discover essei photo

一点の光りもの、お洒落の基本を教えてくれているような … 

投稿日:

光物は一点がいい

誰に聞いたか忘れたが、
言葉だけは今も記憶の底にある。
ファッションにしろ、
イベントにしろ
「光ものは一点にすべきだ
それ以上光らせるとダサクなる」
以来(その話を聞いてから)
ずっとそういう視点でいろんなものを見てきたが
確か━にと感じることばかりだった。

例えば何かの会に出席する。

そういう会では必ず来賓という人がいて挨拶をする
その人が短くピシっとやってくれれば、
会はすでに成功なのだが
会によっては、
肩書のある人が二人、三人と出てきて
判で押したような内容の話をする
こうなるともう、
うんざりする…

ファッションもそう

ブランド物(バックなど)
これ見よがしに2つも3っも身につけている人がいるが、
これも同じで
「ナニ」とつい思ってしまう
イヤ 別にいいんだよ感覚だから…
僕はそう思うということで書いているだけだから…
人は人…だからね…(笑い)
人がとやかくいうことではないんだけれどね、
つい思っていることが出てしまうのが
僕の最大の欠点…(お許しを)

それにしてもユニークな木だよね

どの枝を見ても同じで
5枚のうちの一枚だけが赤いの…
調べてみると
こういう木
結構あるんだ
でも、
僕の検索では、
写真の木(アップした写真の葉っぱ)には辿りつかなかった。
残念…
今回はマァ、
その赤が目を惹いたので撮ったのだが、
この写真
なんとなく
どことなく風情があって好きなの…
季節的には
秋(紅葉)にはまだまだ遠いんだけど
紅一点というのに目を惹かれて
つい撮らされてしまったの

エッ 今日は物語りはないのかって

それはなかったねぇ…
「なぜ君だけが赤いのか」
本当は訊いてみたいんだけどね
訊き方がわからないから今回は止めたの…
それにしても
同じ枝から出ている葉っぱの中の一枚だけが赤いというの不思議だよね…
そのうち分かったらまた書くよ

話し変わってだけれど

昨日はとってもとっても嬉しい手紙が来たの
達筆で 
ペンで和紙の便箋にブルーのインクで
バランスのいい文字列は心に響くね…
大学教授(故人)の奥さんなんだけどね
「写真集般若心経」
(ペーパーバック 編集まめしば書房 kindleで出版アマゾンで販売)
を送ったことに対してのお礼の手紙なんだけれど
「蓮の花が深い緑色に映え、
手に取っただけで心が落ち着いて参ります
以前から、
病床の友にと、
写真入りの本を探しておりました
大きさ内容共に届けできる一冊だと思いました…」
嬉しいねぇ…
今の時代
封書で和紙の便箋にペンとブルーのインクで書かれた手紙
いいねぇ…
大事にしたいよね
こういう文化
そう思いながらしばらく眺めていたのだった

 

-discover, essei, photo

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

インゲン豆 見た目の美しさを狙って作った 思いつき料理 結構いけた

料理
何を作ろうかと考えながら
材料を買い
そのプロセスのひとつひとつが全て楽しい
クリエイティブという感じがするよねぇ…
しかし、
包丁さばき,
難しいね
これがうまくならないと、
見た目美味しい料理にはならないんだよね…(笑い)
昨日は買ってきた卵、
割ったら温泉卵だったなんてハプニングもあったりして、
大変なドタバタ…
それでも楽しい(笑い)

玉ねぎのレンチン簡単料理に豚肉炒めを添えて一品に とっても美味しい

昨日はあまり食欲なかったので
これを肴に(アップした写真の料理)
ビールを飲んで
その後
ご飯に冷水をかけ
お茶漬けの素と梅干でお茶漬けにして食べたのだけど、
とても美味しかった…
一人はいいねぇ、
本当に気楽
溜まっていたノートも大分整理できたし…
休日は本当に楽しい
久し振りに
「忙中閑」の幸せ
嗚呼とつい…(笑い)
それもまた楽しからずや…

思いつき料理を楽しむ 今日はブリと大根を煮てみた うん 美味しかったとっても

作った料理 やっぱり誰かに食べてもらいたいよね…
昨日の試食係は元パートナー(仕事の)
仕事帰りにコンピュータを使うために立ち寄るのだが、
「美味しい」とは言ってたけどね…
これはもう一回挑戦して
「もう少しコクをださなければ」と、
自分では思っているのである

料理作り 僕の場合はままごとだけど…
「癒しの朗読 山本周五郎 詠み手アランさん」を聴きながら
お鍋がクツクツと煮てくれるのを待つ時間の楽しさ
いいねぇ、…
この時感じる幸せ感がたまらなく好きなのである…(笑い)

スマホカメラで楽しむ 今日はフジの花

誕生日 それこそまさに個人情報の最も重要なもの
それがなぜオープン…
だから「茶とあん」のママさんに
「昔 中国の王様は 誕生日は決して人には言わなかったの…」
「なぜなら、それによって戦略をたてられるから…」と
説明すると、
誕生日が分かると、
運勢の強弱が分かるから
誕生日は絶対に明かさなかったのである。
そんな話をして茶化してしまったのだが…
世間の人が思う程に僕は誕生日を重要視してないの…
まして高齢になって 
そんなもの喜べないよね…
僕はそういうことでのプレゼントのやりとりというのがめんどくさくてね
だからそういうことは一切しないことにしてきたの…
そういうと 
変わり者扱いされるが、
あれ 実際 アニバーサリーって、何か意味があるのかねぇ…
その考えは今もまったく変わっていないのである

ダリア 「日和」というのだそう。エネルギッシュだねぇこの花、まるで太陽…

有名な「小春日和」は季節はいつ
「小春日和の 穏やかな日は…」
と歌われた、小春日和とはいつのこと
調べてみると、
「小春は陰暦10月の別称で、小六月(ころくがつ)ともいう。太陽暦で11月から12月上旬」(日本大百科全書(ニッポニカ)

まるで春のように暖かい晩秋の一日のこと。
面白いね、言葉、意味さえ間違わなければ、どういう使い方をしてもいいんだよね、JISマーク(既製品)の言葉を使うよりも、意味をうまくとらえて、別の角度から切り込んでくる言葉の方が、余程か面白い、僕にはそのように思える。
だって、すでにもう言い古された手垢まみれの言葉を幾ら羅列しても、なんの感情も感じないものね、
それよりも、自分で言葉を作り出して「こんな感じ」と表現した方が余程かたのしい…

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます