカ 泳いでいるの見たの初めて イカの握り大好き 

寿司と言えば森の石松だよねぇ
「食いねぇ食いねぇ、寿司を食いねぇ」
あれ
いつ頃の話

ついでに調べると
この話は
虎造の十八番の一つ
「石松三十石舟」の中で語られる台詞(もの語り)
石松が、
たまたま舟に乗り合わせて客に、
次郎長一家の中で、
有名なのは誰かというのを語る場面で、
旅人に石松の名と噂を思い出させようというシーン
サビのところで、
「あんた江戸っ子だってねぇ」
食いねぇ、食いねぇ寿司を食いねぇ」
そう言いながら、
「有名なの、誰か一人抜けちゃーいませんかと」
促すあの台詞…
あれは
虎造の創作だから、
歴史とはまた別ということらしい。

憧れのライカ、つい買ってしまった。700円 

ライカと言ってすぐに思い浮かぶのは「決定的的瞬間」のアンリ・カルティエ=ブレッソン
いつもカメラを持っていて、ここしかないという瞬間を撮るの、いつ見ても何度みても素晴らしい。
本当に本当に本当に凄いセンス
有名な話として
「使ったレンズは、生涯を通じて、スタンダードのレンズだけ」という伝説が、
スタンダードのレンズとは、焦点距離50ミリの、普通、カメラを買った時についているレンズ(今はズームレンズが多いから昔の話)で、人間の視覚に近いレンズと言われているのだけれど、実際には、使いずらいレンズ(僕の経験)で、僕はあまり使わなかった。
想像だけど、スタンダードで、ブレッソンのような写真を撮ろうとすると、鋭いフットワークが要求されるが、もしかしたら、トリミングで写真を作っていたのではと想像しているのだが…ライカという名前と同時に出てくる写真家である。

スマホで撮影、クササンタンカ、リズムがあっていいよね、楽しそう

撮影する時意識していることは…
意識しているのは常に宇宙観(感)、アナザーワールド、物語が感じられる写真…そう、もうひとつの何か、サムシンエルスを求めているんだけどね、なかなか難しい…

スマホカメラで遊ぶ 今日の写真は桃 まさか東京のど真ん中で撮れるとは

清水白桃 桃の女王
美味しいねぇ…
しかししかししかし
自分で買ってはは食べられないよねぇ…
ところが
その白桃で、
お汁粉つくっているお店があるの

(季節限定でその期間は短いけれど)
食べたよ
とっても美味しい
つくっているのは

「茶とあん」(阿佐ヶ谷の喫茶店)
岡山出身のママさんで
安く仕入れられる特別のルートがあるらしいの…
で、
今からそれが楽しみなの
桃をシロップで煮て
それを餡子と合わせていいるのを冷たくして食べるのだけど、
とっても美味しいの…
知合いの女性にその話をしたら
「食べたい」
というので、
その時期になったら連絡することになってるのだけれど、
その前に、
ちょっと働いておかなければね(笑い)…

望遠レンズを愉しむ 春の歌声 春はもうとっくに過ぎたけど

全てが
即興
思いつきで

ちょっと安易過ぎてるよね…
もう少し
考えるとか
捻るとかすれば
さらに楽しくなるんだろうけれどねぇ
それができないのが僕なのである…

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます