discover essei event memory photo

たい焼き、これ本物、年末ならではの風景だね

投稿日:

OH、たい焼き、これこそ本物

さっき、新宿御苑前、花園通り商店街を歩いていたら、魚屋の前の路上で
「撮っていい」と言ったら
「どうぞ」と言って撮らせてくれた。
そうか、正月だもね、「めでタイ」だよね…
こういう風景、なかなか出会うことがなくなったので、もしかしたらこれ、貴重な写真かも…
だって、煙を出すと、洗濯ものがとか、臭いがとか、そういうことにやたら煩くなった世の中だものね…

鯛の浜焼、懐かしいねぇ

この写真を見て思い出したのが、岡山の「鯛の浜焼」
駅の売店では必ず売っていたんだけれど最近、みかけないね。
昔々、そう、ワンスアポンナタイムは、江戸時代旅する女人が被る編み笠(あれなんて言うの)その中に大きな鯛の浜焼が頭と尻尾を出して入れられていたの、それが、山陽新幹線ができた頃から、傘は一緒なんだけど、鯛の姿はみえなくなって、ついには浜焼そのものを見なくなってしまった。
懐かしいね、そして食べたいねぇ、
毎年、年末になると、大きな鯛と、鯛の浜焼など贈答品として贈られてきていたので、正月には鯛の刺身、鯛の潮汁、鯛の浜焼の身を熱いご飯の上に乗せ、小倉屋の塩昆布、確かえびすめと言ったと思った、を乗せ、熱湯玉露をかけて食べるお茶漬けが僕は好きでねぇ…
そんなことをつい、思い出してしまった。

先祖は凄い、お前は、聞くなアハハハ…

爺さん(母の父)やっぱり凄かったんだね、だって、今、そんなもの僕買えないし…
そんなことを思いさしてしまった。
きっと、僕の今の姿を先祖がみたら…本当にトホホだね(笑い)
その家も今や没落の象徴のような姿をさらしているだけの哀れな姿に…
でも、その家のお陰で、何も考えずに、ノンビリと、何事に対してもアハハと笑っていれば、すべてうまくいくという楽天の性格になったんだけどね…

思い出も時には、心を癒してくれるの(笑い)

子供の頃の思い出はいい思い出ばかりなんだけど、大人になっての僕の人生は、アハハハの人生で、どうしようもないんだけれど、フリーで自由に好きなことをして、ドロップアウトもせずに、なんとか生きてこられたことには感謝しなければね…
そう、せめて、思い出の中で、「ああ、良かったな」というのを思い出しながらね…
年があければ73歳、まだ足腰はしっかりしているし、行動も素早い、今のうちに、やるべきこととをやっておかなければと思いながら、友達の呼び出しを受けては、酒を交わす今年の年末…
会える時に会っておかなければと思うからつい出かけて…
酒はあんまり飲めないけれど、いいね、会っておしゃべりをする…
いいね、
「よいお年を」
そんな言葉にも、特別な感慨を覚えるようになってきた(笑い)

-discover, essei, event, memory, photo

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

コロナワクチン2回目を昨日。想像した副反応はなく、ホッというところ

二子玉川には叔父の家があって、東京に出てきて暫く、居候してたから、つい懐かしくて。
小さな商店街があって、叔母(僕はおねぇちゃんと呼んでいた)と、夕方買い物に行ったのが記憶にあって、フラっと散歩してみたのだが、風景があまりにも変わっていて見つけることができなかった。

「玉川線、駅巡り」というバスがあるみたいなので、今度、それを利用してみよう。

というのは、「世田谷区の100年」(いき出版本体価格9082円)という本に「変わり続ける風景━都市化の進展」というタイトルで僕がコラムを書いているから、一度写真を撮っておこうと思ってね…

生け花、最高のディスプレイだな、ハッと惹きつけられて、写真撮っていいですかと

花は最高のディスプレーだと思ったの。
だって、花がキレイに活けてあると、
「アラッ」と目をひくもの。
で、「ああ、錦松梅」美味しそう、「器はいらないから、中だけ買っていくか」となるものね。

スマホカメラを楽しむ、花はなぜ美しいのか…

花が美しい色や形
よい香りを出しているのは
見ている人の心を癒してくれるためではなく、
「子孫を残すため」

スマホカメラを楽しむ、セルフポートレート、Instantoxという無料アプリを使ってみた

ネットでいろいろ調べたら、マニュアルで撮れるアプリとかいろいろあることが分かった。
無料なら試してみるけれど、お金をかけるのはイヤだね…
それが仮に一か月300円でも、年間にすれば3600円…
別にどうしてもという必要がなければ、やっぱり使わないよね…
しかし、しかし、しかし…
こうして、いいなと思った無料のアプリをドンドン入れていると、それが容量を圧迫して、逆に何もできなくなってしまったりするんだけどね…

スマホで撮影白椿、夏に咲く白い椿は沙羅双樹とも呼ばれるが

花も調べてみると、いろいろあるねぇ…
白椿、凛として襟を正している、そんな花の姿がいいねぇ…
僕は猫背で姿勢が悪いから、よけいにそう感じるのかも知れない…
それにしてもスマホ楽しいね、
「おじさんこの花、キレイだねぇ、写真撮っていい」
そう声をかけるだけで、誰とでも気軽にしゃべれる(笑い)
いつもはただお金のやりとりをするだけの不愛想なおじさんなのに、
そうやって写真を撮っていると、ニコヤカな笑顔で迎えてくれるようになった。
スマホカメラ、コミュニケーションツールとしても重宝している(笑い)

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます